• muevo
  • muevo voice
ベースのレコーディングは、使用済みの弦を使おう!

ベースのレコーディングは、使用済みの弦を使おう!

ベースでレコーディングする時、弦は新品がいいか、使ったものがいいか迷った事はありませんか?

ベースでレコーディングする時、弦は新品がいいか、使ったものがいいか迷った事はありませんか?

どんな弦を使うかはその人によるので、ぶっちゃけ何でもいいです!(笑)


ですが、レコーディングに使う弦は新品よりも使用済みの方がベターだと思います。



というのも、 新品の弦は良くも悪くもハイが出ています。


レコーディングにおいては、このハイが邪魔になる場合があるからです。



 



【エフェクト処理できない音の成分がある】



ロックのライブでは、高音のハイの成分がベースの音抜けを良くしています。音抜けに必要な成分なので、ライブ毎に変える人もいる程です。



レコーディングに関してはそうとは言えません。



レコーディングで録音した音は基になります。この音を基にしてEQでエフェクトをかけていくのですが、基本的には音の成分は変えられません。


ここで『耳に付く嫌なハイ』は邪魔な音になります。いくらEQでいじっても消せないので、レコーディングの時は気をつけなければいけません。



音としては、爪が伸びている時に指弾きすると「カチッ」となったり、強く弾くとカチカチ音が鳴りますよね?それが邪魔なハイの音です。



ベースはバンドサウンドの中心になる音ですし、ミックスではド真ん中にある事が多いので、その音に耳に付く音が入っていたらずっと気になってしまいます。



基本的にベースは「ドゥン」という音がミックスでなじむと思うので、その音で演奏できるようにしましょう。



 



【程よくなじんだ弦を選ぼう】



では、どのくらい使用した弦がよいのでしょうか?



それは、『まだハイの成分が残っている』くらいが良いかと思います。



レコーディングした基本の音は変えられないので、抜けに関わってくるハイの成分は必要です。


新品過ぎがゆえのハイの成分が邪魔になる場合があるので、ハイ落ちしてきたくらいの弦がレコーディングには丁度いいんです。



ハイがまったくなくなった弦の音でも、EQでハイを持ち上げればそれなりに聴こえるように出来ますが、その逆はできません。



デジタルが発達した今のレコーディング、ミックス事情ですが、オーディオで録音した音をいじるのは限界があります。


録音した音をそのまま使えるくらい、しっかりした音で録音できるようになれば一番いいですね!



 



【どこのメーカーがいいの?】



では、レコーディングに適した弦のメーカーはどこでしょう?



 



それは…特にありません!(笑)


どこの弦も特色があるので、普段使っている弦で大丈夫です。



人によってはライブとレコーディングを分ける人もいますが、それはあまりにも贅沢な話かと…(笑)



 



それよりもD.I.ボックスにこだわった方が良いでしょう!!



 



【音の入り口になる、DIボックス】





DIボックスとはダイレクトボックスの事です。



その名の通り、ベースから出た音をレコーディング機材に入れる(DAWなど)直接の部分です。


ダイレクトボックスがあまり良くない物だと、音痩せしたり、音質レベルが落ちたりします。



僕がメジャーデビューした時に録った曲は、20万円するダイレクトボックスを使いました。



このダイレクトボックスの特色は、「とにかく出音をそのまま送る」です。


あとから編集するために極力クリーンな音がほしかったのでこのダイレクトボックスを使いました。なので、歪みも後がけですね。



ギターの場合は録り音で既に歪ませてレコーディングしますが、ベースはクリーンで録音しておくのがいいみたいです。


クリーンで録った後、あとで歪みを足していく、という事ですね。



アヴァロンU5など、今はライブでもレコーディングでも使えるDIがあります。これはベーシストが好きな音の太さにしてくれるし、値段的にもそんなに高くないので使えるなぁと思います。



 



 



【最後に】



音の入り口となるベース本体、弦、DIをこだわるとレコーディングが奥深い世界になりますし、楽しいと思います。



レコーディングに使う弦は、使用した弦で大丈夫です。



 



録った後の音は『どこまで編集で変えられるか』がわかってくると、使う弦の幅が広がるかもしれません。



 

カテゴリ一覧