• muevo
  • muevo voice
サンボマスターの楽曲にマキシマムザホルモンが参加していた!

サンボマスターの楽曲にマキシマムザホルモンが参加していた!

サンボマスターときいて、今や知らない日本人を探す方が難しくなったのでは!?

そんな彼らも、2000年では若手ほやほやスリービースバンドだったわけです。

サンボマスターのファーストアルバムは2003年にリリースした『新しき日本語ロックの道と光』を今だからこそ手にとっていただきたい!!

 


開いてまず飛び込んでくるのは、戦友、ガガガSP コザック前田の熱すぎるこのメッセージ。


『サンボマスターは素晴らしいっすよ!


ライブ見てたら山口先生のギターがだんだん

ボ・ディトリー仕様の四角いギターに見えてしまう_程良いね。

えっ? なんでそんなに好きかって!?

だってサンボは茶番なのわかってて茶番に腹をくくってるから良いんすよ!!

エモとかギターポップなんかやってる奴みんな死んだらエエのにな。

サンボはサンボなんすよ!!

青春とか性春とかそんなんどーでもええから

みなさんサンボみたいに純粋に音楽やりましょ……。

おのずと答えが出る事を願って……。


P.S. サンボが有名になったら

「ざまあみろ!」

人にそう言ってやるもんね!! 』



【サンボマスター/そのぬくもりに用がある】
 



昨日まで素人だった三人が、思い切って踏み入れた業界への決意と、音楽への熱い情熱を代弁したこのライナーノーツというような音楽社会へのロックな一ページは、時を経てもなお胸を熱くしてくれます。

さらに、このアルバムにはガガガSP山本聡、共同アルバムをリリースしたオナニーマシーンのイノマー、LOST IN TIME海北大輔だけでなく、今やフェスやライブでひっぱりダコの超人気バンド、マキシマムザホルモンのダイスケはん&ナヲがアルバムでコーラス参加しているのです。

 


マキシマムザホルモンといえば、今年アメリカ公演も盛大に果たすほどのモンスターバンド。

彼らもまた、2000年には結成2年目のフレッシャーズバンド。マキシマムザ亮君が加入したてで、本人らもこの時期を『同名の別バンド』というほど現在とは異なったサウンドであり、セールス面においても、ミニアルバムを出すのがやっとでしたね。
 


サンボマスターの生々しい野心に触れる事ができ、

また、それに賛同する同志達が、今や若手の目指すアローズとなって日本の音楽シーンをリードしている現在があり…。


アーティストの今を楽しむのもやめられないけれど、

こうして大好きなバンド達を紐解くことで、今彼らのサウンドを味わえることに感謝する時間もまた、

一人のリスナーとしての楽しみ方ではないかと思う今日この頃でした。


(AMaster)


【おすすめ記事】



音楽専門クラウドファンディング&交流サイト muevo 


カテゴリ一覧