• muevo
  • muevo voice
禁断の多数決メンバー・ほうのきかずなり初個展「キスミー、キスミー、キスミー」大阪にて開催

禁断の多数決メンバー・ほうのきかずなり初個展「キスミー、キスミー、キスミー」大阪にて開催


日時:2016年3月19日(土)〜3月27日(日)


各日14時〜20時(火水は定休日)



会場:大阪中津・シカクにて


個展特設HP:http://uguilab.com/exhibition/201603/ 

会場HP:http://uguilab.com/shikaku/


■個展概要

音楽ユニット「禁断の多数決」のメンバーであり、映像作家としても活動する「ほうのきかずなり」の自身初となる個展です。



「禁断の多数決」は、ダンスミュージックをポップサウンドに昇華したその楽曲の魅力ともに、謎に包まれたビジュアルイメージが重要な要素を担っています。



ほうのきは『透明感』や『冬の夜』『CRAZY』をはじめとした人気楽曲のMV


を監督し、


抽象的で刹那的な風景映像と美少女の映像をカットアップした独特の手法で「禁断の多数決」のミステリアスなイメージ面を支えています。


本展は、ほうのきが2015年11月にリリースした長編映像作品『Kiss


me, Kiss me, Kiss me』のダイジェスト版上映を中心に、


コラージュ作品の展示や特別トークイベントを通じ、作家の持つ世界観の核に迫る貴重な試みとなります。


 


■長編映像作品

『Kiss me, Kiss me, Kiss me』とは?

「禁断の多数決」の作詞・作曲を手がけ、自らPVを監督するほうのきかずなりが初めて挑んだ長編イメージ映像。


男女のキスシーンを延々写し続けたアンディ・ウォーホルの実験作『Kiss』にインスピレーションを受けて制作され、


「キス」をテーマに美少女同士がエロティックに絡み合う、幻想的な作品になっています。


印象的な情景の中で繰り広げられる官能的な各シーンが混ざり合い、時に連関を失いながら、見るものに非日常的な感覚を喚起します。

 出演キャストはモデルや女優として活躍する、北見えり、みほの、湊莉久、水野しず、御茶海マミという豪華な布陣。


作中音楽の多くを「禁断の多数決」が手がけ、本作には主題歌「Kiss


feat.あの


(ゆるめるモ!)」のロングバージョンMVも収録されています。


また、会場で販売されるKiss me, Kiss me, Kiss


me(特別盤)』には


「禁断の多数決」によるオリジナルサウンドトラックと川しまゆうこによる撮下ろしフォトブックが付属し、


作品の世界をより深く楽しむことができます。 

 【「kiss me, kiss me, kissme」予告編】
 


【本展限定特典】


会場で販売される『Kiss me, Kiss me, Kiss


me(特別盤)』を購入してくださった方には、


本展限定のほうのきかずなり作によるMIX


CDRをプレゼントいたします。 


■トークイベント ほうのきかずなりインタビュー鼎談

【日時】2016年3月20日(日) 18時〜



【出演】ほうのきかずなり、巴大樹(シカク代表)、スズキナオ(ライター、トラックメイカー)



【入場料】500円



【会場】シカク2階(定員10名)



『Kiss me, Kiss me, Kiss


me』の監督をつとめたほうのきかずなり氏をゲストに、


制作の舞台裏についてや、謎に包まれた「禁断の多数決」の素顔やアイデアの源泉などについてお話を伺います。




■ほうのきかずなり

プロフィール〜

謎多き集団、禁断の多数決のメンバー。作詞、作


曲、映像制作、コラージュ、ダンスの振り付けなど


を行う。


富山出身、横浜在住。大阪が好き。


禁断の多数決としてアルバムを何枚もリリース。ライヴは渋谷WWWでのワンマン公演の一度しか行われていない。


2015年11月に初めての映像作品『Kiss me, Kiss me, Kiss


me』を発表。


実験的な映像の中にポップな表現を絡ませたユニークな作品で、


フランスの新聞等でも取り上げられる。


 ■会場情報 
自費出版物の専門店兼ギャラリー「シカク」


大阪市北区中津3-17-12(中津商店街内)


http://uguilab.com/shikaku/



全国有数、関西では唯一の自費出版発行物の専門店です。


本とCDを中心に、一般書店に並ばないアイテムを独自のラインナップで扱うほか、


月替わりで展示や催しの企画なども行っています。

カテゴリ一覧