• muevo
  • muevo voice
Sally&Tomoya (Heavenstamp)@渋谷HOME アコースティックライヴの全容、それまるで誰かの人生そのものだった

Sally&Tomoya (Heavenstamp)@渋谷HOME アコースティックライヴの全容、それまるで誰かの人生そのものだった

 

 (カメラマン rina kihara)



3月26日(土)に行われた、tokyo pinsalocks presents「Petit Spoon」に出演したSally&Tomoya 。


アコースティック編成であったが、Heavenstamp2016年最初のライブが最高の幕開けだったことをここに書き記したい。

 会場は渋谷HOME 。tokyo pinsalock企画というだけあり、ゆるふわでおフェロな雰囲気漂う会場に屹立したSallyとTomoyaは異彩を放っていた。

彼らがステージ上から観客を見おろすと、フロアーは固唾をのんで一挙手一投足を見守った。Sallyの視線が会場を一刀両断する。


祈りがはじまる。 

 「Dr.」と「どうか」という歌詞が呪文のようにリフレインする一曲目、『 Dr.Moonlight 』。


月のあかりを模すような照明だけが煌々と点り、あとは暗闇に影を落すステージ上から我々は洗礼を受ける。

すでにHeavenstampのファンであるものにとっては何度目かの祝福であっただろう。会場に居合わせた老若男女すべてが、Heavenstampの世界へ招き入れられた瞬間だった。



厳かなる式に続くのは喜びの祭儀だ。『 Carnival 』では観客の手拍子を煽り、一気にボルテージを上げる。まさに彼らの本領発揮といったところか、会場に張り付いていた緊張感はSallyの前下がりの髪が揺れるたび打ち砕かれて蒸発していった。


 


全体が熱を帯びたところで、HALCALI カバー曲『 今日の私はキゲンがいい 』を披露。企画コンセプトに沿った気の利いた選曲で、その他出演者を目当てに訪れたリスナーをもてなす流石の演出である。



続く『 夜空に星のあるように 』、そして確かめるように、噛みしめるように歌いあげることで告解の様相を呈する『 Waterfall 』に、我々は再び息をのむことになる。

Heavenstampのライヴにはチャンネルを変えるのではなく、移ろいゆく季節と共に時を経て行くような場面の変化が見られる。誰かを主人公としたときに、その人生における時系列の軸がはっきりと存在しているのだ。

そのことは、青白いステージが橙色に染まり『 Stand by you 』のイントロが演奏された時点で確信した。ラテンのリズムにまたしても熱情を絡めとられる場内、Sallyの真っ赤な口唇が微笑むたびに胸を焦がしたのは私だけではないだろう。


 


そして迎えるフィナーレは最新曲『 Around the World 』に飾られた。

目の覚めるような緑色に塗られたステージ上で鼓動のような咆哮を続けるSally。

傷つき、月に癒され、愛を知って成長した主人公のたどり着いた先がこの人間賛歌である。

万物に対する切実で実直な感謝が形となり、慈雨として会場中に降り注がれると、どこからともなく口ずさむ声が湧きあがる。


最後は全員の合唱によって人生の一幕を閉じたのだった。



 



 

【 セットリスト 


 

01. Dr.Moonlight 

02. Carnival 

03. 今日の私はキゲンがいい(HALCALI カバー)

04. 夜空に星のあるように 

05. Waterfall


06. Stand by you 

07. Around the World



 


 



Heavenstamp オフィシャルウェブサイト

カテゴリ一覧