• muevo
  • muevo voice
多彩なコーラスワークとエネルギッシュな歌で聴かせるバンド、THE STEPHANIES

多彩なコーラスワークとエネルギッシュな歌で聴かせるバンド、THE STEPHANIES

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は全国デビューを控えたガールズ・バンド、THE STEPHANIESの登場です。



「思わず踊りだしてしまうようなハッピーな歌を歌いたい」というメンバーから成るガールズ・スリーピース・ロックバンド、THE STEPHANIES(ステファニーズ)。コアな音楽を好む大人から、生まれて初めてバンドを見たというほど小さな子供まで、彼女たちを支持する年齢層は幅広い。1950~60年代のオールディーズ・テイストを取り入れた音を鳴らす彼女たちが好んで聴くのは、彼女たちがまだ生まれる前から日本中を夢中にさせていた、アメリカンポップスやUKロックだ。まなみ(Ba, Vo)と、みっち~(Dr, Vo)の多彩なコーラスワークに絡む、しろ(Vo, Gt)のソウルフルな歌も、そういったコーラス・グループからの影響が色濃く反映されている。


そんな彼女たちが、ファースト・フルアルバム『Baby, I LOVE YOU』を9月21日にリリースする。




 

2015年5月に発売された前作『BIRTHDAY』の表題曲「BIRTHDAY」は、張りのあるドラムとキレのあるベースから生み出されるノリノリのリズムと、ホーンのフレーズが効いている。軽快な曲調にのったしろの高らかな歌声には、“生まれてきたことへの喜び”と“生きることへの絶対的な肯定”が感じられる。オールディーズ・テイストのメロディに、愛のこもった日本語詞が気持よく乗った名曲だ。


 



3人のハンドクラップから始まるのは、同作のスペシャル・トラックとして収録された「Alright only tonight」。 3人の声が揃うコーラスと跳ねるリズムが楽しい。全編英語で歌われるこの曲は、洋楽ファンにも是非聴いてほしい1曲である。




 

前述のように、2016年9月21日にはアルバム『Baby, I LOVE YOU』を全国リリースするステファニーズ。10月15日に下北沢club Queで開催される『STEPHANIES PARTY vol.10』をはじめ、各地でのレコ発イベント・ライヴも発表されている。目の前の観客たちを楽しませることを一番に考える3人は、ここからどのような活動を展開していくのだろう。今後が楽しみなバンドである。


文・小島沙耶



THE STEPHANIES(ステファニーズ)

2012年4月結成。東京を拠点に活動中。現在のメンバーは、しろ(Vo, Gt)、まなみ(Ba, Vo)、みっち~(Dr, Vo)。2013年12月、1stシングル「水玉diver。」を発売。2015年5月、1stアルバム「BIRTHDAY」をリリースする。同年12月25日には初のワンマンライブ「STEPHANIES PARTY vol.7」を新宿JAMで開催。9月21日にアルバム『Baby, I LOVE YOU』で全国デビューを飾る。


THE STEPHANIES(ステファニーズ) 公式ホームページ

http://the-stephanies.jimdo.com/

カテゴリ一覧