• muevo
  • muevo voice
アレがあるからイマうたう:連載3日目「ポケットモンスター」

アレがあるからイマうたう:連載3日目「ポケットモンスター」

『それでも弾こうテレキャスター』『COME TOGETHER』の配信リリースを記念して、QOOLANDの平井拓郎による期間限定の日替わりコラムがスタート。第3回目は「ポケットモンスター」です。


通称「ポケモン」ことポケットモンスター。発売された1996年から20年もの年月が経ったにもかかわらず、その人気はいっこうに衰えない。さまざまなメディアミックスがなされ、続編もたくさん出ているゲーム界の金字塔だ。


どんな金字塔にも始まりはある。ポケモンほどのビッグタイトルも同様だ。僕は8歳の時、その始まりの渦の中にいた。この「ポケモン」というゲーム、どういうゲームかご存知だろうか。


『ポケットモンスター』シリーズは、「ポケットモンスター(以下「ポケモン」)」という不思議な生き物が生息する世界において、ポケモンを自らのパートナーとし、「ポケモン同士のバトル」を行う「ポケモントレーナー」たちの冒険を描くロールプレイングゲーム(RPG)である
※Wikipediaより

そして、このゲーム本来の目的は「収集」にあった。「151匹ものポケモンをすべて集め、ポケモン図鑑を完成させること」これがこのゲームの設定したゴールだった。そして、自分一人では決して151匹すべてを集めることができないのが、このゲームのキモだった。

赤と緑。任天堂は対となるバージョンを同時に発売した。ストーリーはほぼ同じなのだが、出現するポケモンが微妙に違うのだ。つまり赤にしか、緑にしかいないポケモンがいる。友達と通信ケーブルでポケモンを交換をしないと図鑑は完成しないというしくみだ。

しかし僕はこのゲーム本来の目的である「収集」の外にいた。「集める」以外の遊び方にハマりまくっていた。まったくポケモンを集めずに、好きなポケモンを育てることや、広大なゲームフィールドをかけずり回ることに楽しみを見いだしていた。延々とやっていた。一日5時間ぐらいやっていた。やりすぎでよく怒られた。

さて今年、2016年夏に久しぶりの社会現象クラスのポケモンブームがやってきた。海外発信の「Pokémon GO」は国内に上陸したとたんに猛威を振るった。そしてこのブームは、僕が一つのことを考えるきっかけとなった。

それは「20年前、何故僕はゲーム本来の目的と違う遊び方を選んだのだろう」ということだった。ポケットモンスターは前述の通り、ロールプレイングゲームと呼ばれるゲームだ。ジャンルで言えばドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどが同じものにあたる。

上記のビッグタイトルと同様に、ゲームを進めていく高揚感や、謎解きの面白さはポケモンもしっかりと兼ね備えていた。しかし、ポケモンには他のゲームには無い特色があった。それは何だろうとずっと思っていた。心では感じていたのだが、適切な言葉が見つからなかった。

そしてこの文章を書き、思考が整理されることで、ようやく自分を納得させる言葉が見つかった。それは「ほんの少しの、ちょうどいい分量のノスタルジー」だ。冒険RPGなのでベースは勇敢なゲームなのだが、そこに含まれるわずかなさびしさや懐かしさ。8歳の僕はそのほんのりしたノスタルジーが大好きだったんだと思う。

一人で旅立つ少年の孤独に自分を投影し、いなかの夏休みの昆虫採集を思わせる少し不思議で、ちょっとした冒険みたいな心細さ。この独特の感傷と高揚が絶妙に配合された世界観に、僕の心はおもいきりシンクロした。グラフィックの鮮明さや、壮大なBGMなんかでは出せないさびしげなリアリティがそこにあった。

大人になった今、ようやくポケモンの魅力はそこだったんじゃないかと言葉にできた。少なくとも僕はそれを強く感じるために、ポケモン図鑑の完成よりも、ああいう遊び方を選んだ。あのずっとそこにいたくなるような、でもいつか失くなることが肌でわかっているような、そんな時の流れそのものが愛おしくなる気持ち。それがじんわりと優しく溶けていって、気付かないぐらいのほんの少しのさびしさを加えた冒険心。それらを感じると心地よかった。僕はそんな感覚が大好きだった。

子どものときはこんなふうに整頓したり、言葉にしたりはできなかったけど。

ゲームを彩る質素な音楽や、白黒の画面。広げすぎない世界観。あらゆる演出が最小限だった。最小限で完璧だった。すべてはあの感覚を演出するためのものだったように思える。

部屋の隅にいてもゲームボーイのスイッチを入れるだけで、感覚の中を泳ぐことができた。いや、部屋の隅でやるからこそ、より鮮明に感覚の海の中に潜れた。それを存分に味わうために、「友達とポケモンを交換する」するという遊び方を選ばなかった。僕はポケモンが大好きだったのだけど、深く考えればポケモンそのものではなく、ポケモンの世界観に触れることで、味わえるあの感覚に価値を見いだしていた。

僕は音楽をつくる人になったけど、作るものには「勇敢でユニークだけど、少しさびしい」という要素が入っていることが多い。それが誰かに感動を与えることを、喜んでくれることをポケモンは教えてくれた。



文・平井拓郎(QOOLAND)



QOOLAND

平井 拓郎(Vo, Gt)

川﨑 純(Gt)

菅 ひであき(Ba, Cho, Shout)
タカギ皓平 (Dr)

2011年10月14日結成。無料ダウンロード音源「Download」を配信。2013年5月8日、1stフルアルバム『それでも弾こうテレキャスター』をリリースする。同年夏、ロッキング・オン主催オーディション RO69JACKにてグランプリを獲得。ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013に出演した。その後もROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014、COUNTDOWN JAPAN 14/15等の大型ロックフェスに続けて出演。2015年夏、クラウドファウンディングで「ファン参加型アルバム制作プロジェクト」を決行。200万円を超える支援額を達成し、フルアルバムの制作に取りかかった。2015年12月9日、2ndフルアルバム『COME TOGETHER』発表。2016年8月6日、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016に出演。 HILLSIDE STAGEのトリを務めた。

QOOLAND オフィシャルホームページ

http://qooland.com/


公式ブログ

http://lineblog.me/qooland/


平井拓郎 公式ツイッター

https://twitter.com/takuro_qld

連載記事

アレがあるからイマうたう:連載1日目「サマーソニック」
アレがあるからイマうたう:連載2日目「あしたのジョー」
アレがあるからイマうたう:連載3日目「ポケットモンスター」
アレがあるからイマうたう:連載4日目「自分の小さな『箱』から脱出する方法」
アレがあるからイマうたう:連載5日目「イチロー」
アレがあるからイマうたう:連載6日目「ドラえもん」
アレがあるからイマうたう:連載7日目「カノン進行」
アレがあるからイマうたう:連載8日目「走る」
アレがあるからイマうたう:連載9日目「ホーリーランド」
アレがあるからイマうたう:連載10日目「大阪十三」
アレがあるからイマうたう:連載11日目「カプセルホテル 」
アレがあるからイマうたう:連載12日目「下北沢」
アレがあるからイマうたう:連載13日目「スティーブ・ジョブズ」
アレがあるからイマうたう:連載14日目「デスノート」
アレがあるからイマうたう:連載15日目「ビートルズ」
アレがあるからイマうたう:連載16日目「テレキャスター」
アレがあるからイマうたう:連載17日目「レコーディング」
アレがあるからイマうたう:連載18日目「人間失格」
アレがあるからイマうたう:連載19日目「こち亀」
アレがあるからイマうたう:連載20日目「土方歳三」
アレがあるからイマうたう:連載21日目「風が吹けば桶屋が儲かる」
アレがあるからイマうたう:連載22日目「中学時代」
アレがあるからイマうたう:連載23日目「携帯電話」
アレがあるからイマうたう:連載24日目「書くということ、読むということ」
アレがあるからイマうたう:連載25日目「夜行バス」
アレがあるからイマうたう:連載26日目「淀川」
アレがあるからイマうたう:連載27日目「『断つ』ということ」
アレがあるからイマうたう:連載28日目「クラウドファンディング」
アレがあるからイマうたう:連載29日目「屋久島」
アレがあるからイマうたう:連載30日目「メンター」
アレがあるからイマうたう:連載31日目「5年間」

カテゴリ一覧