• muevo
  • muevo voice
mock heroic —— 平成生まれの若者が鳴らす無垢なる90’sリヴァイバル

mock heroic —— 平成生まれの若者が鳴らす無垢なる90’sリヴァイバル

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は10月に初のミニアルバムをリリースする4人組ロックバンド、mock heroicの登場です。



千葉県本八幡結成の4人組ロックバンドmock heroic(モック・ヘロイック)の最大の武器は、えんま(Vo)のスケールを感じさせる歌唱だ。それを支える90年代の洋楽シーン(プリットポップ、USオルタナ、グランジetc…)&邦楽ロックシーンのエッセンスを見事にブレンドさせたサウンドは無垢なる90年代リヴァイバル感を感じさせてくれる。本記事では、そんな彼らのデビューミニアルバム『ラブレター』を中心に紐解いていこうと思う。




まずは、アルバムのリード・トラック「恋をする」。曲の冒頭から、えんま(Vo)の力強く真っすぐなメッセージとともに弾けんばかりの熱量を帯びたバンドサウンドが響く。 それと同時にMVではTVCMや映画出演などで、次世代の女優として注目されている芋生悠氏が演じる吹奏楽部の女子生徒が屋上から野球部の練習を眺めるシーンから始まる。 青春のど真ん中を感じさせてくれるデビューアルバムのリード・トラックにふさわしい真っすぐな楽曲である。


続いて、2曲目の「day by day」。太く歪んだギターリフから始まり、ショートディレイのかかったボーカルがまさに90年代を感じさせてくれる。1分56秒と短い楽曲の中に彼らの良さが凝縮されている。

3曲目は、えんま(Vo)が敬愛している奥田民生氏の楽曲タイトルが登場するエモーショナルなロックナンバー「ロックンロール」。幻想的で映画の様な世界観を見せてくれる「Carl Flavor Sideback」、軽快なテンポの中にもどこか哀愁漂うメロディが特徴的な「Please fall in LOVE」と続く。 

そして、アルバムの最後を飾るのが、現代を生きる若者の不安や葛藤を吐き出した「TOKIO」。〈東京の街の明かりで夜が昼に見えて 歌ってた僕はなんだか悲しくなってしまった〉、〈手にしたものは偽物ばかりさ〉など、包み隠せない不安感や葛藤を代弁してくれているように感じることができる。 


アルバムを通して、様々な表情を見せてくれるバンドサウンドがデビュー・アルバムとは思えない仕上がりになっている。彼らが素直に紡いでくれたメロディーと嘘偽りの無い言葉が世に響き渡ることを信じて原稿を締めくくりたいと思う。 


【mock heroicプロフィール】

千葉県本八幡結成の4人組ロックバンド「mock heroic」(モック・ヘロイック)。インディーズ・シーンで認知度を広げてきた彼らが10月に自身初となるミニアルバムをリリース!エモーショナル且つ人懐っこい楽曲で、聴いた人の心に響く歌を奏でるロックバンド。


【イベント情報】

10/13(金)TOWER RECORDS津田沼店にて

『ラブレター』発売記念インストアミニライブ+サイン会+特典引換会     


10/29(日)新宿SAMURAI

MajiでKoiする3MAN SHOW!!!   出演:w/ マカロニえんぴつ、しなまゆ


MajiでKoiする恋文ツアー

11/12(日)千葉 柏Thumb Up

11/14(火)大阪 天王寺Fireloop

11/15(水)京都 live house nano

11/16(木)名古屋 新栄SIX-DOG


【HP】http://mock-heroic.com/

カテゴリ一覧