• muevo
  • muevo voice
Organic Call ━━ リアルな日常の葛藤や不安の中で、ひたむきに夢を叶えようと奮い立たせる、一筋の光のようなロック。

Organic Call ━━ リアルな日常の葛藤や不安の中で、ひたむきに夢を叶えようと奮い立たせる、一筋の光のようなロック。

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は渋谷・下北沢を拠点に活動しているロックバンド、Organic Callの登場です。


渋谷・下北沢を拠点に活動しているロックバンド“Organic Call”。

メンバーは、平田真也(vo/gt)、TOMOKI(gt)、植木貴士(ba)、橘川(きっつー)(dr/cho)の4人。

意外にも結成は2016年12月と、まだ1年と数ヶ月しか経っていないことに驚くが、その短い期間にもバンドの基本であるライヴをとにかく数多くこなしてきた彼ら。

昨年12月には、初期から活動を共にしてきたbaの植木がサポートから正式メンバーとして加入したことにより、さらにアグレッシブな展開を見せてくれるであろう今後に注目したい。 近年少なくなった、低音の利く男らしいヴォーカルが魅力的なバンドである。



●「朝焼けに染まった街へ」 




バンド始動1周年記念となる2月3日、1年前と同じ下北沢のライヴハウスでリリースイベントを開催し、2枚目となるシングル「黎明を待つ旅人」をこの会場から発売開始した。収録された2曲のうち、1曲目がこの「朝焼けに染まった街へ」だが、実はこの後紹介する「さよならユートピア」とともに、ロッキング・オンが主催するバンド・オーディション『RO JACK』にて、1月の入賞アーティストとしてすでに、難関を潜り抜けわずか6組の中に選出され話題になっていたのだ。 そういったこともあり、本来自主制作の音源というのは、流通という仕入れの販売経路に乗せないと、なかなか大手CDショップに陳列するということが難しいこともあったりするのだが、4月4日より、その流通無しのタワーレコード新宿店限定でインディーズコーナーにピックアップして紹介してもらえるということに! これは、いかに期待されたバンドかということの表れに他ならないだろう。 

歌詞の中では、昨日も明日も景色もあなたも、変わって流れて灰になって、ひたすら書き殴って掻き鳴らして光を探して…来る日も来る日も混沌とした先の見えない、ほんの少しだけ心に残った希望。そんな辛そうな心情が全面に感じられるものの、曲自体は全体的に爽快感があり、朝の澄んだ空気のようにクリーンなギターの音色が印象的で、MVでまだ暗く濃い朝焼けの空がだんだんと白んでいく様は、言葉にはあまり綴らなかった、本当はもっと託したいと願っている“おっきな希望”が表現されているようでならない。 

ちなみに、「黎明を待つ旅人」という曲は存在せず、これはアルバムタイトルのような意味合いになるのだが、“黎明=夜が明けて朝になろうとする頃。新しい事柄が始まろうとすること。また、その時。” 

やっぱり、待ってるんだな、その時を。人生の旅人は。



●「さよならユートピア」




昨年7月に、初のシングルとしてリリースした「方舟の案内人」収録の「さよならユートピア」。 

このレコ発イベントを皮切りに、初めてのツアー(全国17公演)を敢行した彼らだが、結成からわずか7ヶ月、初ライヴからは5ヶ月の時点(ということは、楽曲制作をしたのはもっと前になる)での、不安や葛藤、希望や決意というものが、まるでその日々の時間の流れのように疾走するメロディ&リズムに、切々と刻み込まれているナンバーだ。 

「朝焼けに~」もそうだったのだが、MVに登場する主人公の悩みながらも前を向いて進むリアルな日常の光景や、目指している職業やアルバイトの職種がいわゆるOLではないというところを見ると、やはり自分たちの“音楽でやっていくぞ”という気持ちであったり、すぐ周りにいるような人たちを意識か無意識か、なぞらえている部分はあるのかもしれない。そういった自分たち自身や、身近な人たち、そしてOrganic Callの音楽を聴いてくれる人たちへの、応援ソングなのではないだろうか。

 空想の中の理想郷にさよならして、僕の足がキミの足が止まらないように、誰か見てて、この声が届いたならキミが辿り着くのを僕が待っているよ。 そんなふうに、共に歩きながら語りかけてくれる、心が強くなれる一曲だ。


【ライブ情報】

2018.4.21 (Sat) 2nd Single TOUR FINAL@渋谷CLUB CRAWL 

TIME:開場 / 18:00 開演 / 18:30 

TICKET:前売 ¥ 2,200 / 当日 ¥ 2,700

ACT:ANABANTFULLS / indischord / Radicalism / NOWEATHER


2018.5.17 (Thu) 会場:渋谷CLUB CRAWL

PCI×CLUB CRAWL pre.「クロールは見た vol.1」

TIME 開場 / 18:00 開演 / 18:30

TICKET 前売 ¥ 2,000 / 当日 ¥ 2,500

ACT:CHERRY NADE 169 / Plot Scraps / the shes gone / HollowBug / TENDER TEMPER


2018.5.18 (Fri)

つきのみっかい vol.3@大塚Deepa

TIME:開場 / 17:30 開演 / 18:10

TICKET:前売 ¥ 2,300 / 当日 ¥ 2,500

ACT:ラヴミーズ / KOZUMI / ニアフレンズ(大阪) / atelier room(広島) / 

出展:moon noom(アクセサリー販売あり) / フード:きっつー食堂


【Twitter】https://twitter.com/organiccall

【HP】http://organiccall.com


カテゴリ一覧