• muevo
  • muevo voice
asayake no atoライブレポート:盟友との一夜

asayake no atoライブレポート:盟友との一夜

muevo編集部が注目する音楽トピック・音楽インフォメーションをお届けする「muevo news」。8月24日、京都・二条GROWLYで開催されたasayake no atoの「“Climbers aim high” tour」の模様をレポートします。


8月24日、京都・二条GROWLYにてasayake no atoの「“Climbers aim high” tour」が開催された。この日のゲストはcinema staff。


オープンからスタートの時間を使い、神社宏行(Vo, Gt) が一人で弾き語りを行う。「花たち/旅」では、神社の気持ち良いくらい伸びやかな高音が会場を震わす。次に演奏されたのは新曲。“失うことは怖くて美しい/受け入れることは難しい”という歌詞とともに、息を吸って吐くように鋭い熱が飛んでくる。

「せっかくなのでシネマのコピーを」と言って3曲目にプレイされたのは、cinema staffの「into the green」。その後、cinema staffの飯田瑞規(Vo, Gt)も口にしていたが、カバーというよりは完全なコピーといえるその演奏に、asayake no ato神社のcinema staffへの長年の尊敬の念を感じた。

最初に登場したのは、cinema staff。「borka」から始まり4曲続けて、ロックンロールの熱い光が飛び散るようなステージで、観客を魅せる。「こんばんは。京都GROWLYに初めて来ました。asayake no atoの熱烈なラブコールを受けて、ここにいます。呼んでくださってありがとうございます!」と飯田が感謝を述べる。


“過去の苦しみもどんな後悔も、新しい日々が受け入れてくれる! だから今だ、感情のままにその想いを解き放てよ”(「切り札」)という歌詞のまま、オーディエンスが彼らの音楽に感情を解き放ち、会場の空気がぐっと上昇していく。asayake no ato佐々山裕(Gt)のリクエストで演奏された「バイタルサイン」では、ライブハウスに雨雲を切り裂くような光が差し込んだ。そして、「great escape」では激烈ロックを轟かせる彼らの爆発力が惜しみなく発揮される。

「これから伸びていくような芽を潰すのも俺らの役割だと思ってる。俺らのほうがカッコいいからね!」とベースの三島想平が語る。この言葉が端的に示しているように、先輩が胸を貸すといった変な優越感や遠慮は一切なかった。先輩だ後輩だなんて隔たりを消し、asayake no atoを同じフィールドに立つアーティストとして、バチバチに闘いを挑む姿はカッコ良かった。そんなMCの後に披露されたのは「希望の残骸」。続けて、三島のシャウトが印象的な「優しくしないで」では、まさに「俺たちカッコいいだろ!」というような気持ちが体現されていた。


cinema staff


三島の「いけるか!」という煽りとともに「西南西の虹」をラストに披露。最後はギターの辻友貴がフロアに飛び込むほど、まるで鉄砲が飛んでくるような熱いライブに、観客はただただ陶酔しているように見えた。それが圧倒的なフロアの熱量と歓喜を生んでいた。最高のステージだった。


2016.8.24(WED) at 

asayake no ato “Climbers aim high” tour

cinema staff SET LIST 
1.borka
2.theme of us
3.crysis maniac
4.第12感
5.切り札
6.いたちごっこ
7.バイタルサイン
8.青写真
9.希望の残骸
10.great escape
11.優しくしないで
12.西南西の虹

温かい拍手とともに登場するasayake no ato。3人がドラムに向かって一音目を鳴らすその瞬間、澄んだ綺麗な空気が流れた。「秘密」に続いて演奏されたのは、「荒野/別れ」。2曲目にして既にオーディエンスの拳が上がり、会場は熱気を帯びる。2曲目が終わり、メンバー全員からこぼれる笑みに、この日のステージが素晴らしいものになることを確信する。

次に演奏されたのは「指板の海」。ライブハウスにいるのに、まるで目の前に海が広がっているような不思議な感覚に陥った。asayake no atoの曲は、映画と似ている。目の前に、映画のワンシーンのような情景が浮かぶのである。それを可能にしているのは、神社の描く心象風景の緻密さにあるのだと思う。

「改めまして、asayake no atoといいます。よろしくお願いします! 俺たちのレコ発の日というだけで既に最高の日なんですけど、こうやって憧れの人と、こんな日がくるなんて感無量です。こんなところでビビッてちゃいけないと思いつつ、超ビビッてきました(笑)」と率直な気持ちを語る神社。「プレゼント」「海へ」と、神社の声を中心に、4人一人ひとりの個性が一つも潰されることなく、一曲一曲、本当に丁寧に演奏される。

asayake no atoは、けっして生きるのが上手い人たちではないのだと思う。しかし、だからこそ彼らの音楽は人を救う力を持つ。彼らの音楽に、希望を見ることができるのだ。“生まれてから/この世界は/押し殺して/生き辛い” (「Signal」)と歌う姿からも、彼らが「世渡り上手で器用に生きてきた」ようには見えない。不安に苛まされたり、「これでいいのか」と悩んだり、迷ったりもする。弱さを認めて、それでも必死に夢を追い、音を鳴らす姿に聴き手は自分を重ね、背中を押されるのではないだろうか。「Movielike」「これからのこと」と、ステージは中盤に差し掛かってくる。4人の音を鳴らす幸せがバシバシ伝わってくる演奏に、オーディエンスも幸せな感情で満たされていく。

8月10日にリリースされた彼らの2nd「Climbers aim high」の中から演奏された「クライマー」。“悩み迷い歩むその一歩はどんな宝石よりも価値があるよ”と迷いながらも夢に向かい歩む“あなた”を肯定し、向かい風さえ飲み込んで、夢を追う人の道を進めてくれるような一曲だ。“俺はどこまでダメなままなんだ”と自分にふがいなさを感じても、“勝てなきゃみんな辞めてくじゃないか/あなたがくれた情熱と共に”と夢を追うことの難しさ、苦しさを歌う。

彼らの音楽には嘘がない。その素直さが、彼らの魅力なのだと思う。「いっぱい曲を作ってきた人しかここに立てない。大きな第一歩になりました」というMCの後プレイされたのは「見つけた指先」。彼らにとって初めての長尺のセットリストで不安もあっただろう。しかし、それを跳ね除けて私たちに見せてくれた熱いライブに、心を突き動かされたのは、私だけではないはずだ。彼らの楽曲の無駄のない美しさが際立つ「花たち/旅」の後、「次で最後の曲です。またお会いしましょう!」と言って最後に演奏されたのは、「追想と未来」だった。

アンコールの声に呼ばれてステージに戻ってきた彼ら。「(バンドを)組んだ時からcinema staffみたいなステージがやりたいと思ってたんです。大学2年生の時、初めてCHANGE UPを聴いて、初めて行ったライブが京都メトロでのTHE NOVEMBERSとの対バンでした」と思い出を語る。「憧れだった人たちと対バンができて、バンドをやってきて一番いい日と言っても過言ではないです。cinema staffがいたから、僕はここまで続けてこれた。ありがとうございます」とcinema staffへの想いが溢れる。

アンコールで演奏された「渚の光芒」は、今日という忘れられない日を終え、まるで彼らの新しい門が開かれたことを私たちにわかりやすく伝えているような特別な風を、ライブハウスに運んでくれた。きっとこれから先、一つずつ着実に彼らは夢を叶えていくだろう。夢を叶えることは、同時に次に進む大きな一歩に繋がるのだと、身をもって示してくれたasayake no ato。これからの彼らが、どんな景色を見せてくれるのか。楽しみで仕方ない。


2016.8.24(WED) at 

asayake no ato “Climbers aim high” tour

asayake no ato SETLIST
1.秘密
2.荒野/別れ
3.指板の海
4.プレゼント
5.海へ
6.Signal
7.Movielike
8.これからのこと
9.クライマー
10.見つけた指先
11.花たち/旅
12.追想と未来

en.渚の光芒



asayake no atoとcinema staffによる終演後の記念撮影


文・久岡桂子(muevo)

photographs by →SATOMIN←


asayake no ato オフィシャルホームページ

http://asayakenoato.net/


cinema staff オフィシャルホームページ

http://cinemastaff.net/

カテゴリ一覧