• muevo
  • muevo voice
CASPA――1stSingle『ユニコーンにのって』リリース記念インタビュー

CASPA――1stSingle『ユニコーンにのって』リリース記念インタビュー

1月18日に1stSingle「ユニコーンにのって」をリリースした直後のCASPAメンバーに、今作への想いや今後の野望などをインタビューしました。



HAWAIIAN6の安野勇太がサウンドプロデューサーを務めるガールズロックバンド、CASPA(キャスパ)。楽曲提供の形にこだわりながらも、常に最高のオリジナリティーを生み出す努力を惜しまない彼女達の現在の想いをお伺いしてきました。


楽曲提供という形に見出した最高のオリジナリティー

――改めて簡単に結成のいきさつを教えてください。


Miyu(Vo.):私たち元々4人組のガールズバンドだったんです。ドラムがいて、そのドラムが同じ大阪の専門学校に通っていて、私の先輩だったんですよ。その先輩が私のライブを見に来てくださって、そこで目をつけてくれて、一緒にバンドをしないかって誘ってくれたんです。で、まずここの二人が組んだ感じで。それでベースのTokoが、私が通ってた専門学校の東京校に通っていて。Tokoと元ドラムの方が一回その学校のイベントで共演してるんですよ。ここが顔見知りだったというのもあって、覚えてたので、Tokoに声をかけて、ここの3人が最初に繋がったんです。そこからスタジオに入ったりしてたんですけど、あ、まだNatsumiはいなくて。で、NatsumiもTokoと同じ、東京で活動していたので元々顔見知りだったということもあって繋がりました。

Natsumi(Gt.):私も、皆とは違う学校なんですけど音楽の専門学校に通っていて。そういうお話をいただいて、遊びに行く感じでスタジオに顔だしたら、知ってるTokoがいたみたいな。


――じゃあ皆さん元々音楽の専門学校に通われていたって感じなんですね。昔からミュージシャンの道を目指されていたんですか?


Miyu、Natsumi:はい!

Toko(Ba.):あ、私は元々ミュージシャン希望ではなく、楽器を作る方の専門学校で入ったんです。実は。そこから今は、アーティストになっちゃってますね(笑)。


――クラフトコースですか?


Toko:そうです、クラフトコースに通っていたんですけど、なりゆきでアーティストになってましたね(笑)。今使っている楽器も自作なんです。


――すごいですね!


Toko:学校に通っていた時に作ったものが、そのまま、一番いい音だったので。


――ブランドとアーティストがコラボして楽器を作るとかありますよね。今後もしそんなことが出来たら面白そうですね。


Toko:ぜひやってみたいですね。そうすると私の本来の力が発揮すると思います(笑)。

――HAWAIIAN6は皆さん元々お好きだったんですか?


全員:はい!


――HAWAIIAN6の安野さんがサウンドプロデューサーということですが、結成当初から今のような方向性のサウンドだったんですか?


Toko:元々は私がギターとベースでデモを作って、色んな事務所に送ってたんです。それでちょうどホリプロに入ることになって。そこからサウンドプロデューサーに安野さんが加わって、今のサウンドになったって感じです。


――ではそれまでは今とは違ったサウンドだったんですか?


Toko:そうですね、でもまぁロックだったんですけど。こんなにテンポは速くなかったですね。今すごい速いです(笑)。


――皆さんは影響を受けたアーティストさんはいらっしゃるんですか?


Toko:私は天野月さんや鬼束ちひろさんですね。でも中学校の時に一番好きだったのがRYTHEMさんで、CASPAを組んでから一緒にそのメンバーの一人だったyucatさんとライブできたりする機会があったので、それが今激アツですね、私の中では(笑)。

Miyu、Natsumi:(笑)。憧れだったもんね。


――お二人は同じようなエピソードはございますか?


Natsumi:私はandropさんがすごい好きで。私達は橋本塁さんに写真を撮っていただいているんですけど、塁さんもandropさんを撮ってらして。以前私達が横浜のイベントに出た時にandropのベースの前田さんが来てくださって、一緒に写真を撮っていただきました。それはめっちゃアツかったですね。


――今楽曲提供という形で活動されていますが、元々ご自身達で曲は作られていたんですよね?どちらの形の方が自分たちに合っているというのはありますか?


Toko:もう今は完璧に安野さん提供曲の方がしっくりくるというか。

Miyu:うん、はまるね。
Natsumi:新曲の「ユニコーンにのって」も音源頂いたときに、もう安野さん節全開ってみんなで話ししてましたね。
Miyu:もうほんとに「ユニコーンにのって」もなんですけど、他の楽曲とかも安野節が沢山入ってるんですよ。特に「ユニコーンにのって」は歌詞の世界観もすごくHAWAIIAN6さんに似ていると思っていて。その安野さんから楽曲提供していただいている以上、この曲は絶対に伝えなきゃいけない、その義務がある曲だなと思いました。


――楽曲は似ているとはいえ、全然違う形態のバンドではありますよね。そこはやはりオリジナルを追求されていますか?


Miyu:そこは全然違うので、オリジナルを追求しています。

Toko:しかも私達は日本語だから、そこも難しいですね。


――楽曲提供していただいているとはいえ、そこだけに頼らず、自分達が唯一無二の存在になれるようにということですね?


全員:そうですね!

Toko:研究しています、まだまだこれからです。

――それでは次に、今回1月18日にリリースということで、最新作についてお伺いしたいのですが、まず一番こだわった点やどんな想いを込めているかを教えてください。


Miyu:4曲入りなんですけど、1曲1曲全然違いますし、どの曲が表題曲になってもおかしくない4曲が集まったんですね。で、全然テイストが違うので、私はレコーディングするときに、1曲1曲の細かい部分、例えば声色とか、全然違う風に歌おうという点でこだわりました。そういうところでどれだけ見せれるかが勝負だなと思ったので、1曲1曲アピールの仕方を変えましたね。


――それはレコーディングとライブでもまた違いますか?


Miyu:そうですね、レコーディングとライブでも全然変えて歌っています。


――次にNatsumiさんはいかがですか?


Natsumi:今回は違う作家さんにも入っていただいたのですが、皆さん全員ギター弾かれるんですよね。なのでそこをどう自分なりに表現していけるかというか。安野さんには安野さんの癖があるし、それを取り入れた上で、どう自分を出していけるか、っていうのがすごい難しかったです。まぁ毎回なんですけど、そこを意識していますね。ギターもアップテンポな曲だったり、聞いてて楽しくなれるような曲だったり、ジャケットがすごいカラフルなんですよ。その世界観をすごく表現しているような音源になっていますね。ぜひ一回4曲全部聞いてみてほしいですね。いろんなCASPAが見れると思います。


――実は私自身ちょうど落ち込んでいた時に「ユニコーンにのって」を聞いて、泣きそうになったんです。


Miyu:ほんとですか(笑)!

Toko:たしかに当てはまるかもしれないですね。


――歌詞が応援歌のように感じたのですが?


Miyu:そう聴こえるじゃないですか?私も初めて歌詞を見た時すごく前向きな応援歌なのかなと思ってたんですけど、安野さんに直接お話を聞いた時は、本当は切ない曲だったんですね。夢の中でのストーリー性のある曲だっておっしゃっていて。明るい仮面をかぶっていても、意味のあるところはすごく切ないんだよと教えてもらっていたので、その部分もすごく意識してレコーディングしました。


――とても深いですね。


Miyu:ですよね。

Natsumi:「Over」とかは、ザ応援歌って感じなんですよ。


――なるほど、TOKOさんはいかがですか?


Toko:今回は4曲楽曲いただいて、いろんな弾き方ができるなってまずテンションが上がって、レコーディングがすごい楽しみでした。まず安野さんの曲は、安野さんってギタリストだから手ぐせがあって、それがベースにも仮歌の時点ですごいあって。でもそれが前回よりも身についてたから、すごいやりやすくて。もう自分の中でどう弾くかっていうのは決まってたので、すごく弾きやすかったですね。で、他の2曲はもらった時点で「どうしよう」っていうのから始まって。どこまで自分なりにアレンジして良いのかなっていうのがあったんですけど、結局自分なりにいろいろ変えちゃったんです。でも作家の皆さんがOKしてくれて、納得のいく仕上がりになりました。あ、そうそう、「風になりたい」という曲で初めて私ピックで弾いたんです。レコーディングから。


――元々指弾きだったんですか?


Toko:元々指弾きでやってて、しばらくピックは触ってなかったんですけど。前々から安野さんにピックで弾くように言われていて。最初は抵抗あったんですけど、でもこの「風になりたい」という曲は聴いた瞬間から、疾走感溢れる曲だったので、「あ、これはピックで弾かなきゃいけないな」という使命に駆られて、うん、頑張りました(笑)。


――なるほど(笑)。


Toko:なので、そこも初々しい気持ちで聴いていただきたいです!


――今回は新しい作家の方にもご参加いただいてますが、いかがでしたか?


Miyu:個人的に苦労した曲がTOMさんからいただいた「Be Honest」なんですけど。いつもデモを聴いて、歌詞を読み込んで、もうここのフレーズはこう歌おうとかがっちり決めてレコーディングに挑んでるんですね。当たり前だとは思うんですけど。で、TOMさんからいただいた曲を見たときも、自分なりに解釈はしていったんですけど、なんかしっくりこないことがあって。レコーディング前日まで。それでプリプロをさせていただいたんですけど、で、そのときも「どうしよう、まだ固まりきってない」という状態でいたんですけど、そんな時にTOMさんが「もっと子供っぽく歌っていいよ」とアドバイスをくださって。その時になんか言葉では言い表せないんですけど、感覚でわかったことがあって。その瞬間に帰ってすぐスタジオに入って、とりあえず一回全部忘れて歌おうって思った時に、これだってできたので。

Toko:うん、だいぶ仕上げてきたよね。
Miyu:そう、メンバーからもプリプロの時点から、「この曲Miyuにかかってるよ」とか言われててやばい!って思ってたんですけど、TOMさんからのその一言があったおかげで、そのプリプロからレコーディングへの出来が全然違うってTOMさんからも言っていただいて。がっつり、ここでやっと固まったって自分自身、すごく実感できて納得できたんですよね。これが一番苦労しましたね。
Toko:でも歌はすごく子供っぽくという割に、後ろの楽器はめっちゃ渋いんですよ。
Natsumi:そうだね(笑)。
Toko:渋いな〜って。ずっと私言ってた(笑)。

――TokoさんとNatsumiさんは新しい作家の方とのエピソードはありますか?


Toko:弾きたいように弾いていいよっていうのは言われましたね。

Natsumi:でもそこはもう、弾きたいように弾いていいよと言ってもらえて。
Toko:完成したものを持っていったら、大丈夫だったので、これでいいんだと。じゃあ、弾きたいように弾こう!って感じでしたね。
Natsumi:ほんとニュアンスとかも自分の思った通りに弾かせていただいた部分もあるので、なんか、安野さんとは違った面白さというか、別の方に楽曲提供していただくとこういう感じなんだな、っていうのはあって。
皆さん一言で決めてくださって、私の時も「楽しく弾けばいいよ」の一言だけで、他は特に何も指示はなかったので面白かったですね。
Toko:そう、「風になりたい」とかすごいもう私聴いた段階で、コード進行が美しいんですよ。
Miyu、Natsumi:うんうんうん!
Toko:もうコード進行だけで既に成り立っている曲だから、ベースをどういじっていいかわかんないって。別に動かなくても、もうこのコード進行だけでベースラインって成立してるなって感じたから、今回はがっつり動かずに、もう疾走感に徹しようというのはありましたね。もう駆け抜けて。
Miyu:うん、すごい爽やかだよね。
それと、私達の今ある曲って誰かの曲を指す時に「君」っていう言葉を使っていたんですけど、「風になりたい」だけは「あなた」なんですよ。
初めて「あなた」っていう言葉が出てきて、そういう部分に気付いた時に、私も少し大人っぽく歌おうって思いましたね。
出来上がりを聴いた時も、やっぱり安野さんの曲とはまた違うなってってのは感じましたね。

――ぜひその辺りも楽しみに、沢山の方に聴いていただきたいですね!それでは2017年の目標をお伺いできますか?


Miyu:昨年は12月に初めての主催ライブをさせていただいて。ほんとにお客さんが来てくれるのかなっていう不安はあったんですけど、ステージに立って、ありがたいことに沢山の方に来てくださって、その時に改めて思ったのがことがあって。「ここにいる方達が、今日私達のためだけに来てくれたお客さんだったらもっともっと幸せだろうな」って思ったので、2017年はワンマンライブをやりたいですね!

Natsumi、Toko:やりたい!
Toko:ワンマンと、CDも出せるだけ出したいね!曲がまだまだ少ないので。ライブとかもね。
Miyu:うん、もっと曲のバリエーション増やしたいですね。
Natsumi:あとツアーですね。できればいいなって思いがあります。
Miyu:全国ツアーやりたいですね!

――最後に将来の目標はありますか?


Miyu:やっぱり武道館ですね!道のりは長すぎて、まだまだ先のことすぎて正直見えないですけど。でも今は目の前にあることを一つ一つこなしていくことが、その道にも繋がると思っているので、今をしっかりこなしていきたいですね。

Toko:あとメジャーデビュー!
全員:したいね!!!



「ユニコーンにのって」

発売中

発売元:SCORING POSITION

販売元:タワーレコード

品番:HPSP-1

価格:1,200円+税


CASPA

Miyu(Vo.)、Natsumi(Gt.)、Toko(Ba.)。2015 年春、バンド結成。2016年2月、サウンドプロデューサーに安野勇太(HAWAIIAN6)を迎えた1stミニアルバム『さよなら世界』をリリース。収録3曲がタイアップを獲得し、新人では異例ともいえるこの作品は、彼女たちに対するミュージックシーン自体の期待感が伺える。そんな彼女たちの新曲が完成し、2017年1月18日には1st single「ユニコーンにのって」をリリースした。今作は、安野勇太(HAWAIIAN6) が2 曲、玉屋2060% (Wienners) とTOM(STOMPIN’BIRD) がそれぞれ1 曲ずつ楽曲提供。さわやかで疾走感があり、どこか懐かしいメロディーと、ガールズバンドとは思えない骨太のサウンドが各世代の心を揺らす。2016年12月14日には初の主催イベントをShibuya O-nest にて開催。


オフィシャルホームページ

http://www.caspa-band.com/



カテゴリ一覧