• muevo
  • muevo voice
アレがあるからイマうたう:連載2日目「あしたのジョー」

アレがあるからイマうたう:連載2日目「あしたのジョー」

『それでも弾こうテレキャスター』『COME TOGETHER』の配信リリースを記念して、QOOLANDの平井拓郎による期間限定の日替わりコラムがスタート。第2回目は「あしたのジョー」です。


その名を知らない人はいないんじゃないかと言うぐらい有名なボクシング漫画だ。その固有名詞の浸透度合いは「タモリ」や「読売巨人軍」に匹敵するだろう。そして、僕はこの『あしたのジョー』にこれ以上ないぐらいインスパイアされまくった。


しかし、この「ジョー」。その知名度のわりに意外と読んでいる人は少なく、発行部数も2000万部と控えめだ。同じ2000万部前後のコミックを見てみよう。『アイシールド21』『ツバサ』『魔法先生ネギま!』『D.Gray-man』などが挙がる。どれも著名な作品だし、名作揃いだ。だが「ジョー」の知名度はここに並ぶだろうか。客観的に見てもこの中で、ケタ違いの知名度を誇っている。


「ジョー」の発行部数を調べた時に「少なっ!」と思ったのが正直な感想だった。1億ぐらい刷られてると思った(ワンピースは3億2000万部、タッチ、鉄腕アトム、ドラえもんなどが1億部)。

『あしたのジョー』と出会ったのは小学生の頃だった。コミックを読みあさりまくっていた時期だった。あの頃、世の中はどんどん効率化が進んでいた。

消費税は5%に引き上げられ、アクアラインや高速道路が日本中に誕生した。WindowsというOSのおかげでパソコンは瞬く間に普及し、ノートパソコンも発売された。自分の感情を抑制できずに怒りが爆発する事は「キレる」という言葉にまとめられ、美容院やショップの魅力的な店員は、カリスマという言葉の枠に収まった。

「賢く、効率的であることが何よりも正しい」。そんな時代だった。その最中、「ジョー」は僕のもとにやってきた。文庫版が発売され、それを父親が僕に買い与えたのだった。1970年前後の作品の読み味は、当時連載されていたコミックとはまったく違ったものだった。ジョーの生き様は90年代後半の時代とは明らかに逆を行くものだった。

イップス(精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のこと)で首から上が打てなくなっても、吐き続けて戦う。成長期を迎え、減量が厳しくなっても階級を上げない。パンチドランカー症状で脳障害が末期になってもリングに上がる。そしてジョーは灰になるまで戦って廃人になった。

「効率的に成果をあげる」が最高のステータスであった時代、ジョーの考え方、行動原理、生き様は衝撃的だった。

有名になることや、経済的に成功すること、健康に長生きすること、愛する人と生きていくこと。それらは僕のまわりの大人や、世間が素晴らしいと賞賛することだった。子どもの僕にはそれらが素晴らしいことなのか、イマイチ分からなかった。そして、ジョーはそれらを何一つ欲していなかった。

ジョーも世間的に認められて、経済的に潤っていく時期がある。それでもジョーの安息の場所は孤独の中にあったし、長く生きることに価値を見いださなかった。世界戦の控え室で白木葉子の告白を受けるシーンや、乾物屋の紀子にボクシングを辞めるよう諭されるシーン。皆、ジョーの身を案じていた。だが、ジョーは一言礼を添えて、戦い続け、そして灰になる。

だが今思えば、あの時ジョーが紀子の言いなりになっていたら読むのを辞めただろうし、葉子を抱きしめでもしたらガッカリしただろう。ジョーのすべてが、僕の知っていた世間とは逆を行った。そして、それが何故だかシンプルに僕の胸を打った。

ジョーの試合はすべて鬼気迫るものがあり、本能的に訴えかけるものがあった。矢吹丈は「どうしたら自分の中の燃える炎を燃やし尽くせるか」を最優先に考えていた。そして最終回、完全に自分の中の炎を燃やし尽くし、自己実現を達成した。ジョーは有名になることや、経済的に成功すること、健康に長生きすること、愛する人と生きていくことに目もくれず、一つの目的を達成した。

僕は『あしたのジョー』と出会ってから「効率よくやる」ということに、あまり価値を見いだせなくなった。その代わり、自分の中にある目的のために生きていくことに大きく価値を見いだすようになった。

ジョーのように自分の中のスピリッツを燃やして生きていきたくなった。「自分に嘘をつかずに生きる」「信念の道をまっとうする」。いろんな言葉が世の中にはたくさんある。それを僕の前で分かりやすく体現してくれたのは矢吹丈だった。僕は人の感情を動かしたくて音楽を始めた。自分がジョーに心を動かされた時のように、誰かの心を動かせたら嬉しいとずっと思っている。

「どこまで燃やし尽くせるか」。僕もそう思って生きていきたい。



『あしたのジョー 1巻』

文・平井拓郎(QOOLAND)



QOOLAND

平井 拓郎(Vo, Gt)

川﨑 純(Gt)

菅 ひであき(Ba, Cho, Shout)

タカギ皓平 (Dr)


2011年10月14日結成。無料ダウンロード音源「Download」を配信。2013年5月8日、1stフルアルバム『それでも弾こうテレキャスター』をリリースする。同年夏、ロッキング・オン主催オーディション RO69JACKにてグランプリを獲得。ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013に出演した。その後もROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014、COUNTDOWN JAPAN 14/15等の大型ロックフェスに続けて出演。2015年夏、クラウドファウンディングで「ファン参加型アルバム制作プロジェクト」を決行。200万円を超える支援額を達成し、フルアルバムの制作に取りかかった。2015年12月9日、2ndフルアルバム『COME TOGETHER』発表。2016年8月6日、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016に出演。 HILLSIDE STAGEのトリを務めた。


QOOLAND オフィシャルホームページ

http://qooland.com/


公式ブログ

http://lineblog.me/qooland/


平井拓郎 公式ツイッター

https://twitter.com/takuro_qld

連載記事

アレがあるからイマうたう:連載1日目「サマーソニック」
アレがあるからイマうたう:連載2日目「あしたのジョー」
アレがあるからイマうたう:連載3日目「ポケットモンスター」
アレがあるからイマうたう:連載4日目「自分の小さな『箱』から脱出する方法」
アレがあるからイマうたう:連載5日目「イチロー」
アレがあるからイマうたう:連載6日目「ドラえもん」
アレがあるからイマうたう:連載7日目「カノン進行」
アレがあるからイマうたう:連載8日目「走る」
アレがあるからイマうたう:連載9日目「ホーリーランド」
アレがあるからイマうたう:連載10日目「大阪十三」
アレがあるからイマうたう:連載11日目「カプセルホテル 」
アレがあるからイマうたう:連載12日目「下北沢」
アレがあるからイマうたう:連載13日目「スティーブ・ジョブズ」
アレがあるからイマうたう:連載14日目「デスノート」
アレがあるからイマうたう:連載15日目「ビートルズ」
アレがあるからイマうたう:連載16日目「テレキャスター」
アレがあるからイマうたう:連載17日目「レコーディング」
アレがあるからイマうたう:連載18日目「人間失格」
アレがあるからイマうたう:連載19日目「こち亀」
アレがあるからイマうたう:連載20日目「土方歳三」
アレがあるからイマうたう:連載21日目「風が吹けば桶屋が儲かる」
アレがあるからイマうたう:連載22日目「中学時代」
アレがあるからイマうたう:連載23日目「携帯電話」
アレがあるからイマうたう:連載24日目「書くということ、読むということ」
アレがあるからイマうたう:連載25日目「夜行バス」
アレがあるからイマうたう:連載26日目「淀川」
アレがあるからイマうたう:連載27日目「『断つ』ということ」
アレがあるからイマうたう:連載28日目「クラウドファンディング」
アレがあるからイマうたう:連載29日目「屋久島」
アレがあるからイマうたう:連載30日目「メンター」
アレがあるからイマうたう:連載31日目「5年間」

カテゴリ一覧