京都出身。とりあえず何でもやっちゃうシンガーソングライター、山本紗江。

情緒ある歌詞とメロディー、独特の抑揚を持つ「紗江+イントネーション」で

「さえとねーしょん」という武器を持って東京を拠点に全国で音楽活動をしている。


楽曲制作チーム"A-Spells"に所属。

NEO JAPONISM、SOL、パピプペポは難しい、UPローチ、モノクロテレビジョン 等の

作詞・作曲・編曲・ディレクションを手掛ける。


音楽活動以外に全世界2000万DLのゲームアプリ、"Ingress"の公式ニコ生番組のメインMCや、

イベントMC、デザイナー、ライター、イラストレーターとしても定評があり、マルチプレイヤーとしても活躍中。




・クライザライト/山本紗江 【ミュージックビデオ】



ライブ休止前の、上京3周年記念ライブからの1年間の「燃えるような思いをすべて込めました」と話す楽曲『クライザライト』。


「コロナ禍になってから、ライブを自粛する代わりに制作チームとして作曲周りをより頑張ってきたので、

これまで制作で培った技術で全てセルフプロデュースで行った」という1曲で、

歌詞も≪諦めない先の先の先に 今届きそう≫と、前向きな気持ちを歌っている。


そんなポジティブで力強いエネルギーは、歌詞だけではなくサウンドや歌声から、さらにはMVからも確かに感じられる。

それでいて落ち気味の心に沁み込むような包容力もあり、優しく寄り添ってくれながらも、隣でしっかりと手を掴み、

立ち上がらせてくれる趣だ。心が折れそうになってしまった時に、是非おすすめしたい楽曲。



・[MV]山本紗江 - 階段



音楽ユニット”milktub”bamboo氏の提案で、クラウドファンディングを経て制作に至った楽曲『階段』。

編曲は、いつか一緒にやりたいと思っていた作編家・鈴木Daichi秀行氏が担当している。

「上京して半年が経った時、生き残るのに必死で何もしていないと感じた」と話す彼女。

この楽曲では、「新しい地図の余白を描いていこう」という思いが描かれている。


優しいサウンド感と心の通った歌声が、まるで隙間を埋めてくれるように優しく響く。

そして聞いていると、やはり前向きな気持ちになっていくのだ。

恋愛の歌として受け取るのはもちろんのこと、夢を追う歌として受けとることも出来るので、

多くの人が、自分とリンクさせて聴けるというのも一つのポイントだろう。


・お散歩Vlog🔷ingressでゆるくミッションしてみる【実況】



自身のYouTubeチャンネルからの1本。

「Vlogという、自分の日常を切り取った映像版のブログを観るのががマイブームで、

ゲーム実況と混ぜてやったら面白いのかなと考えた」との思いで制作した、

“お散歩Vlog×ingress”の動画で、マルチに活躍する彼女の姿が見られる。


内容は、池袋の街をゆるりとお散歩しながらミッションと呼ばれるゲーム上と位置情報を介し、

各地を散策するスタンプラリーのようなものをクリアしていくというもの。

撮り方も見やすく美しく、カットの切り替えもテンポが良いので、

映像として楽しんで見ながら、かつ彼女のキャラクターの魅力も伝わってくる1本となっている。


音楽以外の部分にも惹きつけられるポイントがあるというのは、彼女ならではの魅力だ。




10月22日には、無観客でレコ発単独ライブを開催する彼女。

「まずはそれをしっかりと成功させたい」と話してくれた。


今後については「SSWをやりながら楽曲提供されている方に憧れているので、

楽曲制作で技術を磨きながら自分の活動に還元していきたい」と、

楽曲制作の力を高めながら、楽曲提供にもさらに積極的に取り組み、

音楽家としての自身の質をより高めていきたいと考えている。


その高い熱意も魅力的な、これからの活動にも期待したくなる存在の一人だ。



【リリース情報】
2021年10月22日(金) 20:00〜

山本紗江 レコ発単独ライブ ~オーバーザブランク~

https://twitcasting.tv/cavallino_katsu/shopcart/105634