• muevo
  • muevo voice
第10回【トクダオジーの部屋】北方寛丈 ━━ クラウドファンディングで日本中の魂に元気を与える“ご縁をツナグ旅”に挑戦!この旅にかける想いとは?

第10回【トクダオジーの部屋】北方寛丈 ━━ クラウドファンディングで日本中の魂に元気を与える“ご縁をツナグ旅”に挑戦!この旅にかける想いとは?

muevoのクラウドファンディングディレクター『トクダオジー』が、会社に内緒で勝手に始めた新コーナー。クラウドファンディングで自分の夢を実現するアーティストにインタビューしちゃいました!


━━ muevo voice初登場ということで、まず自己紹介をお願いいたします。


北方寛丈(きたかたひろたけ)と申します。石川県出身。宇宙と音楽が大好きな子ども時代をそのまま引きずり、今は作曲家・ピアニストとして活動しています。


━━ 北方さんの音楽活動のテーマはなんでしょうか?


「人間の感性の復興」「魂が元氣になる」が活動のテーマです。そのためなら、自分ができることはなんでもしています。

これまでジャンルを超えて様々な音楽と関わってきましたが、

「未来に残る普遍的な音楽」「どの世代、どの人種も超えて、世界と思いやりや優しさでつながる音楽」を目指しています。


━━ なるほど!具体的にはどのような活動をされているんですか?


活動例としては、UTAUMI(うたうみ)というプロジェクトがあります。「歌で海を美しくしよう!」という内容です。

楽しく海浜清掃できる「ゴミ拾い音頭」や、環境から平和へと繋げて、参加者全員が手を繋いで海に向かって祈るように歌う「平和ノ祈リ」などを通して、「意識」や「心」が美しくなれば、海も美しくしようとする方々が増えていくのでは?という想いで活動しております。


詳しくはコチラ→ http://utaumi.jp/song/whatisutaumi/

詳しいプロフィールは、http://hirotakekitakata.com/biography/index.htmlをご覧下さい。


━━ 現在、muevoにてクラウドファンディングに挑戦中ですが、クラウドファンディングは以前からご存知でしたか?


もちろんです。本当にいろんな想いで皆様がクラウドファンディングをしていらっしゃるなあと見ておりました。


━━ では、ご自身が実施しようと思ったきっかけは?


たまたま知り合いのミュージシャンがmuevoさんでクラウドファンディングを実施されているのを見まして、ピンと来たんです。

今が始める機会だなという、直感一発です(笑)。






━━ 今回のキャンペーンタイトルが『「ご縁をツナグ旅」~全国ライブツアー実現プロジェクト始動!!』で、“ご縁をツナグ旅”がキーワードになってくるかと思いますが、このタイトルにはどんな想いが込められているのでしょうか?


長くなるので、ここからはじっくり文章をお読み下さい(笑)。


3月にソロピアノアルバムをリリースしました。タイトルは「Synchronicity -縁(えにし)- Solo Piano Works」。

「ご縁」というのは不思議なもので、これまで何年も関わっていた方とパッタリ音信不通のようになったかと思えば、初対面なのに親友のように意気投合できることもある。その経験でわかったことは、「関わった時間は関係ない」ということです。

結局は、魂レベルでの共鳴、共振が、その場に発生するかどうかが、「ご縁」なのだろうと思っています。


このアルバムを作ってから、タイトル通り、奇跡のようなシンクロが次々と起こりました。一番のシンクロは、ジャケット写真を撮影するために赤ちゃんモデルを募集したのですが、決まったその子の名前がなんと「縁(えにし)くん」だったことでしょうか(笑)。これにはさすがに天を仰いでしまいました。ちなみに、”synchronicity”の私なりの日本語訳が「縁」です。


さて、2018年はまだ少しありますが、本当に災害ばかりが目立った年になってしまいました。傷ついた方々、亡くなった方々、荒れ果てた土地・・・日本は古来から自然災害が多いとはいえ、それでも日本にずっと住み続けているわけですから、ある意味では常に「覚悟」が必要なのかもしれません。


被災地で、音楽会を開きたいと素直に思いました。慰問コンサートと言われればそれまでですが、私が実現したいことは、現地の方々と土地と出会い、一緒に企画する中で、その時にしか生まれないエネルギー、それも、みんなで共有し、慰めあったり癒したり元氣付けたりが可能なエネルギーを発生させるような音楽会を開き、今を、未来を、より良いものに更新していくことです。しかもそれが持続可能である必要があります。SDGsのようなものです(笑)。本当に大切なことは、継続する必要があるからです。


音楽は、直接怪我を治したり、道路がきれいになったり、食べ物の代わりになるわけではありませんが、人間がよりよく生きるために一番大切にしたい「感受性」を豊かにしてくれます。自発的に歌うことは誰にでもできますし、じっくり音楽を聴く中で、心身や思考が整ったり、新しいアイディアが湧いたり、コミュニティが仲良くなります。本当に解放された心というのも、気持ちよく生きていく上では必須ですが、これも音楽はかなり力強くサポートしてくれます!


そうして各地でご縁を結んでつなげて、日本中に元氣が戻ればと本気で思っています!!!


ここまでで、もし心から共感してくださる方がいましたら、どんなジャンルの職業の方でも、どんな生き方をしてきた方でも、一緒に活動しませんか!?と、ここで初めて呼びかけてみようと思います(笑)。なぜなら、自分ひとりでやれることは、たかが知れていますし、それならそれぞれの得意分野を生かして、誰が偉いとか誰がすごいとかでなく、優しさと思いやりを持って共に創り上げる「ご縁チーム」「ご縁グループ」「ご縁コミュニティ」ができれば、みんなの想いをスムーズに展開できるからです。


━━ 先日ツアー内容の情報も解禁になりましたね!


はい!前半はソロピアノ、後半は朗読という内容です。これが基本の形です。

そこに更に、現地ならではの内容を盛り込みます。ここを、現地の方々にヒアリングしていく中で、一緒に企画していこうと思っています。


━━ 今回のクラウドファンディングしか販売していないレアなグッズや体験のプランなど色々なリターンがありますが、北方さんの一番のオススメはどのプランでしょうか?


どれもオススメですが、「プレミアムリサイタル」「北方門下プラン」「レッスン&共演」「出張コンサート」などは、実際にお会いすることができるので、直接的な「ご縁」が生まれるということでは、こちらをプッシュします!


もっというと、レッスン内容はなんでもアリなのです。人生相談も乗ります!(笑)・・・ちゃんと書くと、数年前から合気道をしているのですが、それにより「本当の脱力が身体でわかる経験」をしましたので、心身とも硬い方、こわばっている方には、かなりたくさんのアドバイスが可能です。姿勢が変われば、いろんなことが8割はうまくいったようなものなのですが、その姿勢に対する意識が結構低いことが多いので、そういうことも。あとは、いわゆるボイトレが本当にオファーが多いので、ジャンルに問わず、話し声改善も含めて、レッスン可能です。音楽的なレッスンとしては、作曲・編曲・ピアノ・演奏法・弾き語り・楽曲分析・ソルフェージュなどでしょうか。今回のレッスンの際には、録音・録画もOKですので、くまなく復習もできますよ!


━━ 今回のキャンペーンですが、どんな方に参加してほしいですか?


被災地に元氣を送りたい方に是非参加してほしいです!そこから日本全体、そして世界に向けて、よりよいエネルギーを発信できるからです!


━━ それでは最後に、読者の皆さんに伝えたいことはありますか?


「お金持ちだから寄付ができる」「そんなにお金を持っていないから寄付ができない」は、真実ではないという話は世界中にありますが、このクラウドファンディングでは、被災地への想いや、私の活動に対する応援がサポートに結びつきます。

集まったお金は、皆さんの想いのエネルギーそのものです。皆さんの想いも一緒に現地に届けることができるという、新しい音楽会の形を、どうかできるだけ多く実現させてください。まだまだ10月末まで時間があります。複数回サポートすることも可能です。また、すでにサポートしてくれた方々が中心となって、ご家族・ご友人やピンと来た方などに広めてくださることから、ご縁は広がっていきます!

引き続き応援ご協力、よろしくお願い致します!


━━ 北方さん、ありがとうございました!



【北方寛丈】 「ご縁をツナグ旅」〜全国ライブツアー実現プロジェクト始動!!

2018年10月31日(水) まで実施中!

https://www.muevo.jp/campaigns/1728


カテゴリ一覧