• muevo
  • muevo voice
hy4_4yh 世界に向かって突き進め!圧倒的なステージで魅せるガールズヒップホップの軌跡

hy4_4yh 世界に向かって突き進め!圧倒的なステージで魅せるガールズヒップホップの軌跡

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はhy4_4yhの登場です。




ヒップホップシーンを中心に、ロック、お笑い、落語まであらゆるエンターテインメントの世界を取り込みながら前進を続ける異色ユニット。それが、ATA-Eとチャン・チャラの2人から成るhy4_4yh(ハイパーヨーヨ)だ。

2005年の前身グループ結成によって始動した彼女たちは、日本ヒップホップシーンを代表する存在であるRHYMESTERを師匠と仰ぎ、「世界にYAVAYを発信する制御不能のQUEEN OF STAGE」をキャッチコピーに斬新な活動を続けてきた。
その活動はCD製作からライブ、ラジオ出演、さらにはさまざまなジャンルのタレントとのコラボなど幅広く、「大きなニュースのテーマ曲を勝手に作る」といった独自の作風や破天荒なキャラクター・言動によって、ヒップホップというジャンルを超えて大きな注目を集めている。
支持者には氣志團の綾小路翔や笑福亭鶴瓶、湘南乃風の若旦那、茂木健一郎とジャンルレスな顔ぶれが並び、これまでコラボしたアーティストは童子-TやKICK THE CAN CREWのLITTLEなど大物揃い。さらには日本エレキテル連合や矢口真里と共演したり、春風亭一之輔のプロデュースで「落語ラップ」を披露したりと、ラップの可能性をさらに広げる活動も見どころのひとつだ。
そして、2018年には師匠であるRHYMESTERの主催イベント「人間交差点2018」にも出演。新世代のヒップホップシーンをけん引する注目のユニットとして、その話題性は最高潮に高まっている。
2019年1月にはプレイステーション4のCMにも起用されるなどさらに知名度も上がり、ブレイクまで秒読み段階に入っていると言えるだろう。




hy4_4yhにとっては念願となった、RHYMESTERの主催「人間交差点」への出演。それに合わせて「勝手に作った」というテーマソングが、この「人間交差点 午前10時40分」だ。タイトルの「午前10時40分」は、彼女たちの出演時間からとられているという。
小気味よく刻まれるリズムと、スカや歌謡曲、ポップスなどの要素が絶妙なバランスで織り交ざったサウンド。思わず体が揺れるような軽快なダンスナンバーとして、ライブでも定番になっているという。
くり出されるリリックでは、ひとつの夢を叶えたことの達成感や高揚感、それまでの道のり、さらなる前進の決意が描かれている。アッパーな中にも切実な想いがあるのが感じられて、グッと感動を呼び起こすキラーチューンだ。
さらに、ライブ映像も取り入れた、臨場感あふれるMVにも注目してほしい。




「あなたはわたしにやさしいね。」は、hy4_4yhがトラップというヒップホップジャンルに初挑戦した皮肉にまみれたブラックで不穏なトラックだ。タイトルの時点でシニカルな表情がうかがえて、さらに畳みかけるリリックを聴いていると、不意に「ゾクッ」とさせられる瞬間がある。
いい意味で不気味な緊張感が走り、hy4_4yhのヒップホップアーティストとしての表現力の広さを感じさせられる一曲だ。
MVではトラックメイカーでhy4_4yhのライブにも参加しているというKO-neyも出演しており、チームとしてのhy4_4yhの姿を見ることができる。パフォーマンスシーンに挟まれるネオンにまみれた夜のシーンは、実際に寒い夜の屋外で自分たちに電飾を巻いたということで、そちらにも注目だ。



MVだけでなく、hy4_4yhの素の表情に迫れる密着映像にも注目だ。
10年以上にわたってミュージックシーンで活躍してきたhy4_4yh。そのステージの裏には地道で着実な努力があり、ひとつのイベントの裏には、メンバーと多くのスタッフによる根強い準備がある。
そんな、普段なかなか見ることができないhy4_4yhの日々に触れることができるこの映像は、「アーティストの生き様」をリアルに知ることができるという意味でも貴重なものだろう。
アーティストが全力で活躍するためには、アーティスト自身はもちろん、多くのスタッフが関わるチームの休みない努力がある。音源製作などの場面でも、プロデューサーを含め、シビアな中にも熱い想いを込めた活動がくり広げられているそうだ。



自分たちのスタイルを守りながら、長い年月を突き進んできたhy4_4yh。そんな彼女たちのこれまでの集大成ともいえるワンマンライブが、2019年4月20日に開催を控えている。
会場は彼女たちにとってこれまでで最大規模となる代官山UNITで、ライブではフルバンド編成にVJなども加わり、視覚的にもインパクトのあるステージ作りが進んでいるそうだ。
hy4_4yhの道のりの結果を示し、これからの彼女たちの第一歩となるこのワンマンライブ。ぜひその会場へ足を運んで、その決意と熱量を直接体感してみてほしい。
自分たちのヒップホップを追求し、その可能性を広げ、さらにその音楽性を極めていきたい、という覚悟を語るhy4_4yh。毎週月曜日にはInstagramライブも行い、ワンマンに向けて密着ドキュメンタリー『経て、からの、どこ』も毎週更新されているそうだ。その姿を見て、その想いを知り、これからの彼女たちの活動にも注目していこう。



【公式HP】http://www.thelabel.jp/hy4_4yh/

【Twitter】https://twitter.com/hy4_4yh



【イベント情報】


【TBSラジオPresents】

hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)過去最大規模のワンマンライブ祝
◆日時:2019年4月20日(土)
◆開場 17:30 / 開演 18:00
◆会場: 代官山UNIT
-出演-
hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)
with ハイパヨ☆BAND
-BACK DJ-
謎のマスク美女DJ
-VJ-

VIDEO BOY


[住所] 渋谷区恵比寿西1-34-17 Za HOUSEビルB2 TEL:03-3464-1012
[チケット] 前売¥3900/当日¥4400 (1DRINK別途)
[プレイガイド] チケットぴあ・LAWSON TICKET・e+(イープラス)
[主催] The.Label Inc.
[制作] MOUSHIWAKE CO,. Ltd.
[問合せ] 代官山UNIT TEL:03-5459-8630



カテゴリ一覧