• muevo
  • muevo voice
レベル27 3本の矢と2本の剣でハイコントラストなギターロックを奏でる

レベル27 3本の矢と2本の剣でハイコントラストなギターロックを奏でる

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はレベル27の登場です。



大阪発のツインギターボーカルバンド、レベル27。

メンバーは、Vo./Gt.「奥田大地」、Vo./Gt.「オオタ13月」、Gt.「アーサー」、Dr.「アトモスフィア大西」という4名構成。
2016年7月に「ロックスターがその生涯を終える」といわれている「27歳」になる年のメンバーで結成。その後幾度かのメンバーチェンジを経て2019年11月より現体制に。翌2020年1月には新体制初となるCD「セントポーリアの育て方/終わらせたって構わないと笑った君へ」をTOWER RECORDS梅田大阪マルビル店限定でリリースするなど精力的に活動中だ。
レベル27というバンドの大きな特徴は、トリプルギター・ツインギターボーカルが奏でる音のコントラストにある。3つのギターは丸い音から芳醇な広がりのある音、突き刺さるような鋭利な音など様々な質の音を隈なく鳴らす。2つのボーカルは中性的で個性ある歌声、色気のある描写力の高い歌声と、それぞれの音のコントラストが高いのだ。

そんなレベル27は、ただのギターロックバンドとは一味違う、個性あるギターロックをかき鳴らすロックバンドだ。




・レベル27「セントポーリアの育て方」official MV 




高い疾走感の元にかき鳴らされる一つのギター。そこに厚みを加えるとドラムともう1本のギター。そしてそんなサウンドの上でキレのあるメロディックなフレーズを鳴らす3本目のギターと、冒頭のアンサンブルからしてレベル27というバンドの特徴がビシビシと伝わってくるこの楽曲。2020年1月にリリースされた両A面「セントポーリアの育て方/終わらせたって構わないと笑った君へ」の表題曲だ。

蛍光灯の下でも綺麗な花を咲かせる植物、セントポーリア。そんなセントポーリアと日向で咲けない主人公をリンクさせた歌詞は実に映像的。自然と目の前に二人の登場人物の姿が浮かび上がってくるような、描写力の高い歌詞も魅力的な1曲となっている。



 ・レベル27「終わらせたって構わないと笑った君へ」official MV 




同じくこの1月にリリースされた両A面「セントポーリアの育て方/終わらせたって構わないと笑った君へ」の、もう一つの表題曲。
「終わらせたって構わないと笑った君へ」という楽曲は、とにかくメロディーが美しい楽曲。サビのメロディーに誰もが歌いたくなるような吸引力があるのはもちろん、切なさや無常感なども内包したようなトーンで歌うAメロや、ツインボーカルのコントラストに一気に引き付けられるBメロなど、どこをとってもハートフルなメロディーを奏でている。

もっと言えばギターリフすらも歌っているようなメロディック加減で、聴いていると頭の中がグッドメロディーで溢れていく。素敵なメロディーにおぼれたい人におすすめしたい1曲だ。




質の高い音楽を鳴らすというだけではなく、そこに他のバンドにはないような個性を携えているバンド、レベル27。耳の早いリスナーにはすでに高く評価されてきているが、もっと幅広く評価されてもいいバンドであることは間違いない。

今のうちにしっかりと聞き込んでおけば、いずれ鼻高々になれる可能性もあるだろう。



【HP】

http://level27.jp/


【Twitter】

https://twitter.com/level27official?s=20


【MV再生リスト】

https://www.youtube.com/playlist?list=PLRFZV3PkG9OBfdxDT4f7ylgNCe5yVPCMN


【リリース情報】

・11/17(火)よりApple Music、Spotifyなどの各種配信サイトにて


「ぼくらなら」
「終わらせたって構わないと笑った君へ」

「オーディション」


の3曲が配信開始!


更に毎月27日に同じく各種配信サイトに1曲ずつ追加予定。

11/27(金)は「ミサイルのゆくえ」が追加。


【ライブ情報】 
11/24(火)大阪心斎橋JANUS
szsy presents「在るべき邂逅」
12/4(金)大阪阿倍野ROCK TOWN
レベル27×声にならないよ 2MAN LIVE「もう12月ですね」
12/20(日)福島郡山PEAK ACTION
「しかねこまつり」

カテゴリ一覧