• muevo
  • muevo voice
カラーウォーター 歌声のコントラストが描きだす豊かでリアルな感情

カラーウォーター 歌声のコントラストが描きだす豊かでリアルな感情

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はカラーウォーターの登場です。



『トヒロ』と『けいご』の2名からなる音楽ユニット、カラーウォーター。

カラーウォーターの綴りは『colour water』。“color”ではなく“colour”となっている。
主にインターネットを中心に活動中。


ふくよかな中低音と、突き抜けていく高めのトーンの歌声が絶妙なコントラストを描く。

そのコントラストによって浮き彫りになる感情の豊かさ・リアルさが、

カラーウォーターの音楽の一つの特徴だ。




・【オリジナル曲】「23秒のうた」/ カラーウォーター



そのタイトル通り、23秒という短尺の1曲。

普段の作詞作曲は、基本的にそれぞれ一人でやっているという彼ら。

しかしこの楽曲は、「二人で即興でやってみたら偶然に出来上がった」と話す、

共作の1曲となっている。


極めて短い楽曲の中で歌われているのは

≪ぶつかって 転んで もがく度に 僕がここにいる意味を見つけられるんだ≫というポジティブな言葉。

ともすればポジティブな言葉というのは、嫌な聞こえた方をすることもあるもの。


しかしこの楽曲では、どこか懐かしさと素朴さを感じるメロディーラインと

サウンドメイキングの中で投げかけられるから、その言葉がすっと心に入ってくる。

そして、自身もそうありたいと思わせてくれるのだ。



・【Music Video】頑張ってる君へ / カラーウォーター × ウォーターサーバー(サルコタロ&舞う運転君)



相方が落ち込んでいる時に制作したという1曲『頑張ってる君へ』。

込められている想いも、「誰かを元気にできるように」という真っ直ぐな想いだ。


その想いはサウンドメイキングにも現れており、弱った心にじっくりと沁み込んで

やんわりと持ち上げてくれるような、温かいサウンド感となっている。

確かに電子的なのに温かみがあるというのもポイントだろう。


年を重ねると、ストレートに誰かに励まされることは少なくなっていく。

そんな時この楽曲のように真っ直ぐ、

≪ほら 歌って 笑って 元気出してよ≫という言葉を投げかけてもらえると、

緊張していた心も緩和されるというもの。


同世代にはもちろんのこと、より年齢の高い層にも触れていただきたい1曲。



・【MV】瞬きの一歩 / カラーウォーター



歪んだギターと澄んだアコースティックギターのコントラスト。

そして低音と高音という歌声のコントラスト。

そんな二つのコントラストが印象的な1曲『瞬きの一歩』。

2021年の1月1日に公開された楽曲だ。


描かれているのは≪誰もが知らない物語を描いてく≫という強い意志を感じる言葉たち。

そこにはやはり彼らの持ち味ともいえるリアルな感情が香り、それが自身の心とリンクする。


何かにふつふつとたぎる想いをより強くしたい時、あるいは自分が嫌になって、

そんな自分を捨てたいと思った時、きっとこの楽曲と

そこに込められた感情が良い効果を与えてくれるだろう。




まずは「YouTubeチャンネルやサブチャンネルを通して、

いろいろな人に活動を見てもらいたい」と話す彼ら。

「ライブにもいずれ挑戦したいと思っている」

「楽曲のサブスク配信にも挑戦したい」とそれからの展開にも意欲的。

今年はより気合が入っているとの言葉もあり、今後の展開が楽しみな二人組だ。



【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCWHIVSofk3IjW_jizFpf-sQ


【YouTubeサブチャンネル】

https://www.youtube.com/channel/UClfMQuesu0YpElOTfiyCrFg/featured


【Twitter】

https://twitter.com/colourwater__06


【Instagram】

https://www.instagram.com/colourwater_06/

カテゴリ一覧