• muevo
  • muevo voice
シャンプーズ 泥臭くて人間らしい熱量が胸を刺す

シャンプーズ 泥臭くて人間らしい熱量が胸を刺す

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はシャンプーズの登場です。


下北沢発爆裂エナジーポップバンド、シャンプーズ。

メロディックパンクや青春パンク、パワーポップなどを通過したエネルギッシュなサウンドと、

人間らしさを感じる熱量の高いパフォーマンス・歌唱が心に刺さる4人組!


Vo./Gt.のモミーを中心に2017年2月に結成。同年、『シモニテ登竜門’17』にて

約400バンドの中から選出され、下北沢のサーキットフェス『下北沢にて』に出演。


それ以降、ライブハウスや関係者のバンドに対する印象も変わり、

他のフェスからも声がかかるようになったりと、

バンドの世界はガラッと変わっていった。


2018年1月よりバンドは本格始動。年間約100本のライブを行い、

見るものを着実にその熱量に巻き込んでいく。

2021年にBa.のざしきわらしが正式加入し、現メンバー編成に固まった。


2020年はコロナ禍において8月頃まで活動を自粛していたが、

8月に復帰“逆ワンマン”を開催。SNSで募集し、抽選であたった1名に対して

有観客ワンマンライブ(配信付き)を行うという面白い試みだった。


2021年6月11日にはデジタルシングル『光る街』をリリース。

月に4~5本のライブも行えるようになり、今、改めて注目度が高まっている!




・光る街


6月11日リリースのデジタルシングル。


「全ての楽曲でさみしさ、うまくいかないモヤモヤ感、

哀愁、泥臭さを意識している」と話す彼ら。

この楽曲『光る街』にも、そんな上手くいかなさや泥臭さ、

哀愁は強く香る。


シャンプーズを結成する前に、サラリーマンとして

就職していた経験もあるVo./Gt.モミー。

バンドとして本格的に夢に向かおうと足掻くが、

その中では当然挫折や苦労も多く経験してきた。


そんな自身の経験や、なかなかうまくいかない中でも

「いつか明るいスポットライトのような場所に行きたい」

と光を求める姿が映し出された言葉たちは、

きっと同じような想いを抱えて生きる人に突き刺さるはず。


ともすれば暗くなってしまう世界観の楽曲だが、

メロディーラインやサウンド・歌声などのパフォーマンスは弾けている。

そのバランス感覚も絶妙だ。



・シャンプーズ『ウルトラマリンブルー』MusicVideo



2021年2月にリリースした『ウルトラマリンブルーe.p』の表題曲。


パンクさながらの疾走感と、どこか青春の香りがする

ギターロックを融合させたサウンド感が印象的な1曲だ。


≪子供のころに見た空は手を伸ばせば届くような気がしていたんだ≫

≪今は遠い 遠すぎる空の向こうに手を伸ばす≫とうたう歌詞の世界観には

「若い頃の青い気持ちを忘れずに、夢を追いかけたい。

しかしその心は若い時ほど綺麗ではない」という想いが反映されている。


色で例えるならば、曰く「群青色」。

子どもの頃の夢を追う姿はまさしく青。

大人になってもがく日々は、その色を次第に黒に変えてしまう。

でも彼らは、黒に近くなりながらも、青にしがみ付いてがむしゃらに頑張るのだ。


キャッチーで、泣きそうになるメロディーラインではないし、

エネルギッシュな歌唱も本来涙を誘うものではない。

でも何故か、聴いていると泣きそうになってくる人も多いのではないだろうか。

この楽曲はそんな風に、心の中にしまっていたものをこじ開ける。




ここから「来年に向けて大きく発展して行く予定」だという彼ら。


「今年はその基盤作りとして、6月のリリースをきっかけに動いて行く。

一個一個のライブに命を燃やして頑張ります!ライブが全てのバンドなので、

音源も勿論のことながら、まずライブを見に来て欲しいです」とも話してくれた。


やはりその音・熱量は生で触れてこそ!

直接ライブでそれに触れた暁には、きっと長く余韻を残すはずだ。

是非情報を追いかけて、ライブに参戦していただきたい。



【HP】

https://shampoos.wixsite.com/shampoos


【Twitter】

https://twitter.com/shampoos777


【Instagram】

https://www.instagram.com/shampoos_band/



【リリース情報】

2021/06/11リリース

デジタルシングル

『光る街』

https://linkcloud.mu/17831599

カテゴリ一覧