• muevo
  • muevo voice
第1回【トクダオジーの部屋】Made in Me. ━━ 若者のクラウドファンディングブーム、と言われるくらいに隆盛の瞬間に立ち会いたい

第1回【トクダオジーの部屋】Made in Me. ━━ 若者のクラウドファンディングブーム、と言われるくらいに隆盛の瞬間に立ち会いたい

muevoのクラウドファンディングディレクター『トクダオジー』が、会社に内緒で勝手に始めた新コーナー。クラウドファンディングで自分の夢を実現するアーティストにインタビューしちゃいました!


━━ muevo voice初登場ですね!自己紹介お願いします! 


横浜/町田3voxes band Made in Me.です。 Gt.Vo彦の描くグッドメロディとラップ。Dr.Vo.ゆかり、Ba.Cho.優作も含めた3人でのコーラスワークを武器に活動中です!


━━ 今回約2ヶ月に及ぶクラウドファンディングをしていただきましたが、いよいよ明日で最終日ですね!元々クラウドファンディングという手法を取ろうと思ったきっかけはどういう経緯でした?  


普段からお世話になっていて信頼しているバンドが以前取り組んでたんです。それを見て、僕らも取り組めばその後に続く仲間がいるかもしれないと思ったからですね! 

クラウドファンディング自体の知名度はまだまだ低いと思ってるので。 


━━ うん、最近やっと音楽業界でも浸透し始めて来た感じしますね。自主でやっているバンドとかはぜひ一回やってほしい。クラウドファンディングをしたいってなった時、数社プラットフォームがある中、muevoを選んでくれた理由ってありました?


確かに今クラウドファンディングのプラットフォームは多いですよね。 

でもその中で、特に音楽に特化してるという部分は、僕らがバンドという形態をとってる以上、プロジェクトを企画する側も参加する側もわかりやすいと思ったからです。 


━━ なるほど。私いつも興味本位で絶対この質問してみるんですが、音楽専門っていう部分に惹かれて選んでいただくパターンってやっぱり多いです。 今回「全曲新曲をデジタルリリース」という内容にしたのはなぜ? 


目新しさは武器になると思ったこと、大量に放出するタイミングが欲しかったからですね。





━━ 実際にクラウドファンディングが始まってから周囲の反応とかはどうでした?


内容自体を全然理解されていなくとも、『なんかが始まったこと』や『おもしろいね』みたいに、目を引くことに成功しました。


━━ 普段から音楽活動をする上でこだわっていることってありますか?


革新的かつ先進的。それ以上に楽しみながらがモットーです。


━━ このクラウドファンディングを通して、この先こうなりたいという理想はありますか?  


何度だって挑戦したいです!

新しい経済の在り方や、株や投資などとも違う、若者のクラウドファンディングブーム、と言われるくらいに隆盛の瞬間に立ち会いたいです。未来にわくわくします。


━━ 明日はいよいよツアーファイナルですね!クラウドファンディング最終日でもあります。何か読者の皆様に伝えたいことはありますか?


読んでくれてありがとう。 

生活がある上で音楽が成り立ってる以上、テクノロジーの進化で音楽の聴き方や作り方は変化したし、ネットシステムの進化で確実に色々が変化してきてます。 

CDが売れないだの音楽が盛り上がってないだのは聞き飽きました。 全ての人間の結果が今です。 

だいたいの人はそんなに事を重大に考えてないんです。そもそも音楽なんてなくても死にません。でも僕らは死にます。 

なので、まずは同じ目線で話せる人たちとコネクトしていきたいです。そこから変化は必ず起きますから。 

この文を読んでるということがそういうことです(笑)。 

これからも末永くよろしくお願いします!! 


━━ ありがとうございました! 


横浜×町田発!3ピースロックバンド【Made in Me.】"全曲新曲"12か月連続デジタルリリースをしたい!!

6月22日(金) まで!

キャンペーンはこちら


《編集後記》 

こんにちは、Made in Me.を担当しているトクダオジーです。 

まずMade in Me.と会った時の印象、「人は見た目で判断しちゃいけないな」ってこと。 

尖ったビジュアルとは真逆で、物凄く謙虚で丁寧なメンバーでした。 

音楽的には自分が通って来なかったジャンルではありましたが、今回ご一緒する上で音源を聴かせていただいて、特に「19hours」、この曲を聴いていたら自然と涙が出て来ました。 




映画のエンディングで流れて来そうな、心が持ってかれる曲でした。 

今回企画内容を考える上で私が大切にしたのは、彼らの独特な魅力を最大限伝わる内容にしたいということ。 

CDを作りたいという相談が多い中、デジタルリリースをしたいという相談は稀でした。 

音楽の聴き方が変わって来たと共に、自主で活動するバンドの発信方法もどんどん新しくなってるなと感じたプロジェクト。 

明日はツアーファイナルということで、23:59までクラウドファンディング受け付けています!ここでしか手に入らないレアなリターンばかりですので、ぜひ沢山の皆さんのご参加お待ちしております! 


インタビュー・文/トクダオジー

カテゴリ一覧