• muevo
  • muevo voice
西恵利香 ━━ 新EP『DAY』から見る、西恵利香のアーティスト像と“日常”

西恵利香 ━━ 新EP『DAY』から見る、西恵利香のアーティスト像と“日常”

今回は、7月7日に3曲入りEP『DAY』をリリースした、シンガー・西恵利香にインタビューを決行。彼女がシンガーになったきっかけから理想とするアーティスト像を語る。また、その理想を実現すべくリリースした『DAY』の収録曲3曲へのこだわりに迫る。

━━ 今回、muevo voice初登場ということでまずは、自己紹介お願いします。


西恵利香です。普段は歌を歌ったり、ラジオDJとしても活動しています。ラジオDJに関してはFM FUJI「EVENING RUSH」という3時間生放送の番組で、水曜日の放送を担当させていただいています。



━━ 音楽活動に加えてラジオDJとしても活動してらっしゃるんですね。


そうなんです。ラジオDJをやることで音楽にも詳しくなれるし、リスナーさんの恋愛エピソードとか色々な声が聞けたりするので、それが楽曲制作のヒントになったりすることもあり、自分の音楽活動にもプラスになっています。



━━ 西さんの音楽を始めたきっかけを教えてください。


一番最初のきっかけは幼い頃から習っていたピアノですね。昔から音楽が大好きで、小学生の頃、七夕の短冊に「シンガーソングライターになりたいです」って書いたのを覚えています(笑)。

中学校で吹奏楽部、高校では軽音楽部に入部して、ポップスやクラシックなどジャンルは様々ですが、学生時代はずっと音楽しかやってこなかったので、今思えば逆に音楽に関わる以外の選択肢がなかったのかもしれません。



━━ では、本格的に歌手活動を始めたきっかけは?


高校生の時にスカウトされてオーディション番組に出演し、そこでグランプリを獲得して、ワンクール深夜番組に出演しました。そこで歌を歌う機会があり、レコーディングなども経験して、もっと本格的に歌手活動もやりたいなと思うようになったのがきっかけでした。

漠然と歌手なりたいなという気持ちはありましたが、まさか自分が歌う立場になるとは思ってなかったです。



━━ 歌手になりたいという気持ちはあったんですね!


そうですね。母親が竹内まりやさんの音楽が好きで、幼い頃からそれを聴いて育ってきたので、いつか竹内まりやさんみたいになりたいなっていうのはずっとありましたね。とはいえなれるわけないよなと思っていたので、スカウトをきっかけに本格的に歌手を目指す機会をいただくことができて、恵まれているなと思います。



━━ 彼女のどのようなところに憧れましたか?


歌声や歌詞ももちろん素敵なのですが、私が一番惹かれたのは「女性の共感を得ている」というところでした。女性に支持される女性になるのって本当に難しいなと私自身も今痛感しています(笑)。

ですが、そういうアーティスト像に憧れるし、自分もそうなりたいなと思いますね。





━━ 先日リリースされた新EP『DAY』を早速聴かせていただいたのですが、大人の女性の色気を感じるような…。まさに女性の共感を得られる楽曲だなと思いました!


ありがとうございます。そこにいき着くまでに紆余曲折ありましたが、目指していた音楽を作ることができて嬉しく思います。以前までは割と男性ファンの方が多かったのですが、ここ一年自分で歌詞を書き始めて、今の自分の率直な考えとか不安とかも全てさらけ出して詞を書くことで、女性の共感を得られるようになりました。 

それこそ、ラジオ番組でも女性からの声が寄せられるようになったり、女性の方とも関わりを持てるようになってきたので嬉しいですね。  



━━ 『DAY』はどのようなコンセプトの作品になりますか?


タイトルがDAYということで、3曲それぞれに“日常”が表現されています。

今回の作品では、私が普段感じていることだったり、ラジオのリスナーさんの恋愛相談を参考にしたりしながら歌詞を書かせていただきました。みんなにそれぞれ日常があるように、私にも日常がある。そんな西恵利香にとっての“DAY”でもあるような作品に仕上がったと思います。

また、前作のフルアルバム『s o i r é e』同様、一緒に作品を作りたい作家さんを自らピックアップして曲作りをお願いしていて、作らせていただきました。今回は3曲とも完全打ち込みのダンストラックで、ライブ中に踊りだしたくなるような楽曲に仕上がったので、是非みんなと一緒にライブで踊りたいなと思っています。



━━ それぞれの楽曲の聞きどころも教えてください。


「Palette」は、レーベルメイトのCICADAでキーボードを担当している及川くんに書いてもらっていて、彼には前作の『s o i r é e』でも曲を書いてもらっています。普段から仲良くしてもらっていることもあり、レコーディングでは力を抜いて歌えました。

今作は3曲とも、今までとは違った力を抜いた歌い方をしている、その辺りでも今までにない西恵利香をみていただけるかなと思います。 この曲では、「それぞれの色がある」「自信持って生きてほしい」という思いを込めてPaletteというタイトルにしました。特に歌詞が素敵なので、是非そこにも注目して聞いていただけたらなと思います。



━━ 「call me tonight」は西さんが作詞を担当されていますね!


ラジオでリスナーさんから遠距離恋愛の相談をいただいた時に、色々と考えさせられることがあり、それを曲にさせていただきました!

仕事の都合で転勤になったり環境が変わったりだとか、突然繋がりが途絶えることってありますよね。そういう時に、電話で声を聞かせて欲しいっていう思いを歌にしました。電話やLINEは便利だからこそ、おろそかになってしまったり、うまく気持ちが伝えられないことがあるかと思いますが、その気持ちを言葉にして伝えてほしいという思いがこもっています。



━━ 女性の気持ちを代弁した楽曲ですね!


そうですね。多くの女性の方に共感してもらえるんじゃないかなと思います!

ちなみに、3曲目のリードトラック「DAY」に関しては、男女問わず共感してもらえるんじゃないかなと思います。ステージにいる人とかってキラキラしていて、なんとなく特別な存在のように感じると思うんですけど、私だって朝起きて仕事行きたくないなーって思うことがあるし、みんなと同じ普通の人間なんです(笑)。私もみんなと一緒なんだよっていうところに焦点を当てて作詞しました。




━━ 今回は、会場と配信限定での販売とのことですが、会場限定盤にはフォトブックも付いてくるんですね。


そうなんです!フォトブックも「DAY」というタイトルで、西恵利香の日常にカメラマンさんに入ってもらって、朝から夕方まで撮影しました。 

普段よくライブをしている代官山、表参道、青山辺りで撮影させていただき、カメラマンさんも女性だったので、女性目線のかっこいい、そしておしゃれな写真が撮れていると思います。配信で聴いていただくのももちろん嬉しいですが、是非フォトブックの付いたCDも手にとってもらえると嬉しいです!  



━━ では、最後にファンとmuevo voiceの読者の皆さんに一言お願いします!


今作は日常をテーマにした作品になるので、3曲ともどこかで共感してもらえるような作品に仕上がっていると思います。少しでも皆さんの“DAY”に寄り添うことができたら嬉しいです。

音源を聴いていただいて生で聴いてみたいなと思う方がいたら、ぜひライブに踊りに来てほしいなと思います!



━━ 西恵利香さん、ありがとうございました!



photo by tsugumi.

インタビュー・文/下森也実




【CD情報】

『DAY』

会場限定BOOKLET(全14P)+CD:¥1,800(TAX IN) 

配信:¥750(TAX IN) 

LABEL:PARA DE CASA 

TRACK LIST 

01. Palette 

02. call me tonight

03. DAY

 

BUY for 

ライブ会場 / iTunes / and more

itunes:https://itunes.apple.com/jp/album/day-single/1408454559

 

※会場販売+配信限定EP


【Twitter】https://twitter.com/nishierika_111

【HP】http://www.nishierika.com

カテゴリ一覧