• muevo
  • muevo voice
宮本毅尚 新曲「Yellow」で、自身のルーツであるブラックミュージックを日本語で表現

宮本毅尚 新曲「Yellow」で、自身のルーツであるブラックミュージックを日本語で表現

―宮本毅尚さんの音楽を聴いたことがない方にどんな音楽かを説明するとしたらどう表現しますか?


日本語でソウルミュージックを歌おうと四苦八苦してる音楽です。



―曲の作り方を教えていただきたいのですが、いつもはどういう方法で作っているのですか?


曲先/詞先、色々な作り方に挑戦したいので、ルーティンみたいなものは決めていません。好きな曲をたくさん聴いて、好きなコードをたくさん使って、メロディに自分なりの“好き”を詰め込むというのは、作り始めた当初から変わってないと思います。

 


―7/31に配信限定シングル「Yellow」をリリースされたと言うことですが、こちらの曲の聞きどころやこだわりがございましたら教えてください。


サウンドプロデュースの井上惇志さん(showmore)がアレンジしてくれたコード、そしてコーラスの積み立てを聴いて欲しいです。コーラスのレコーディングでは、積み立てが難しくて四苦八苦しました(笑)。コーラスは積み立てが終わるまで姿が見えないのですが、出来上がった時になるほど!と納得させてくれるのはすごいなぁと感心してしまいました。コーラスのおかげで音の世界が広がった実感があるのでそこは聴いて欲しいですね。


 

―8/29に代官山LOOPにてワンマンライブがあるとのことですが、どのようなイベントになりそうですか?


今までやってきた音楽と、自分が好きな音楽を融合させるライブを今回は目指しています。どこまでいっても日本語でソウルミュージックをするんだと強く思っているので、ビートやグルーヴに妥協しないライブができると思います。とにかく、ノリに来て欲しいです。


 

ーどんな方に見に来てほしいですか?もしくはどのように楽しんでほしいですか?


楽しみ方としては、とにかく揺れて欲しいと思ってます。僕らの音と言葉で、しっかりノってもらえるライブを提供したいので。


 

―シンガーソングライターとしての目標、もしくはこれからこういう野望があるという、今後のビジョンをお聞かせいただけますか?


聴いてくれる人には、しっかり音に繋がってノって欲しい気持ちが強いので、自分の音楽を突き詰めていくことがもっと必要かなと思います


 

―それを実現するためにどう頑張っていきますか?


好きな音を聴いて感じて、自分なりの音を表現する。これをやり続けていくことだと思ってます。


 

―お知らせしたいリリース情報を教えてください。


7/31(水)リリース

配信限定シングル『Yellow』


各種サイトにて配信中

https://digitaldistribution.lnk.to/yellow (←配信サイトのリンク一覧ページです)


 

―お知らせしたいライブ情報を教えてください。


2019年8月29日(木)@代官山LOOP

『宮本毅尚ワンマンライブ2019 〜でもやるんですわ!腹据えて!〜』
OPEN:18:45 START:19:30
前売券:¥4,500(+1drink)
【チケットのご購入はこちらから】



【宮本毅尚 プロフィール】
1984年7月31日生まれ。香川県出身。
2015年 TBS『Sing!Sing!Sing! 2nd Season』出場。本選のサバイバルに勝ち抜き、ファイナリストとして決勝に駒を進め、TOP5に選ばれる。決勝トーナメントで唄ったカバー曲は、2ndシーズン終了後も多くのテレビ視聴者に響き続け、その後、Amazonで配信されたファイナリストの楽曲の中ではダウンロード数トップになるなど、大きな反響を集める。
2016年7月にEP.『SUMMER OF LOVE e.p.』、2017年7月にミニアルバム『Will you marry me』をリリース。
そして2018年10月31日に、豪華アーティスト陣からの提供曲を収録した最新ミニアルバム『GIFT』をリリース。
ライブ活動も精力的に展開し、エモーショナルで芯のあるベルベットボイスが多くのファンを魅了している。





【LINK】 

宮本毅尚 公式ホームページ : http://miyamototakehisa.com/
宮本毅尚 公式Twitter : https://twitter.com/takegrooveh
宮本毅尚 公式Instagram : https://www.instagram.com/takegrooveh/

カテゴリ一覧