• muevo
  • muevo voice
ウタエル ━━ いかなる炎上ネタもオモシロ音楽に早変わり!ギリギリを極める痛快エンターテイメント

ウタエル ━━ いかなる炎上ネタもオモシロ音楽に早変わり!ギリギリを極める痛快エンターテイメント

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はYoutuberウタエルの登場です。



時事ネタや炎上ネタ、話題の人などを歌にしていじくり倒すというその斬新な動画が一躍話題となった大人気Youtuberウタエル。

元々音楽業界にいたというウタエルは、エンタメ業界で生き残るためYoutuberになることを決意。

人気Youtuberとして活動するシバターが弟子の募集を開始したことを受け応募し、見事合格。シバタープロデュースのもと、ウタエルはYoutuberとして活動をスタートさせた。
作曲が得意というウタエルの才能を活かすため、シバター発案のもと音楽系Youtuberとして世間で流行りのネタを中心に、独自の曲を編み出している。
現在チャンネル登録者数は15万人を突破し、動画の中には160万再生という驚異的な記録のものもある。
時事ネタの他、あるあるネタや、都市伝説ネタなどを歌に盛り込み、テレビなどでは放送できないようなギリギリなエンターテイメントとして、動画を更新しつ付けている。
仮面をつけた真っ白な顔がトレードマークで、音楽のみならず映像にも細かなギミックが施されている。
すべてウタエル一人で制作しているからこそ、バリエーション豊富な動画が揃い、気持ちが良いほどどこまでも自由奔放であり続ける。
今回は、エンターテイナー・ウタエルが送る痛快作品を厳選してご紹介。枠に囚われない面白フリースタイルをご覧頂こう。


●【合唱】DA PUMP / U.S.A. 合唱曲アレンジ(合いの手コール付き)作:ウタエル


まずは、今話題のDA PUMPの「U.S.A」を、合唱曲風にアレンジしたというこちらの動画からご覧頂こう。
前々から歌詞が面白い曲や流行りの曲を合唱曲にしてみたいという欲求があり、実験的に取り組んでみたという今作は、本家とは違うピアノアレンジにも関わらず、本家に劣らないハチャメチャ感が際立っている。
白い仮面姿の学生服ウタエルが大量発生し、終始ゆるいダンスを踊っているのだが、シンクロしない動きから目が離せず、思わず食い入るように見つめてしまう。
サビのダンスは本家そのまま。しかし、本家ならばその振りに目がいくのだが、ウタエルの動画ではこれまたゆるい合いの手コールと絶妙に上手いオペラ調のハモりに注意を引かれてしまう。色んなものが遊び回るように、2分10秒の間飛び回り続ける。登場するウタエルは1人ずつ何をやっているのか、いくつも重なる歌声はどんなメロディを歌っているのか。一回見て聴くだけでは脳が追い付かない。そして、また見たくなる。この中毒性をぜひとも感じてほしい。



●ラファエルに直接会ってディスる歌「ラファエルクッキング最高」 作:ウタエル


こちらは、大人気Youtuberラファエルを思いっきりいじったウタエルのオリジナル楽曲。
ラファエルの自宅で撮影したという今回の映像は、ウタエルとラファエルのみならず、プロデューサーであるシバターも参加。豪華な面々となっている。
他の楽曲よりもクオリティを高めて作ったという今作は、しっとりとしたミドルナンバーだ。切なさを感じさせるメロディは、音源だけ聴くと涙を誘われそうなほどだ。
しかし、見逃せないのは歌詞だ。ラファエルの胸毛やお腹の肉に触れたり、料理がおいしくないというディスり尽くしなのである。
しかし、これはラファエルへの愛情表現。本人が出演しているともあって、ユニークな内容として受け入れ、盛大に笑ってもOKということだ。
出演者をすべて知っている人には“あるあるネタ”として爆笑必須。また、当人たちを知らないという方もクスッと笑える歌詞になっている。言葉ひとつひとつに注目して聴いてほしい。


●【勝手に作るテーマソングシリーズまとめ】ブライアン・てんちむ・きまぐれクック・レペゼン地球・今日ヤバイ奴に会った・圧倒的不審者の極み!・大坂なおみ 作:ウタエルシバター


プロデューサーであるシバターのチャンネルテーマソングをつくったことが話題となり、それを良しとしたウタエルはその他人気Youtuberのテーマソングを無許可でつくるようになったという。
音楽はもちろん、動画に登場する絵とアニメーションもすべてウタエル本人が作成。
勝手につくったテーマソングではあったが、本人たちが気に入って、自身の動画のテーマソングに採用したという。
ウタエルの動画には、いじり相手へのリスペクトと愛が込められている。
例えばきまぐれクックかねこへのテーマソングでは痛風予備軍といじりながらも、「どんな強敵でもおいしくする」という動画のキャッチコピーとなるワードを盛り込んでいる。取り上げる相手の動画とその持ち味を歌詞の中でしっかりとアピールしているのだ。
これは愛とリスペクトがあるからこその妙である。だからこそ悪口で終わらず、“喜ばれる動画”として今日まで愛されているのだ。


面白いことに貪欲に。どんなネタもウタエルにかかれば、オモシロ音楽として生まれ変わる。
今後はYoutubeというバーチャル世界を飛び出して、オリジナル曲中心のライブイベントをやってみたいと目論んでいる模様。そして自身の悩みのタネでもある痔をテーマにした曲でメジャーデビューを狙っているそうだ。
Youtuberとしてはもちろん、動画という枠を飛び越えてさらなるエンターテイメントを求め続けるウタエル。愛とリスペクトを持って、メインストリームに降臨する日も近い。

彼のギリギリを極めるエンターテイメントショーを拝める日を楽しみに待っていようではないか。


【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCHvFSU5OP6c7QcJxIr87YtA

【Twitter】https://twitter.com/utaelchannel

カテゴリ一覧