• muevo
  • muevo voice
西沢幸奏 ━━ 本物の「ロック」の精神を胸にただ歌う… 「アニソン」の枠を超えて突き進む異色のロックシンガー

西沢幸奏 ━━ 本物の「ロック」の精神を胸にただ歌う… 「アニソン」の枠を超えて突き進む異色のロックシンガー

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は西沢幸奏の登場です。



J-POPシーンの中でも、最早ひとつのジャンルとして確立されるほどの人気を見せている「アニソン」。そんなアニソンの中でも、ギターを手に”ロック”色を前面に押し出して独自性を見せているのが、埼玉県出身の女性シンガー・西沢幸奏だ。

中学時代に父親のギターを手に取ったことが音楽の道を志すきっかけになったという彼女は、2014年に「第一回フライングドッグ・オーディション」でグランプリを獲得。このことが業界関係者の注目を集め、翌年2015年2月にシングル「吹雪」をリリースしてデビューを果たす。「吹雪」はアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」のエンディングテーマになり、デビュー曲にして西沢幸奏の名前を広く知らしめることになった。

その後も順調に活動を続け、現在のアニソンシーンを代表する人気シンガーの一人になった彼女。その活動スタイルの特徴は、アニソンシンガーながら「ロック」であるという一面を強調している点にある。
自らギターをかき鳴らしながら歌う様は、「アニソン」という枠を超えて、確かな存在感とカリスマ性を感じさせる。2018年9月にはロックバンド中心の大型フェス「イナズマロックフェス」に出演するなど、一人のロックシンガーとして評価と人気を得ているのが最大のポイントだ。
そんな西沢幸奏の楽曲を実際に聴いて、彼女の持つ魅力を体感していこう。


●吹雪


西沢幸奏の名前を広めるきっかけになったデビュー曲「吹雪」は、壮大なサウンドの中に彼女の力強い声が響いてインパクトを残すキラーチューンだ。
戦艦を擬人化した少女たちが戦うアクションアニメである「艦隊これくしょん -艦これ-」。そのアグレッシブな世界を体現するように、サウンドにはロックとシンフォニック両方の色が強く表れている。そこに乗る西沢幸奏のボーカルは可憐さの中にもストレートなパワーがあり、彼女が「第一回フライングドッグ・オーディション」の王座を勝ち取った実力者であることを実感させる。
海外のアニメファンからも大人気で、ライブでは大合唱になるというこの曲。キャッチーでパワフルな、王道のアニソンナンバーだ。


●The Asterisk War


アニメ「学戦都市アスタリスク」のオープニングテーマになった「The Asterisk War」は、西沢幸奏の「アニソン歌手でありながら本格ロックシンガー」というキャラクターを決定づけた一曲だ。
MVでは自身もギターを手に取って歌う彼女の姿を見ることができるが、その佇まいは紛れもなく「ロックシンガー」であり、突き抜けるような疾走感と張り詰めた緊張感を描いている。
否応なしに聴き手から高揚感を引っ張り出す、鮮烈なロックナンバーだ。


●しえなの部屋


埼玉県出身の西沢幸奏は、テレビ埼玉「超時空彩の国S.T.M」の中に、「しえなの部屋」というコーナーを持っている。
MVやライブで見せるロックシンガーとしての激しい一面とは打って変わって、穏やかでどこか天然な雰囲気も見せてくれる彼女。普段はなかなか見られない彼女の「素」の表情に触れることができるのが、この番組の最大の魅力だ。
コーナーの目玉としては「即興作曲」があり、その回のテーマに沿った曲を彼女が特技の即興で弾き語ってくれる。ゆるさの中にもしっかりとアーティスト性を見られる場として、西沢幸奏ファンなら必見だ。


「ロック」を武器に、アニソン界でも唯一無二の魅力を放っている西沢幸奏。
シンガーとして着実に人気と実績を積み重ねていて、これからますます大きな存在になっていくのは間違いない。
2018年は「Shiena Nishizawa LIVE TOUR 2018 “Naked Soul”」を開催していた彼女だが、12月14日には追加公演の開催も決まっている。ここではフルバンド形式でのライブが披露されるそうで、彼女の「ロックシンガー」としての魅力を最大限に体感することができるだろう。
ますます勢いを増す西沢幸奏のこれからの活躍に、しっかりと注目していきたい。



【イベント情報】
Shiena Nishizawa LIVE TOUR 2018 “Naked Soul”追加公演「PERIOD」
2018年12月14日(金)
[東京都] 新宿LOFT
Open 18:15 / Start 19:00

チケット料金
前売 5,000円 / 当日 5,500円 (税込/別途ドリンク代必要)
※オールスタンディング 整理番号順入場
※未就学児入場不可

カテゴリ一覧