• muevo
  • muevo voice
ひかりのなかに 新時代の邦ロックシーンに輝きはじめたひとつの灯火

ひかりのなかに 新時代の邦ロックシーンに輝きはじめたひとつの灯火

2018年末に開催されたROJACK for COUNTDOWN JAPAN 18/19。そこで見事優勝を飾り、現在の邦楽ロックシーンで話題をさらっているのが、都内を中心に活動中のスリーピースバンド「ひかりのなかに」だ。

高校の軽音楽部で結成されたひかりのなかには、現役高校生で結成二年半という若いバンドながら、確かなメッセージ性を持つ楽曲とエネルギーに満ちたライブパフォーマンスで早くも大きな注目を集めている。

バンドの軸になっているのは、Vo.Gt.ヤマシタカホのパワフルなボーカルと、個性とキャッチーさを併せ持った作曲センスだ。

幼少期からピアノやエレクトーンなどで音楽に親しみ、音楽・ライブ好きな母親の影響でバンドの世界にはまっていったという彼女。サブスクリプションサービスで多くの音楽に触れる一方でライブハウスにも頻繁に通って多くの演奏に触れ、「軽音楽部が有名な高校でバンドを組む」という気持ちでの進学から今に至るという。
ヤマシタの突き抜けるような歌声とこれまでの音楽経験に裏打ちされたメロディメーカーとしてのセンス・技術に、Ba.たけうちひよりとDr.ジョーの地に足の着いたリズム隊が合わさり、「ひかりのなかに」というひとつのバンドは今を生きている。


・ひかりのなかに / 冴えない僕らに灯火を - Music Video 


「自分をさらけ出す」という視点から生まれたという代表曲「冴えない僕らに灯火を」。そこには、現在の自分たちや周囲の評価への葛藤、それをエネルギーに変えて前進しようとする決意が描かれている。
「10代」「現役高校生」「初期衝動」「ROJACK優勝バンド」。話題性の途切れないバンドとなっているひかりのなかにだが、一方で「自分たちが伝えたいことや、曲の魅力の表面しか伝わっていない」と感じることもあるという。

その焦燥を振り切るように歌われるメッセージには、自分の弱さも未熟さも受け入れた上で見出された確かな希望が表れている。



同年のROJACK優勝者たちと比べて、まだ自分たちが洗練されていないと感じたという3人。しかし、その若さから来る無尽蔵のエネルギーは彼らをますます高みへと押し上げる大きな武器であり、同時にその楽曲の中には、これからバンドとしてさらに研ぎ澄まされていくであろう確固たる魅力がある。
「軽音部出身の高校生バンド」から、ただ「バンド」として、その評価がますます高まっていくのは間違いないだろう。
ROJACKをきっかけに人気レーベルのA-Sketchとつながり、スタッフもついてより多くの支えを受けるようになったひかりのなかに。アーティストとしての意識も急速に成長していくなかで「20歳までに武道館」という大きな目標に向けてますます勢いを増している。
8月には大型フェス「ROCK IN JAPAN FES. 2019」への出演も控える彼女ら。その歩みに、これからも要注目だ。


【公式HP】

https://www.hikarinonakani.com/


【Twitter】

https://twitter.com/Hikar_nkn 


【イベント情報】 

8/12(月・祝) ROCK IN JAPAN FES. 2019
8/19(月) 新宿LOFTの夏祭り@新宿LOFT
9/14(土)〜9/16(月・祝) TOKYO CALLING 2019


【リリース情報】 

1st Mini Album「放課後大戦争」2019/6/26(水)Release

カテゴリ一覧