• muevo
  • muevo voice
学芸大青春 次元の壁を越えて躍進していく実力派アイドルグループの物語に刮目せよ

学芸大青春 次元の壁を越えて躍進していく実力派アイドルグループの物語に刮目せよ

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は学芸大青春の登場です。



圧倒的な楽曲とパフォーマンスのクオリティ、そしてメンバーそれぞれが持つストーリーで

魅せるバーチャルアイドルグループ、学芸大青春(ガクゲイダイジュネス)。


相沢勇仁、星野陽介、南優輝、内田将綺、仲川蓮の5人から成る学芸大青春は、

2019年9月に活動を開始。現在は学芸大の近くで共同生活を送りながら

グループとしての実力を磨いており、それが「学芸大青春」というグループ名の由来にもなったという。


グループのストーリーを知ることができる専用アプリも配信しており、共同生活の日々を発信。

自分たちのリアルタイムの成長物語を

ひとつのドキュメンタリーとして公開しながら、着実に支持を広げてきた。


彼らのユニークな活動スタイルを、

プロデューサーの杉沢氏は名作青春漫画「スラムダンク」に例えており、

このことは上記ストーリーアプリでもメンバーを鼓舞する際に語られたことが描写されている。


これまで世間からノーマークだった青年たちが、メンバー同士の化学反応と努力、

そしてそこから生まれるミラクルによって躍進していく。

新しい環境でスタートを切り、ファーストライブも成功させるなど、

そのストーリーは一歩ずつ形になっているという。


「共同生活を送っている彼らだからこそ、

成長も早く、チームワークも良くなっている」と杉沢氏は語る。


ゆくゆくは3次元で活動することを目指し、

その前身として現在はバーチャルの姿で活動しているという学芸大青春。

メンバーの人間味が伝わる活動スタイルで支持を確立し、

3次元と2次元を融合させた表現で、今大きな注目を集める存在だ。




・【MV】自戒曲『Hit me !』学芸大青春 / 過去の過ちは、全て自らの糧になると信じて…。




学芸大青春の代表曲のひとつ「Hit me !」は、アグレッシブなサウンドと力強いボーカルワーク、

圧倒的なクオリティのパフォーマンスが印象的なキラーチューン。


バーチャルでありながら実写さながらのダンスが映し出されるMVの

インパクトも抜群で、3Dモデルの精度の高さも圧巻だ。


K-POPにルーツを持つというクールな音楽性も注目ポイント。

いい意味でバーチャルアイドルらしくない挑戦的なサウンドに注目してほしい。



・【MV】恋躍曲『I'm in love』学芸大青春 / 初デートの前の男子なんてこんなもんです。




ミニアルバム「Hit me !」の収録曲のひとつ「I'm in love」は、

ファンクダンスポップの曲調が印象的なナンバー。


キャッチーでポップな仕上がりになっていて、

「Hit me !」とはまた違ったキュートな一面も見ることができる。


3次元でMVが制作されているのもポイントで、

メンバー5人の後ろ姿までを見ることができたりと、

彼らの素顔が少しずつ明らかになっていく活動のストーリーも感じ取れる作品だ。



・真夏のSunshine!!


ミニアルバム「Hit me !」のボーナストラックとなっている「真夏のSunshine!!」は、

学芸大青春にとって初のキャラクターソング。


5人が出演した3Dドラマ「漂流兄弟」での役柄・樹根洲兄弟として歌う楽曲になっていて、

同作でマダラメ博士を演じた浅沼晋太郎氏とコラボしているのも注目ポイントだ。


ミニアルバム収録曲の中でも「裏の推し」として、

他の楽曲と併せて聴いてみてほしい。




今後も4/28の Zepp Namba (OSAKA)、5/4 のKT Zepp Yokohamaでのライブ開催や、

2月24日のミニアルバム「Hit me !」リリースなど、さらなる活動展開を控えている学芸大青春。


さらにライブストリーミングなどの計画もあるそうで、

バーチャルアーティストとしてもライブアーティストとしてもますます躍進していく彼らに期待が高まる。

「VR」というコンテンツを活かしての世界進出も目標にあるという彼ら。

そのさらなる飛躍から、目が離せない。



【公式HP】

https://gjunes.com/


【YouTube】

https://www.youtube.com/c/GAKUGEIDAIJUNES


【Twitter】

https://twitter.com/GD_Junes


カテゴリ一覧