• muevo
  • muevo voice
Subway Daydream 時代も国境も超えて繋ぐ、懐かしくも新しいサウンド

Subway Daydream 時代も国境も超えて繋ぐ、懐かしくも新しいサウンド

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はSubway Daydreamの登場です。


2020年に結成にしたバンド、Subway Daydream。

メンバーは双子の兄弟であるGt.『藤島裕斗』、Gt./Vo.『藤島雅斗』、

Vo.『たまみ』、Dr.『Kana』という4人組編成。


2020年6月、3曲入りの自主制作盤『Twilight』をリリース。

音楽感度の高い関係者やリスナーの間で話題となる。

2021年4月には初の全国流通盤EP『BORN』をリリースし、

改めてその注目度を高める。


『eo Music Try 20/21』では計1279組の中から

決勝7組に選出され、最終的に準グランプリを獲得。

楽曲の質だけではなくそのパフォーマンスレベルも証明されている、

現在進行形で音楽シーンを突き進む4人組だ。




・Subway Daydream - Freeway (Official Video)



2021年4月リリースのEP『BORN』の1曲目に収録されている楽曲『Freeway』。


初期の自主制作盤の時からある楽曲で、今回再録しEPのリード曲に。

今ではライブ定番曲となっているという1曲だ。


90年代アメリカをイメージしたFreeway的な疾走感を覚えるサウンドには、

同時代のオルタナバンドやグランジの荒々しさも宿る。

それでいてキャッチーでエバーグリーンな

メロディーラインがあるのがポイント。


ある人には懐かしく響き、ある人には斬新に響く、

老若男女すべての世代に刺さるポイントがある楽曲だといえるだろう。

それを歌う女性Vo.たまみの溌剌とした歌声、

また男性Vo. 雅斗の等身大な歌声も魅力的。


サビで重なり合う熱いコーラスからは、

ライブでの盛り上がりが想像できるところも気分を上げてくれる。



・Subway Daydream - Fallin' Orange (Official Video)



同じくEP『BORN』収録曲『Fallin' Orange』。


EPに先駆けて先行配信リリースされた同曲は、

いま現在ストリーミング上で最も聴かれている曲であり、

Subway Daydreamの多様な音楽性のうちの一つを象徴する楽曲。


80~90年代の洋楽がバンドのルーツという彼らだが、

この楽曲では80年代イギリスのネオアコサウンドの影響を感じさせる。

アコースティックの温かみや懐かしい雰囲気が出ていて、耳なじみは抜群。

ノスタルジックなサウンド感に、没入してしまう。


もちろん例によってメロディーラインは美しい。

特にサビのメロディーラインには沸き立つものがある。

サウンドは80年代よりだが、メロディーラインは

90年代J-POPを彷彿とさせるというのも特筆すべき点だろう。


また、ツインボーカルのうちの男性ボーカル・雅斗から歌が始まるというのもポイント。

その優しい歌声とサウンドの相性の良さに、一聴で惹きつけられる。



・Subway Daydream - Teddy Bear (Official Video)



90年代シューゲイザーを彷彿とさせる楽曲『Teddy Bear』。


当時のシューゲイザーの中でも、特にRideのようなサウンドを

彷彿とさせるその音からは、疾走感と荒々しさ、

そして美しさを同時に感じることが出来る。


メロディーラインもどこか当時のそれを彷彿とさせながら、

サビではやはりぐっとキャッチーになる。


そのサビの開け具合が気持ち良いというのが、この楽曲のキモだろう。

一気に爆発する最後のサビに至るまで、

ぐっと抑えた雰囲気で持っていくという構成も巧みだ。


それまではたまみの歌声しか聞こえてこないが、

サビでは下に雅斗の歌声が重なり厚みが増す。

その心地よさを目当てに、何度も聴きたくなる1曲だ。




「新型コロナウイルス感染拡大の影響によってレコ発が延期になってしまったが、

状況を見つつ開催したい。こんな状況だが、一人でも多くの人に知って聴いてほしいし、

今後もよりいい曲を作っていきたい」と話す彼ら。


また80年代~90年代の洋楽をはじめ、過去から現在、邦楽洋楽を問わず

様々な音楽性を取り入れキャッチーにアウトプットする彼らには、

「自分たちの音楽をきっかけとして、様々な音楽に親しんでもらいたい」という思いもある。


実際彼らの音楽から、80年代~90年代のサウンドに

興味を持つ人もたくさんいることだろう。

そうして当時の音の魅力に触れた暁には、その時代の音楽だけではなく、

彼らの音楽も、ますます好きになるはずだ。



【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCtInQu55cDjFek4Q2YlsLJw


【Twitter】

https://twitter.com/subway_daydream


【Instagram】

https://www.instagram.com/subway_daydream/



【ライブ情報】
7月3日 大阪 心斎橋周辺『見放題 2021』

7月10日 大阪 心斎橋周辺 Pangea & HOLIDAY! RECORDS presents

『COME TOGE-THER MARATHON 2021』

7月18日 大阪 心斎橋ANIMA calm presents『Lucky for Some』

カテゴリ一覧