• muevo
  • muevo voice
GAO 活動30周年を迎えた今なお追求し続けるロックの新境地

GAO 活動30周年を迎えた今なお追求し続けるロックの新境地

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はGAOの登場です。


国内ロックシーンで常に存在感を示し続けてきたアーティスト、GAO。


1991年にアーティストとしてメジャーデビューを果たしたGAOは、

力強くハスキーな歌唱で注目を集め、セカンドシングル「サヨナラ」が

ミリオンヒットを記録してNHK紅白歌合戦にも出場するなど大きな話題を呼んだ。


女性シンガーであるGAOだが、当時は性別不詳の謎のアーティストとして

世代も性別も問わない支持を獲得している。


メジャーでの活動に終止符を打った後は音楽プロデューサーとして活動し、

2009年に自身のレーベルSOHO REXを設立してGAOとしての活動を再開。

以降もコンスタントなライブや作品リリースを続けてきた。


また、近年はプロジェクトBlack Carpetのボーカルとして精力的に活動しているGAO。

2020年にはBlack Carpetとしてミニアルバムをリリースし、

2021年4月からはシングルの配信リリースも行うなど、ますます勢いを強めている。

今年でデビュー30周年を迎える実力派ベテランシンガーとして、さらに要注目の存在だ。




・Black Carpet - Blind Dog (audio)



2021年4月にリリースされた「Blind Dog」は、

「大事なピンキーリングをなくしてしまったこと」を

歌詞のストーリーの軸にしているというロックナンバー。


バスドラムの重低音が爆発的なビートを生み出し、

歪んだギターの音色がざらついたアクセントを作り上げている。


ロックアーティストとしてのGAOの持ち味が発揮された、

ド直球のキラーチューンとしてまず聴いてみてほしい。



・Black Carpet - Poison Black (Live)



グルーヴィーなハードロックナンバー「Poison Black」で

歌っているのは「金に群がる音楽ビジネスの人々」。


使い捨てられるエンターテインメントの現状を、蜘蛛や蛇、

濃霧などのワードで不穏な世界観を構築しながら表現しているという。


ライブアーティストとしてのGAOの迫力を体感できるパフォーマンス映像も注目ポイント。

ギターとリズムセクション、コーラスまでこなすもう一人のメンバーT氏の技巧や、

堂々とした佇まいで歌唱するGAOのカリスマ性に注目だ。



・Black Carpet - God Bad Blood (M.V.)



ライブやショーの前の儀式となる、衣装決めや心の準備などの

ルーティーンをテーマにしたという「God Bad Blood」。


ロックの持つ反骨精神や、周りに構わず我が道を突き進む感情を込めた

普遍的なロックソングに仕上がっているという。


ハードロックやオルタナティブロック、インディーロックなど

多彩なロックジャンルを取り入れて昇華してきたGAOだからこその、

シンプルな中にも深いテーマ性を持った一曲として必聴だ。




活動30周年を迎えた今、あらためて

「音楽はこの先も続けていく」と語っているGAO。

アーティスト仲間を増やし、自身が他のアーティストの活動や

作品に関わるようなことも挑戦していきたいそうだ。


また、30周年を記念するプロジェクトでは、

アコースティックによる表現を追求する試みもしていくという。

Black carpetとしてもさらに新曲発表を続けていくそうなので、

GAOの今後の活躍にますます注目だ。



【公式HP】

https://www.gagagagao.com/


【Twitter】

https://twitter.com/gao_tw


【Instagram】

https://instagram.com/gagagagaostagram

カテゴリ一覧