• muevo
  • muevo voice
reGretGirl 描き続けるのは、あの日の情景と感情

reGretGirl 描き続けるのは、あの日の情景と感情

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はreGretGirlの登場です。


次世代邦楽ロックシーンの最有力ブレイク候補として話題を集めるロックバンド、reGretGirl(リグレットガール)。

平部雅洋 (Vo./Gt.)、十九川宗裕 (Ba.)、前田将司 (Dr.)の3人で大阪を拠点に活動する彼らは、自ら「女々しい」と表現する切なくノスタルジックな詞世界と、それを瑞々しいほどまっすぐに伝えるキャッチーなメロディ、軽快なサウンドによって、圧倒的な勢いで支持を集めてきた。
2017年12月には初の全国流通盤となるミニアルバム「my」をリリースし、リード曲「ホワイトアウト」のMVは2019年5月の時点で960万再生を突破。カリスマタレントの藤田ニコルから楽曲を紹介されてTik Tokなどでも使用されるなど、10代を中心に爆発的な人気を集めた。
続いて、2018年10月には2ndミニアルバム「take」でさらに進化した世界観を見せ、再びスマッシュヒットを記録している。
一方で直球のライブバンドとしても知られ、数々のフェスやサーキットイベントに出演。
「reGret(後悔する)Girl(女の子)」というバンド名の由来は、平部の「自分を振った彼女を後悔させてやる」という決意から。女々しいほどに素直だからこそ響いてくるストーリーが、彼らの最大の魅力だ。

・Shunari



2ndミニアルバム「take」の収録曲のひとつ「Shunari」。そこでは過去の恋を思い返す切ないストーリーがくり広げられ、文字通り「女々しい」想いがぶちまけられる。

情景のひとつひとつや空気の匂いまでもが伝わってくるような描写の数々は、どうしようもなく胸をしめつける。誰の心の中にもある失恋の記憶が呼び起こされて、心を焦がす名曲だ。
メンバー全員一致でリード曲になることが決まったそうで、廃校を舞台にした映像の世界観もより切なさを引き立てる。歌詞の物語やMVの風景は続いて紹介する楽曲にもつながっているので、じっくりと触れてみてほしい。

・黒鳥山公園



同じく「take」に収録されている「黒鳥山公園」。そのタイトルは、平部が実際に青春時代を過ごした、思い入れのある公園からとられているという。

優しいサウンドの中にも張り裂けそうな心情が込められたこの曲は、先に紹介した「Shunari」とリンクしたストーリーで、MVも同じ世界観になっている。2曲の歌詞や映像を照らし合わせながら受け取ってみよう。

・ピアス



「take」の3つ目のリード曲となる「ピアス」は、ロックバンドとしてのreGretGirlの熱さがよりダイレクトに伝わってくる、疾走感のあるアップナンバーだ。

この曲も「Shunari」「黒鳥山公園」とリンクした描写があり、3部作のようなかたちでリアルな恋のストーリーを感じられる。
「失恋」と「ピアス」。どちらも痛みを伴って、ずっと傷が残る2つのものを重ね合わせた表現は、等身大の感情を鮮烈に見せてくれる。
ライブでもフロアから手が突き上がるという、インパクトの強いキラーチューンだ。


reGretGirlの世界観はどこまでも生々しく、だからこそ、曲のストーリーに素手で触れているかのような立体感をもって響く。
青々とした青春の日々を飾ることなくかたちにしているからこそ、彼らの音楽は、ライブで多くの観客が涙を見せるほど深くファンの心に届いてきたのだろう。
若い世代を中心に話題が広まり、現在は年齢も性別も関係なく幅広い層から支持を集めているreGretGirl。現在進行形で成長を続ける彼らの表現が、これからどのように進化していくのか、目が離せない。

【公式HP】http://regretgirl.com/


【リリース情報】
2nd mini album『take』
1. Shunari
2. replay
3. (L)ONLY
4. イズミフチュウ
5. よわむし
6. ピアス
7. 黒鳥山公園
レーベル: No Big Deal Records 
価格: ¥1,800(税抜) | 品番: NBPC-0059 

【ライブ情報】
2019.06.02 - 【東京・oneman】渋谷WWW
2019.06.03 - 【大阪】心斎橋BIGCAT
2019.06.15 - 【愛知・oneman】池下CLUB UPSET
2019.06.30 - 【大阪・oneman】梅田Shangri-La
2019.07.06 - 【大阪】見放題2019 @大阪ミナミエリア複数会場
2019.07.13 - 【東京】JAPAN'S NEXT 渋谷JACK 2019 SUMMER @渋谷エリア複数会場
2019.07.14 - 【北海道】JOIN ALIVE @いわみざわ公園
2019.07.31 - 【大阪】OSAKA MUSE

カテゴリ一覧