• muevo
  • muevo voice
ぱんちゅーる アイドルシーン最前線を走る期待のニューカマー

ぱんちゅーる アイドルシーン最前線を走る期待のニューカマー

東京発、ロックでキャッチーな世界観を見せるアイドルグループ、ぱんちゅーる。

2018年6月に活動を開始した彼女たちは、「Painting dream.」をコンセプトに掲げ、精力的なライブやリリースを展開してきた。

メンバーは五十嵐かいと(プリムローズイエロー担当)、青葉ここ(シンフォニーブルー担当)、桃野すう(ピーチホワイト担当)、乙宮ともみ(ロイヤルパープル担当)、東雲ひいろ(ブラジルレッド担当)の5人。うち2人は2019年6月に加入したばかりということで、新体制になった勢いでさらに前進中だ。

これまでに「Just I live my self」「Da・Ka・Ra・ネバーギブアップ!!」「かましていくぜ!」「キミブソク」の4枚のシングルをリリースしているぱんちゅーる。さらに、毎月10本以上のライブを行い、作品発表の面でもライブアーティストとしての面でもぐんぐん実績を増やしている。その注目度は着実に大きくなっていると言えるだろう。
2019年6月23日にはホームの渋谷aubeで結成1周年のワンマンライブも成功させ、ますます活動を加速させている。


・Just I live my self

新体制となったぱんちゅーるの代表曲が、ポップとロックが融合したキラーチューン「Just I live my self」だ。 

ライブでも盛り上がりを見せるナンバーになっていて、メンバーそれぞれの個性が発揮されながら、ぱんちゅーるとしての一体感もしっかりと感じることができる。
アッパーでキャッチーなサウンドに5人の力強いボーカルが合わさって、ライブではファンを巻き込んで大きな盛り上がりを見せている。ぱんちゅーるのステージを楽しむ上で、必聴の一曲と言えるだろう。


・Da・Ka・Ra・ネバーギブアップ!! 

3人体制の時代にMVとして公開されている「Da・Ka・Ra・ネバーギブアップ!!」は、ケツメイシ、V6、NMB48などに楽曲を提供している田尻知之氏が手掛ける疾走感のあるバンドサウンドが印象的なロックナンバーだ。
鋭いサウンドやパワフルな詞世界の中にもアイドルソングとしての確かなポップさがあり、軽快に聴かせてくれる一曲に仕上がっている。
ぱんちゅーるの活動初期からの人気曲として、こちらも必聴だ。



実績を重ねて確実にパワーアップしながら、現在進行形で注目度を高めているぱんちゅーる。8月には青葉ここがファッションショーに出演、9月には五十嵐かいとの主演舞台、TVドラマの出演など個々の目標に向けさらに活動の幅を広げている。
2019年8月からは3か月連続シングルリリースも予定されており、併せて9月1日には渋谷aubeでの決意の無料ワンマンライブ開催も決定している。300人のキャパ満員を目標にしているという彼女たちにとって、このライブは重要な転換点となるだろう。
熱いパフォーマンスを見せるライブこそ、ぱんちゅーるの真骨頂。まずはその会場に足を運んで、彼女たちの熱量をダイレクトに受け取ってみよう。


【公式HP】 


【Twitter】 


【イベント情報】 

2019.09.01
入場無料ワンマンライブ
会場:渋谷aube


2019.09.10~16 

五十嵐かいと主演「裁判部へ行こう!2.0」

カテゴリ一覧