• muevo
  • muevo voice
山田稔明 じっくりと着実に進み続ける。普遍的だからこそ輝くポップミュージック

山田稔明 じっくりと着実に進み続ける。普遍的だからこそ輝くポップミュージック

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は山田稔明の登場です。
山田稔明(やまだとしあき)は、佐賀県鳥栖市出身のアーティストだ。
彼のアーティストとしてのデビューは1999年。インディーズでの活動を経てバンド「GOMES THE HITMAN」でデビューを果たし、ライブ活動やアルバム発表はもちろん、作曲家として楽曲提供などを行ってきた。
一方で、山田稔明としてのソロ活動も展開し、音楽以外にも執筆やワークショップなど、幅広い表現を見せる。愛猫との日々を綴った自伝的小説「猫と五つ目の季節」やエッセイ集「猫町ラプソディ」などを出版し、愛猫家としても知られてきた。
GOMES THE HITMANは2019年でメジャーデビュー20周年を迎え、一方でソロ活動も本格始動してから10年以上に。自分のこだわりを自由に表現するソロと仲間たちと作り上げるバンドの違いも楽しみながら活動を続けているという。


そんな山田稔明の音楽のスタンスの中では「続ける」ということが大きな意味を持っているそうだ。 

学生バンドから始まり、メジャーデビューの誘いを受けて「音楽だけでやっていけるんだ」という思いを抱えつつ続いていったGOMES THE HITMAN。そして、ソロアーティスト山田稔明としての音楽活動。
その中で作り出される楽曲たちは普遍的なポップスとして時代や流行に流されない魅力を持ち、昔リリースした作品が今も愛され、現在進行形で新しい層に広まり続けている。
大きなヒットによる極端な浮き沈みがなかったことから「ヒット曲がなかったのが逆によかった」とも語る彼。ファンに愛されながら着実に実績を積み重ねていく活動スタイルだからこそ、多くのバンドが生まれては消えていくなかで20年以上に渡って続いてきたのだろう。






・雨の夜と月の光/GOMES THE HITMAN


 

雨の夜と月の光/GOMES THE HITMAN from gomesthehitman on Vimeo.



1999年に発表されたGOMES THE HITMANの代表曲のひとつ「雨の夜と月の光」。軽快なサウンドとキャッチーなメロディで魅せる、王道のポップナンバーだ。
跳ねるようなリズムと表情豊かな曲展開によって、くり返し聴いても飽きない、むしろ聴けば聴くほど味わいを感じさせるこの曲。バンドのポリシーである「長いタームで聞いてもらえる音楽をつくる」という気持ちを体現したスルメ曲だ。
GOMES THE HITMANの、そして山田稔明というソングライターの魅力が凝縮された一曲と言えるだろう。



デビュー20周年を迎えて、これまでの活動を総括する3枚組をリリースするなど、2019年に入って再び活動を加速させているGOMES THE HITMAN。紹介した「雨の夜と月の光」を含む名曲たちがリマスタリングで蘇った姿は、必見だ。
さらに、山田稔明としての最新作も発表され、じっくりと進んでいくその歩みにまた新しい一ページが刻まれた。これからも着実に続いていくであろう彼の音楽表現に、ますます注目だ。


【公式HP】http://www.gomesthehitman.com/html/ 



【ライブ情報】


CLUB Que 25th ANNIVERSARY

EVERYBODY IS HAPPY ANNIVERSARY

"結成20年S【ゴメス20*ハックル20】"

■日程:2019年8月25日(日)

■場所:下北沢 CLUB Que

■出演:ハックルベリーフィン、GOMES THE HITMAN

■開場:17時45分 / 開演18時30分

■価格:前売3000円 / 当日3300円(1ドリンク代別途)

*LivePocket、イープラス、ローチケ、Que店頭でチケット販売中
*オフィシャルサイトRESERVEにてチケット予約受付中
下北沢 CLUB Que(http://www.ukproject.com/que/
〒155-0031世田谷区北沢2-5-2ビッグベンビルB2F
TEL:03-3412-9979



GOMES THE HITMAN release party “___-ism 2019”

■日程:2019年10月6日(日)

■場所:吉祥寺 スターパインズカフェ

■出演:GOMES THE HITMAN [山田稔明、堀越和子、高橋結子、須藤俊明]/GUEST:高田泰介(from PLECTRUM)

■開場:17時00分 / 開演18時00分

■価格:前売4000円 / 当日4500円(ともに1ドリンク代別途)


メジャーデビュー20周年の記念すべき年についに『ripple』以来14年ぶりとなる 

ニューアルバムが完成!全国発売に先駆けて、どこよりも早く、誰よりも早く
できたてのCDを手にすることができる先行発売ライブが決定しました。
過去・現在・未来のすべてを詰め込んだGOMES THE HITMANのステージに
ご期待ください。アルバムタイトルや内容詳細はおってお知らせします。
---------------------------------
チケット:GTH販売(オフィシャル通販STORE http://gomesthehitman.shop-pro.jp
/ SPC店頭販売 / LivePocket(https://t.livepocket.jp/e/ism_2019
整理番号:1)GTH販売(オフィシャル通販STORE) /2)LivePocket /3)SPC店頭販売
チケット発売日:8月13日(火)21:00-(SPC店頭販売16:00-)
---------------------------------
吉祥寺スターパインズカフェ(http://mandala.gr.jp/SPC/
〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1

TEL:0422-23-2251



吉祥寺ねこ祭り 10周年記念企画

“饗宴ー猫もよろこぶ音楽祭”

■日程:2019年10月25日(金)

■場所:吉祥寺 スターパインズカフェ

■出演:山田稔明 member:近藤研二[Gt], イトケン[Dr], 安宅浩司[Gt], 伊藤健太[Ba]

    汝、我が民に非ズ member:町田康[Vo], 中村'JIZO'敬治[Gt], 大古富士子[Pf,Key],瀬戸尚幸[Ba], 浅野雅暢[Sax,Per], 高橋結子[Dr]、テンテンコ

    図書館 member:田中亜矢[Vo], 近藤研二[Gt,etc], イトケン[Dr,etc], 宮崎貴士[Pf,cho,etc], 伊藤健太[Ba]

■開場:18時00分 / 開演:19時00分

■価格:前売3500円 / 当日4000円(+1drink)


吉祥寺ねこ祭りイベントページ→https://necofes.com/musicfes
チケット販売(8月10日より):LivePocket / SPC店頭販売 / SPC web予約 / 手売り
吉祥寺スターパインズカフェ(https://mandala.gr.jp/SPC/
武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
TEL 0422-23-2251


【リリース情報】 

GOMES THE HITMAN Ariola year
lost weekend in the suburbia
メジャーデビュー20周年のゴメス・ザ・ヒットマンがアリオラレーベル在籍時に世紀末をはさんで描いた“ここではないどこかにある郊外都市の失われた週末”
28Pブックレット含むスペシャル・パッケージ
初期作品群、まちづくり三部作、そしてアルバム未収録シングルをすべて収録

2019年最新リマスタリング!


〈DISC 1〉
<weekend (1999年6月5日リリース作品)>
1.光と水の関係 2.長期休暇の夜 3.ストロボ
4.何もない人 5.猫のいた暮らし 6.ready for lab
7.お別れの手紙 8.train song 9.雨の夜と月の光
10.ready for love 11.週末の太陽
<rain song e.p.(1999年4月21日リリース作品)>
12.スティーヴン・ダフィー的スクラップブック
13.down the river to the sea
<neon, strobe and flashlight(1999年1月21日リリース作品)>
14.夕暮れ田舎町 15.アップダイク追記 16.新しい季節 17.tsubomi


〈DISC 2〉

<new atlas e.p.(1999年11月20日リリース作品)>
1.僕たちのニューアトラス 2.街をゆく 3.北風ロック
4.夜に静かな独り言
<cobblestone(2000年4月21日リリース作品)>
5.自転車で追い越した季節 6.言葉はうそつき
7.北風オーケストラ 8.springtime scat 9.春のスケッチ
10.思うことはいつも 11.7th avenue 12.nighty-night
13.太陽オーケストラ 14.シネマ 15.keep on rockin'
16.プロポーズ大作戦 17.6 bars interlude
18.午後の窓から 19.epilogue


〈DISC 3〉

<maybe someday e.p.(2000年6月7日リリース作品)>
1.僕らの暮らし 2.緑の車 3.maybe someday
<饒舌スタッカート(2001年1月24日リリース作品)>
4.饒舌スタッカート 5.拍手手拍子 6.ねじを巻く



山田稔明『pilgrim/home sweet home』 

GTHC-0017:2019年5月25日発売/CD2枚組/3500円+税
<DISC1:pilgrim(2009年作品)>
1.harvest moon theme 2.blue moon skyline
3.clementine 4.夏の日の幻 5.三日月のフープ
6.pilgrim 7.雨に負け風に負け 8.ONE
9.SING A SONG 10.ユートピア
ーbonus track
11.水彩組曲 12.clementine(acoustic demo)
<DISC2:home sweet home(2010年作品)>
1.harvest moon 2.歓びの歌 3.home sweet home
4.クレールとノアール 5.milk moon canyon
6.glenville 7.hanalee 8.星降る街
9.sweet home comfort 10.距離を越えてゆく言葉
ーbonus track
11.ユーフォリア 12.hanalee(ukulele demo)

カテゴリ一覧