• muevo
  • muevo voice
MAYSON's PARTY 突き抜けるサウンドで現代邦楽シーンに切り込む!気鋭の超本格スカバンド

MAYSON's PARTY 突き抜けるサウンドで現代邦楽シーンに切り込む!気鋭の超本格スカバンド

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はMAYSON's PARTYの登場です。
明るい世界観とパワフルなサウンドでライブシーンに切り込むスカバンド、MAYSON's PARTY。
ex.SKALL HEADZのメンバーであるAYATOMO(Vo.Gt)、MIKI(Gt.Vo)、Ya-knock(Dr.cho)を中心に、TSUKASA(Ba.cho)、MOE(Tb)、Tp、T.saxのサポートメンバーを加えて活動する彼らは、2018年の始動直後からいきなり大きな注目を集めてきた。
その音楽性はロックバンドスタイルにホーンセクションを迎えてスカやパンクの要素を色濃く取り込んでおり、現在の邦楽シーンでは珍しい本格スカバンドとして精力的に活動。都内ライブハウスを中心に出演を重ねる一方でアイドルグループ「ばってん少女隊」のバックバンドも務めるなど幅広く活躍し、スカというジャンルそのものを国内シーンから盛り上げている。
2019年4月にはアメリカツアー「U.S.A TOUR 2019〜CALIFORNIA DREAM〜」を敢行。スカというジャンルが再び隆盛を見せているアメリカを巡って現地のスカバンドと共演を重ねた。
さらに、同年5月には配信シングル「SON OF A BITCH」を発表するなど、怒涛の勢いで存在感を増し続けている。


・MAYSON's PARTY - SON OF A BITCH (Official Video) 

歯切れのいいバンドサウンドと朗らかに突き抜けるホーンサウンドの絡みが心地いい最新作「SON OF A BITCH」。
そのMVは、アメリカツアーの映像を用いて明るく壮大なスケールを見せている。スカの人気が根強い西海岸を巡るツアーということもあり、現地でも大きな支持を集めたそうだ。
楽曲から伝わってくるのは文句なしの圧倒的な「楽しさ」。心から音楽を、ライブを楽しむMAYSON's PARTYのスタンスが伝わってくる作品だ。


・MAYSON`s PARTY - Break down!! (Official Video) 

MAYSON`s PARTYの活動開始と同時にリリースされた初作品「#1stDEMO」。その収録曲「Break down!!」は、初期からの代表作として人気を集めている。
ずっしりとしたビートの上で各パートが遊び心たっぷりに跳ねまわるこの曲は、スピード感のあるスカ/パンクサウンドで、熱量あふれるライブ感まで伝えてくれる。
ここぞという場面で高らかに鳴らされるホーンセクションが気持ちいい、アッパーなキラーチューンだ。


・MAYSON's PARTY =1st Trailer= 


こちらも「#1stDEMO」の収録曲のひとつ「START NOW 」。力強いドラムとファンキーなベース、心地よく歪んだベース、その上で華やかに鳴るホーンセクションと突き抜けるボーカルが一体になってパワーを感じさせるナンバーだ。
当時はまだバンドとして本格始動する前ながら、この時点で既にライブバンドとしての圧倒的な魅力を予感させるトレーラーとなっている。
音楽的なクオリティも高次元にまとまっていて、メンバーそれぞれがこれまで培ってきたプレイヤーとしての実力と個性を感じさせてくれる一曲だ。



結成から間もなくしてライブシーンの注目を集め始め、現在では国内外のスカパンクファンから一目置かれる存在になっているMAYSON's PARTY。
その根底には今の邦楽シーンにおいてスカというジャンルを大きく盛り上げていきたいという想いがあるそうで、特にバンドシーンで人口の少ない管楽器奏者にスカ/パンクバンドスタイルの魅力を伝えていくことが目標のひとつにあるという。
アメリカで流行の兆しを見せるスカのブームにも乗りながら、国内外でのより一層の活躍を目指すMAYSON's PARTY。そのさらなる躍進に、これからも要注目だ。


【公式HP】http://maysonsparty.com


【Twitter】https://twitter.com/maysonsparty_jp 


【イベント情報】 

9/7(土)八戸FOR ME
9/15(日)TOKYO CALLING2019 下北沢
9/18(水)新宿ACB
9/19(木)名古屋栄RAD

カテゴリ一覧