• muevo
  • muevo voice
ミステリオ 「ライフイズギャグ」精神でカッコつけずに自身を貫く

ミステリオ 「ライフイズギャグ」精神でカッコつけずに自身を貫く

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はミステリオの登場です。



大阪府堺市生まれのラッパー、ミステリオ。

HIPHOP界隈でここ数年特に注目度の高いテレビ番組「フリースタイルダンジョン」にも過去3度出演し爪痕を残すなど、少しずつ注目度を高めている存在だ。
元々はサイファーを見て衝撃を受け、それからRAPが楽しいと思い、自分でも本格的に取り組むようになった。今は韻踏合組合のHIDADDYが経営するstreet shop一二三屋でアルバイトをしながら、全国各地で活動中。
ミステリオの特徴を一言で言い表すならば、ユーモアのあるライムスタイル。数々の媒体やSNS等で「面白い」と評価されるそのセンスは、他のラッパーとは一線を画す。その裏には「RAPって怖いイメージがあるけど、ずっとおふざけキャラで過ごしてきたから、無理にかっこつける必要がないと感じた。」という思いがあった。
そんな「ならでは」のセンスは、すでにデジタルリリースはされていたが、1月29日に全国流通版がリリースされたばかりの1stアルバム「ライフイズギャグ」にもふんだんに込められている。
「レコーディングが明日なのに、夜中まで楽曲の歌詞ができなかった。」「10曲目のBaby don't cryに関しては半年かかったのに、アルバムのiTunesランキングは最下位だった。」と、今回のアルバムリリースに際して、「音楽って大変」ということを改めて感じたという。
そんな大変な思いをしながら作成されたアルバムでありながら、らしさをふんだんに散りばめ「辛いこともあるけど、笑おうぜ!」という雰囲気のアルバムに仕上げているのは、やはりミステリオだからこそ出来たことだといえる。




・ミステリオ – 結婚したい (prod by CRD) 



1stアルバム「ライフイズギャグ」6曲目に収録されているリードトラック。

自身でも「一番自分らしい」と語っているように、絶妙なバランスでユーモアがちりばめられている1曲。アルバム全体を通して面白い部分はたくさんあるが、この楽曲では≪見たいねんお前の花嫁姿/マイケルジャクソン鼻取れるから≫≪ハネムーンはカメルーンでキャラメル食べる≫など、韻を踏みながら笑いも取りに来るパンチラインが満載だ。
そんなリリックであるにも関わらず、トラックはアップテンポではなく、ドープな香りがするというのもポイント。
また、なんとも言えないゆるさを感じる振り付けのダンスや、結婚式調の衣装からアラジン調の衣装への転換など、こだわりの強さを感じるMVにも注目だ。




・ミステリオ – メイクマネー現代 (prod by DJ Ken) 




配信リリースされたシングル「メイクマネー現代」
出だしの音の力強さに、Zeebraの「Street Dreams」的なパワーを感じる楽曲。
≪希望とかがビジネスに変わりかけた瞬間/俺はひとりぼっちになった空間/大事なのは金だぜ/でも大切なのは金じゃねぇ≫と歌うリリックや「メイクマネー現代」というタイトルからも分かる通り、この楽曲で歌われているのはRAPでメイクマネーしていくための信念や生活についてだ。
「人生しんどいなと思うこともあるけど、RAPに出会い、応援してもらい、振り返ったときに生きててよかったなと思った。」と語っているその言葉通り、真摯にHIPHOP/RAPと向き合っていることが分かる1曲。



「2020年にはもう1枚作品を作り、翌年には全国ツアーを回れるようなラッパーになりたい。」「大阪のクラブを満員にして、そこから有名になっていきたい。」と語る彼。 

読者に向けては「はじめまして、ミステリオです。大阪でRAPしてます。これからも応援よろしくお願いいたします。」と律儀なコメントまでもらっている。
こうした真面目な面も持ちながら、音楽にはしっかりとユーモアを交えながら進んでいく。そんなミステリオのこれからには、間違いなく要注目だ。




【レーベル兼バイト先】 https://www.hifumiya.com


【Instagram】 https://www.instagram.com/mysterioinu


【Twitter】 https://twitter.com/shinchan4s?s=20


【サブスクリンク】 https://linkco.re/z3snM646


【リリース情報】 





1stアルバム「ライフイズギャグ」


失恋、挫折、身内の不幸を幾度となく乗り越えたラッパーミステリオのポップでポジティブな待望の1stアルバム。 

亡き父親に捧ぐ曲"また会える"は大阪の巨匠AKIO BEATSのトラックの上でラップしている。
feat.artistには期待の新人女性シンガーAMAYA,梅田サイファーからpeko,韻踏合組合のHIDADDYと豪華なメンツが参戦している。


収録曲: 

1 タイムハズカム(prod.peko)
2 can you dig it sucka!? (prod.Booker H)
3 # 1 feat.peko&HIDADDY
(prod.DJ PANASONIC)
4 funky step (prod.DJ Ken)
5 ドラマティックベイベー (prod.No Type)
6 結婚したい (prod.CRD)
7 また会える (prod.AKIO BEATS)
8 ありのままDAY (prod.DJ Ken)
9 You are the one (prod.ONGR)
10 Baby don't cry ( prod.No Type)
11 ライフイズギャグ (prod. DJ PANASONIC)

カテゴリ一覧