• muevo
  • muevo voice
太田彩華 響きの良い歌声で楽曲を一段引き上げる、多彩な声優アーティスト

太田彩華 響きの良い歌声で楽曲を一段引き上げる、多彩な声優アーティスト

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は太田彩華の登場です。



兵庫県出身の声優・作詞家・アーティスト、太田彩華。 

その歌声は、頭の中にふわっと広がるような、芯から響いてくる芳醇な響きが持ち味。存在感が抜群な声の持ち主なので、ロック色の強い楽曲から爽やかな雰囲気のポップス色の強い曲までどんな曲でも歌いこなし、その声の響きで楽曲の持つ魅力をさらに引き上げる。
声優としてはテレビアニメ「闇芝居」やゲームアプリ「ナイツクロニクル」、「キグルミキノコ Q-bit」などに声を入れ、作詞家としてはテレビアニメ「消滅都市」のエンディングテーマ「With Your Breath」(俊龍との共作)や、パチンコ「CR織田信奈の野望II」内の楽曲「Hit a.~Period~」など、さらには自身のオリジナル楽曲での作詞を手掛けている。
声優、ソロアーティスト、そして作詞家という3つの活動だけでもその多才さは伝わってくるが、それだけではなく、自身を中心とした“文学的青春パンクバンド”「太田家」でもベース&ボーカルを担当。さらに活動の幅はYouTubeにも広がっており、初心者や未経験者も楽しめるサバゲー番組「サバゲノム」、自身で選んだ文学作品を朗読する「ひらり言の葉一枚」などをMUEステ動画チャンネル内にて配信中。多才なだけではなく多彩に活動しているアーティストだ。




・太田彩華 – True or Bad Ending 




PCゲーム「ヤンデレシリーズ」の主題歌となっているこの楽曲。登場人物4人中3人の声優を担当している太田が、作詞を手掛けている。「自分自身も登場人物の1人になったつもりで書いている」というその詩は≪あなたの隣で歩く/かけがえのない瞬間≫≪見慣れた街も空も輝いて見えてる≫といったピュアな思いと、≪結局あなたも私を裏切るの?≫とヤンデレ的な思想が入り混じった、実にリンク度の高い内容となっている。 

そんなヤンデレ的な精神の上がり下がりは楽曲自体にも反映されていて、曲展開が複雑になっているので、次の展開を意識しながら聴くのもおすすめだ。




・太田家 – 名もなき少年の名もなき青春 




“文学的青春パンクバンド”というコンセプトを持つバンド太田家。こちらはそんな太田家の楽曲「名もなき少年の名もなき青春」だ。ライブでも最後に持ってくることが多い、盛り上がれる定番楽曲であり、「是非現場で楽しんでもらいたい一曲」だという。 

青春パンクを思わせるようなブリッジミュートやシンプルなドラムの入りからして、その言葉通りの華やかなムードがムンムン。そんな華やかで盛り上がるようなムードをさらに引き上げるのがコーラスパートだ。一緒に歌いたくなるようなコーラスで、ぐっと楽曲を盛り上げている。
声優としてのスキルを感じるセリフパートもあるなど、とにかく終始華やかな一曲だといえるだろう。




・太田家 – 小さな恋のうた(MONGOL800)  




パンクレジェンドであるMONGOL800のメガヒット曲、「小さな恋のうた」の太田家カバー。 

男くささの中にどこか優しさや温かみを感じるのがMONGOL800のボーカル・キヨサクの歌声の特徴であり、その声に惹かれる人も多い。しかしこの太田家バージョンも、太田の伸びやかで響きの良いボーカルと、太田家ならではの芳醇なコーラスが絡み合い、負けず劣らず温かい雰囲気に仕上がっている。
そして混声である上に時折感情的に聞かせる太田の歌声もあって、青春感が強め。聞いていると、知らず知らずのうちに脳内が青春時代にタイムスリップしてしまうだろう。



2020年には、「11月に1stフルアルバムをリリースする予定があるので、楽しみに待っていてほしい」という彼女。「この活動を通じてこれまで行ったことのない土地でライブをしたり、レジェンドバンドに会えたりできるように頑張っていきたい」という思いをもって、これからも活動を続けていく。 

多彩で多才な彼女がどこまで行くのか、しっかりと見守っていこう。




【HP】http://ota-ayaka.com/


【Twitter】https://twitter.com/ota__ayaka?s=20



カテゴリ一覧