• muevo
  • muevo voice
カルロス袴田 中毒性を生み出す美しきカオス

カルロス袴田 中毒性を生み出す美しきカオス

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はカルロス袴田の登場です。


カルロス袴田(サイゼP)名義でのボカロPとしての活動や、自身で歌う自身名義での活動、さらに初音ミク・音街ウナのツインボーカルからなるバーチャルバンド「ダイナミック自演ズ」での活動と、様々な形態で活動する音楽家、カルロス袴田。 

2013年頃から初音ミクと「ダイナミック自演ズ」としての活動を始め、2016年頃に初音ミク・音街ウナによるツインボーカル体制に。同時期より、ダイナミック自演ズとカルロス袴田を分けるようになっていった。ソロ名義は「同人で趣味的に出している」という。

音楽的には特にダイナミック自演ズでの音の詰め込み具合が特徴的。それだけでも十分音が詰め込まれているロックサウンドに、さらに電子音を散りばめ電波感の強い楽曲に演出。様々な音が飛び交うカオス空間を創出しながらも、しっかりと纏められており、中毒性が高い。

「もともとは音楽家ではなく漫画家になりたかった」という彼は、「それらを掛け合わせてできるのが動画だと思った」と、映像制作も自身で手掛ける。独特の絵柄で、一目で自身のものだと分かる作風にはファンも多い。

ライブは一切行わず「2013年以降人前で演奏していない」という彼。学生時代にはライブを行うこともあったが、今は働きながら、宅録でのみ音楽を発信。それでもしっかりと広く音楽を届けているということは、100万回超えも多数あるその楽曲の再生回数が証明している。

今後いろいろとサブスクにも展開予定で、改めて注目度が高まる可能性も高い音楽家だ。




・ダイナミック自演ズ -ちがう!!! (We Are Different !!! (or Same)) Official MV 




YouTube再生回数580万回近くを誇る楽曲「ちがう!!!」。 

この楽曲は、ツインボーカルのそれぞれ、そして電子音とバンドサウンドがそれぞれ遠慮せずに主張しているといった表現がしっくりくる1曲。歪んだ音でロック色全開に鳴らされるバンドサウンド。ポップで華やかで電波感あふれる電子音。そして違うメロディー、違う歌詞を歌う際でも、どちらも全力で主張し合うツインボーカル。それぞれの個性が強いのに、最終的にはぎりぎりのところで絶妙に絡み合うという、アンチミニマリズム的美しさすら感じるサウンドだ。

サビの盛り上がりや突然入る8bitサウンドなど惹きつけられるポイントも多いので、飽きることなく何度も聴けるだろう。




・ダイナミック自演ズ - 煩悩~百八ツじゃ足んない~ /Dynamic the Ends - Super Super Desire) 




2020年6月にアップロードされたばかりの1曲。 

この楽曲でもやはり電子音と疾走感あるバンドサウンドが絡み合うという根本的なスタイルは感じられる。ただ、全開のカオスサウンドというよりは、より洗練されたまとまりを感じられるサウンドだ。ツインボーカルも丁寧にメロディーを奏でている印象。

かと思えばサビでは雄叫び的なボーカルを聞かせるパートもあったり、ラストに圧倒的カオス感のあるどんちゃん騒ぎがあったりする。洗練された雰囲気の中で感じるそんなカオス性には、美しさや待ってました感を覚えることだろう。




・木曜日のサイ-Rhino on Thursday-『それでは、また明日』(Official Music Video) 




カルロス袴田と「ササキ」、「John Doe」の3名が、自分たち用にカットほぼなしで雑談を上げているというウェブラジオ「モクサイ.com」。 

この楽曲は、そんな同番組によるネットラジオバンド「木曜日のサイ-Rhino on Thursday-」の楽曲「それでは、また明日」だ。

サウンド的には、レトロで牧歌的なフォークロックサウンドが気持ち良い、ノスタルジーに溢れた1曲。バンドサウンドはもちろんのこと、メロディーやボーカルを担当している「デッド(GALAXIEDEAD)」の歌声もそんな雰囲気で、とにかく聴き心地が良いのが特徴。

カルロス袴田が担当している映像も、そんなレトロなノスタルジーに溢れた、昭和的あるいは平成初期的な駄菓子屋を背景にしたものだ。

今20代後半から30代くらいの方は特に、このサウンドや映像の雰囲気は心に刺さるものがあるだろう。



これからの目標については「今の活動をそのまま続けられたらいいなと思う」と語ってくれた。また「寿司と猫のぬいぐるみを作りたい」というシンプルな目標もある。 

「音楽だけではなく、話なども面白い総合的な人間になりたい」とも話す彼のこれからはまさに予測不能。これからどんな存在になっていくのか、その活動を追いかけてみるのもおすすめだ。




【Twitter】 

https://twitter.com/hakamad?s=20


【ブログ】

http://hakamad.xyz/


【YouTube(ダイナミック自演ズ)】

https://www.youtube.com/channel/UC2OTkA3FWybTbsc_Uu2d12w


【YouTube(モクサイ.com)】

https://www.youtube.com/channel/UCZkF87oCRUSwODnsNCy-AmQ



カテゴリ一覧