• muevo
  • muevo voice
稀羽すう 透明感溢れる儚げな歌声で描く楽曲の立体感

稀羽すう 透明感溢れる儚げな歌声で描く楽曲の立体感

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は稀羽すうの登場です。



SKYCOLOR Project所属のVtuber/Vsinger、稀羽すう(うすわ すう)。

2020年7月に初の動画となる自己紹介PVをアップしたばかりの新人Vtuber/Vsingerだ。
主な活動内容は『歌ってみた』『歌枠』『雑談』。
儚げな透明感と楽曲の持つ世界観を引き出す立体感のある歌声の持ち主で、その歌声は日本国内だけではなく海の向こうのファンも引き付けている。実際にYouTubeのコメント欄には日本語だけではなくアジア圏、あるいは英語圏からのコメントも目立つ。

2020年12月12日には自身2曲目となるオリジナル楽曲『secret room』を発表。さらなるオリジナル楽曲展開にも期待が高まっている。




・【オリジナル曲】secret room / 稀羽すう【Vtuber】

 



2曲目のオリジナルソングであり、初めてフルで制作したオリジナルソングでもある1曲『secret room』。
電子的で軽快なサウンド感に彼女の持つ愛らしさをまぶした、可愛くてお洒落な雰囲気。それでいて歌声は持ち前の透明感や立体感が存分に発揮されており、デジタルなムードとの対比も感じられる。その調和の面白さにどんどんと引き込まれていくだろう。

≪飛び立ってあなたの方へ 僕らがきっといつかの先もずっと泳ぐ証明なんて今更いらないよ 涙はすくうから≫と歌う歌詞のムードもその歌声やサウンドとマッチ。歌詞も合わせて全体で、その世界観の中にたゆたいたくなる1曲だ。



・【歌ってみた】花に亡霊 / ヨルシカ (cover)【稀羽すう】

 



「初の歌ってみた動画であり、自身の声に合う夏にぴったりの曲として選びました」というこの楽曲は、アニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』の主題歌として話題になった楽曲『花に亡霊』。
まるで在りし日の夏を思い返すかのような、爽やかさとノスタルジーを同時に感じられるこの楽曲。歌声にも同様の雰囲気が香る。そんな楽曲だけに歌うのも簡単ではないだろう。

しかし彼女は、本家にも負けず劣らずの歌声で楽曲の世界観を色濃くする。爽やかさとノスタルジーの上にさらに儚さも強くプラスしたその歌声は、聴く人それぞれの夏の記憶を呼び起こしてしまうだろう。そしてまるで大好きな小説や映画を見終えた後のような後味が残る。



・【歌枠】Sing a song - 登録たくさんありがとう!『6000人』目指しながらまったり歌う…!!!!!【稀羽すう/Vtuber】

 



チャンネル登録者数4800人強の時に開始した『チャンネル登録者数5000人行くまで歌い続ける』という歌枠配信。
『POP STAR/平井堅』や『Snow halation/μ's』など様々な楽曲を歌い上げていく中、開始から35分後あたりには見事チャンネル登録者数5000人を突破。そのため途中から企画は『6000人』を目指す企画になったが、開始から約3時間半後にそれも達成。
「5000人の登録者数になったら、Vsingerとして自信になるかと思い挑戦しました」というこの企画だったが、実際に自信を持てるきっかけとなった。

歌われている曲の中には誰もが知る曲も多いが、彼女が歌うとその楽曲の違った表情を感じられる。きっと多くの人が楽しみながら聴ける歌枠配信だといえる。




「夢は3Dモデルになってライブをすることです。またオリジナル楽曲もどんどん増やして、ライブやイベントに出演できるように音楽活動に力を入れていきたいです」と話してくれた彼女。

歌声の魅力は十分。今後実際に音楽活動の幅が広がっていく可能性も高いだろう。そんな未来に向かう彼女の足取りを、YouTube上で一緒に追いかけてみるのも面白いはずだ。



【Twitter】

https://twitter.com/usuwasuu?s=20


【YouTube】

カテゴリ一覧