• muevo
  • muevo voice
WEDY 音感のあるメロウなラップで信念を紡ぐ

WEDY 音感のあるメロウなラップで信念を紡ぐ

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はWEDYの登場です。



東京都は江戸川区出身のMC/シンガー、WEDY。

起伏に富んだディープでメロウなトラックに乗せて、現実に翻弄されながらも懸命に生きる日常を描いたリアルなラップを聴かせている。

これまで「WEEDY」として活動してきたが、この2020年春、「WEDY」へと改名。


「ZORN」や「焚巻」などとの作品でも名を知られていたWEEDYがWEDYへと改名を決めたのは、心境や環境、メッセージの変化、

また30歳という節目に「心機一転、もっと自分のアートをしていきたい」「より多くの人に届けたい」という思いも込めて改名に至った。

音楽活動でのこだわりは、「生きる」をテーマにすること。「死んだ後に残るのは信念」という考えをもって発信を続けている。彼の信念とは、「今生きている事を当たり前にしない。家族や仲間を大切にすることだ。」


それは過去に近しい人が2人火事でなくなっているという自身の経験から「自分達は自由に体を動かせる、歌を歌える、悲しんだり怒ったり笑ったり、そして人を愛する事できる」という日常の中の当たり前への尊さを表現している。


そして2020年5月には遂にネクストのリリースが控えている。改名してますます盛り上がっていくWEDYは、今改めて大注目のラッパーだ。


・WEEDY / FLOW feat.焚巻 




R&Bともいえるような歌心のあるメロウな音運びをするフックが印象的な一曲。そんなメロウなムードはラップパートに入っても陰りを見せず、当然HIPHOPのラップでありながらも、メロディーが感じられるようなラップとなっている。 

そんなメロウで穏やかな雰囲気のあるWEDYのラップに対して、よりストレートに飛んでくる焚巻のラップ。そんな二人の適度な対比も気持ちよい。
綴られている内容からは≪また誰かが言う/そりゃ無理だとさ≫≪その先の絵を見た事あるかい?≫≪限界はない/言いたい事言ったらChenge My LIFE/それぞれのONE/それぞれがONE≫と、青い炎がメラメラしている様が感じられる。それをあえて穏やかでメロウな楽曲で発信しているから、静かに心を燃やしてくれるのだ。




・WEEDY / Voice 




シンプルで音数が少ないトラックの上で、やはり音感の良いメロウなラップを聴かせる楽曲だ。 

ラップする声も穏やかなトーンで、決して感情をむき出しにしているわけではない。しかしその言葉にはしっかりと熱い感情が乗っている。≪自分のヤバいを伝えたい/一曲でいい/入れてくれPlaylist≫≪足を止めたらとか考えない/そんな暇はない/壊せよ時代≫≪選択肢があるだけ贅沢/だから精一杯≫と、まさしく“タフ”に今を突き進む自身のリアルな今や、≪意地をはる距離感/喜ばしたい/だから会わない≫といった家族への実直な思いが描かれている。
心がどんよりし、落ち込んでしまっているときに聞くと、頑張ろうという思いにさせてくれるだろう。




・ZORN / 葛飾ラップソディー feat.WEEDY 




下町の情緒やワビサビ、そんなノスタルジックな良さが感じられる曲。 

≪野良猫 /ガキんちょ/ただの近所の風景≫≪曲がり角の駄菓子屋/ガキの頃のたまり場/たまに顔出してみればあのおばちゃんも変わりない≫と、視覚的で目の前に下町の世界が広がるZORNのラップ。そこに入ってくる圧倒的にメロディックなWEDYのフック。歌声もどこかセンチメンタルな響きで、聴いていると子どもの頃に戻りたくなってしまう。
フック部分に関しては≪水面に映る遠い記憶を指で消して大人になる≫といった言葉の詩的さも印象的だ。きちんと意味が伝わりやすい言葉でありながら詩的でもあるので、言葉選びのレベルの高さが感じられる。



2020年にはワンマンライブをしたいというWEDY。「自分から発信できる場所を作りたい。もっと知ってもらうための場所を作りたい。」という思いもある。 

「自分でする動きで巻き込んでいけたらいい」と、能動的に進んでいく彼の2020年からは、まず目が離せない。



【読者に一言】 

下町の音楽を楽しんで感じてください。




【Twitter】https://mobile.twitter.com/weedy1989


【Instagram】https://www.instagram.com/weedy_downtown/



カテゴリ一覧