• muevo
  • muevo voice
ちいぱん スキルとグルーヴ感を併せ持つベーシスト

ちいぱん スキルとグルーヴ感を併せ持つベーシスト

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はちいぱんの登場です。



ベーシスト、ちいぱん。

ネットで動画投稿を中心に音楽活動を始め、現在YouTube登録者数は13万人を超える。

2018年よりBacchus公式アーティスト契約。2019年にはTBS系列の音楽番組『ミュージックBB』内のコーナー“メモリンLIVE”に出演。Bacchusより自身のシグネチャーモデル、WL-CHIIPANが発売中。


元々はGLAYが好きで楽器を始める。バンド活動も行っていたが、ネットを介して一人で活動することがメインとなっていった。

ネット上でベースを弾く際には、「自分が好きだと思う曲」また「見ている人に楽しんでもらえるように明るい曲」を弾いている。その注目度は高く、これまでに再生回数200万回超や100万回超の動画も発信。10万回を超える動画に至っては数多く生み出している。




・金曜日のおはようのベース弾いてみた【ちい】

 



HoneyWorks feat.Geroの楽曲『金曜日のおはよう』のベースカバー動画。再生回数200万回以上を数える、自身の動画の中でも特に人気の動画となっている。
いじらしい思いを弾けるようなサウンド感で描くこの『金曜日のおはよう』。メロディーの強い1曲で、全体のサウンドに華やかさもあるので、一聴ではベースが目立つ楽曲ではないといえるだろう。しかし、改めて集中して聴いてみると、激しく動く個所も少なくなく、聴いていてテンションの上がるベースラインとなっていることが分かる。

それを抜群のノリと、グリッサンドなどの細かいテクニックの質と、自身の愛らしい動きでうまく表現したこのカバーは、多くの人を惹きつけるのも納得の出来だ。



・【YOASOBI】夜に駆ける のベース弾いてみた【ちいぱん】 




2019年末から2020年の大ヒット曲『夜に駆ける』のベースカバー。
美しいメロディーと彩りを加える鍵盤が印象的な楽曲だが、実はダンサブルなビート感で覆われている1曲でもある。そんなこの楽曲の隠れたキモであるといっても過言ではないダンサブルなノリをしっかりと表現しながら、メロディーラインからは想像できない難度の高いベースラインまで完璧に弾きこなす。そしてもちろんそのノリの良さ、グルーヴ感は難度の高いフレーズでも失われない。ピック弾きでのグルーヴとは思えないようなその心地よさを感じながら聴きたいベースカバーだ。

彼女の楽しそうな演奏やグルーヴ、そして驚きをも感じるこの曲のベースラインを聴けば、きっと「ベースって楽しそう」と思うだろう。



・【けいおん!】ふわふわ時間のベース弾いてみた【ちいぱん】

 



一時代を築いた曲だといっても過言ではない楽曲『ふわふわ時間』のベースカバー。
ベースラインは比較的にシンプル。シンプルであるがゆえに、音の粒のそろい方など、細かいところまで気が付きやすい楽曲だといえるだろう。しかしもちろん彼女のベースからは、実に心地よいそろった粒の音が飛んでくる。

そしてシンプルにベースの音作りも心地よい。ブリブリ感が絶妙で、ライブハウスでのベースの音に感じられるような、身体の深いところをビリビリさせる音となっている。そんな音作りにも注目して聴きたいベースカバー。




この1年、喋るライブ配信を行ったり、レッスン動画を出したりと、様々な試みも行ってきた彼女。しかし、いつも年末に行っていたイベントなどは出来なかった。それもあって来年は「イベントを行っていきたい」とのこと。

また、将来的な活動についても「今よりも飛躍してみんなに知ってもらいたい。そして自分がGLAYのJIROさんに憧れてベースを始めたように、自分も誰かに憧れられるベーシストになりたい」と思いを明かしてくれた。そんな将来に向かって前進していく彼女のこれからに、改めて注目だ。



【Twitter】

https://twitter.com/chiy_panda


【YouTube】

https://www.youtube.com/user/chiyxxpanda/featured?app=desktop


カテゴリ一覧