• muevo
  • muevo voice
星乃めぐり 甘く透き通る歌声を自在な表現力で放つ作詞家Vtuber

星乃めぐり 甘く透き通る歌声を自在な表現力で放つ作詞家Vtuber

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は星乃めぐりの登場です。



2018年10月に活動開始したVtuber、星乃めぐり。

歌やゲーム、雑談配信などを中心に発信中。


作詞家としても活動しているというのが大きな特徴で、

『白咲べる/ Sweet Ring the BELL』、彩咲茜『BITTER CANDY』といった他のVtuberへの提供や、

音楽制作集団『aim music development』関連の楽曲、自身のオリジナル楽曲など幅広く詞を手掛けている。


シンガーとしては、甘く透き通る歌声が魅力。

その歌声を自在に操り表情を変えていく。

そんな歌声でだんだんとリスナーを増やしているVtuberだ。




・【2周年記念オリジナル楽曲】ほしのめぐり。【難波研×星乃めぐり】




2020年10月22日に活動2周年を迎えた彼女。この楽曲『ほしのめぐり。』は、

それを記念して制作したオリジナルソングだ。もちろん作詞は自身で担当している。


星乃めぐりの活動のテーマは「ふつうのおんなのこが届ける、ふつうのしあわせ」。

この楽曲の歌詞には≪つなぎたいよ 歌とキミの音≫

≪なんでもないまいにちを すぐそばのしあわせを そっと とどけるよ。≫と、

そんな活動のテーマに沿った内容や作詞家としての作詞に対しての想いが込められている。


アグレッシブなロックサウンドと、ストリングスなどの壮大なサウンド、

そして彼女の透き通る歌声が絶妙なバランスで混ざり合い描く音世界は、

とても美しい感情で満ちている。

その感情に引っ張られ、どこかスッキリした感覚で聴き終えることが出来るというのも、

この楽曲の一つの特徴だろう。



・【歌ってみた MV 】惑星ループ【星乃めぐり】




Eve feat.ナユタン星人の楽曲『惑星ループ』の歌ってみた動画。

「きっかけはファンの方からのリクエストであり、自分的にも歌いやすく歌詞が好きな楽曲です」と話す1曲だ。


エッジの鋭いバンドサウンドとかわいらしい電子音、

そして抜群にポップなメロディーラインで彩られる楽曲だけに、

歌うには存在感の強い歌声が求められるといえるだろう。そんなこの楽曲に対して彼女は、

ハリのあるパンチ力の高い歌声を乗せる。もちろん元々の声の質感はそのままに、だ。


透き通っていて柔らかいのに、芯があって強く届いてくる歌声。

そんな歌声を存分に堪能できるこの楽曲では、改めてその歌声の魅力に惹きつけられるはず。



・【Vtuberオリジナル曲】シルエット・ガール【Somel×星乃めぐり】




4曲目のオリジナルソングとして、2020年12月18日に公開された楽曲『シルエット・ガール』。

「普段とは違うダークなイメージの楽曲になっており、大人な雰囲気を表しました」というその言葉通り、

サウンドはインダストリアルなムードを孕んだリズム隊と鍵盤を中心にしたバッキングで描かれる。


もちろん歌声もそんなムードに合わせた、グレーのような色味の歌声。

それでいてやはり質感は柔らかく愛らしいので、

何とも言えないゴシックな雰囲気が生まれているといえるだろう。


そんな音の中で描かれているのは

≪はろー はろー ビビッドなこの世界 わたしにはまぶしいかな≫

≪"もういいや" "こんなもんさ" でしょ? でも失くせないの≫

≪生まれオチて×んじゃう前にやっぱりパッと咲きたいじゃん≫という言葉たち。


それは曰く「星乃めぐりの頑張り物語」。

そんなストーリーに触発されて、頑張る気持ちが湧き上がってくる。




これからの目標について尋ねてみると「作詞家としていつかゲームやアニメの作詞を担当したいです。

また去年はオリジナル楽曲をたくさん出した年だったので、今年は歌ってみたの活動も頑張っていきたい。

Vtuberとしても作詞家としても頑張りたいです」と話してくれた彼女。


作詞家としても非凡なものを見せる彼女であれば、

その言葉通りVtuberとしても作詞家としても飛躍していく可能性は十分。

まずは是非チャンネル登録をして、その活動を追いかけていこう。



【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UC0nasgeLGQZYGQdfhu6b-SQ/featured


【Twitter】

https://twitter.com/hoshi_no_meguri



カテゴリ一覧