• muevo
  • muevo voice
THE NEATBEATS 大阪発・昔ながらのロックンロールを鳴らすマージービートの伝道師

THE NEATBEATS 大阪発・昔ながらのロックンロールを鳴らすマージービートの伝道師

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はTHE NEATBEATSの登場です。


「日本のリバプール」こと大阪発、昔ながらのロックンロールを奏でるバンド、THE NEATBEATS(ザ・ニートビーツ)。

その結成は1997年。ビートルズの「ビート」から取られたバンド名でも分かるように、伝統的な英国マージービートのスタイルを貫くシンプルなモノラルサウンドによって、国内外から高い評価を受けてきた。若手バンド時代には現ザ・クロマニヨンズの真島昌利から作品を「衝撃の一枚!」と評されたり、シーナ&ザ・ロケッツの鮎川誠からも「ホンッモノのロックンロール・バンドだ ! 」と言われたりと、日本のロックンロールを築き上げてきたミュージシャンたちからも絶賛されている。
その人気は海外でもすさまじく、年に一度は海外公演を行っているという。特にスペインでは人気が高く、音楽イベントをお祭りのような感覚で楽しむ現地のパワーから新鮮さを受け取っているそうだ。


結成からおよそ23年、現メンバー体制になってからも10年以上に渡ってライブシーン第一線で活躍し続けてきた彼ら。その活動において最も重視しているのが「自分がやりたいこと/やれることをやる」というスタンスだという。 

インターネット社会でSNSが発達し、音楽活動のスタイルも多様化している現在。便利な一方で「情報が多すぎる」「やらなければいけないことが多すぎる」というデメリットも内包している今において、あえて「ライブ」という自身のやりたいことに焦点を絞って活動し、そこに共感して楽しんでくれる人とともに進んでいくことでTHE NEATBEATSは長年活動を成功させてきた。
そのライブ本数は年間およそ100本。昔ながらの、ステージの上に立ち続けるカリスマ的な「アーティスト」性の強い活動スタイルも、彼らが支持を集めてきた大きなポイントだろう。


・THE NEATBEATS (Osaka) - PIM PAM VILLE (PAMPLONA-IRUÑA) 01-09-2018 

スペイン公演の模様をフルで収めたこの動画では、THE NEATBEATSのリアルな「ライブ感」を味わうことができる。
シンプルなビートとコードが生み出すパワフルな一体感と疾走感、1960年代マージ―ビート直球の空気感をもって鳴らされる軽快なサウンドが、THE NEATBEATSの個性・魂をまっすぐに感じさせてくれるライブ映像だ。


・【MV】BYE BYE VERY GOOD - THE NEATBEATS 

2018年にリリースされたおよそ5年ぶりのフルアルバム「OPERATION THE BEAT」。その収録曲「BYE BYE VERY GOOD」は、マージ―ビートの遺伝子を色濃く受け継ぎ、まるで当時にタイムスリップしたかのような臨場感を感じさせてくれるナンバーだ。
彼らの音源の特徴として「モノラルサウンド」への強いこだわりが挙げられる。自身で設立したビンテージ・レコーディングスタジオ「GRAND-FROG STUDIO」でテープ録音されたという徹底っぷりも注目ポイントだ。


・【MV】TWISTIN' TIME WITH YOU - THE NEATBEATS 

2013年リリースの「DANCE ROOM RACKET」からシングルカットされたリード曲「TWISTIN' TIME WITH YOU」も彼らの代表曲のひとつだ。力強いビート、情景豊かな歌詞、渋く貫かれるたたずまいまでが一体になって彼らの世界観を作り上げている。
陽気で明るいサウンドを鳴らすこの曲は、現ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトからもライナーノーツコメントを寄せられるなど、確かなロックンロールの意思を感じさせてくれる。



伝統的なマージ―ビートを軸に、日本のロックンロールを守り抜いてきたTHE NEATBEATS。やりたいことを貫きながら進んできた彼らのこれからの目標は「続けていくこと」だという。
「オリジナルメンバーがいなくなって、バンド名が変わっても200年後も続いている」くらいが面白いと語る彼ら。その中で「売れたらラッキー」と考えているそうで、独自のスタイルを貫いて活動を続けるこのスタンスだからこそ、THE NEATBEATSの音楽は確かな支持を集め続けてきたのだろう。
また、ビートルズを生み出したキャヴァーン・クラブのような場所を作りたいとも考えているという。これからも日本のロックンロールの中心的存在として、その軸から支えてくれるのは間違いない。
THE NEATBEATSのさらなる活躍に、要注目だ。


【公式HP】http://www.neatbeats.net/ 




【リリース情報】
THE NEATBEATS (ザ・ニートビーツ)
「LIVE AT "BIGCAT" COLISEUM ’18 (ライヴ・アット・ビッグキャット・コロシアム '18)」
形式 : DVD + CD セット
品番 : MSDVDCD-002
価格 : ¥4,600 (税抜)
発売日 : 2019/10/30
JAN CODE : 4560342141039


2018年2月に心斎橋BIGCATで行われた"ライヴ・アット・ビッグキャット・コロシアム '18"のDVDが発売決定!

ザ・ビートルズが行った'64年のアメリカ・ワシントン・コロシアム公演時のステージ・セット、
円形回転ドラム台を再現した360度パノラマ・ライブ!ゲストにザ・マックショウを迎えた特別セッションの模様も収録。
ザ・ニートビーツの公式映像作品としては2枚目となる永久保存版LIVE DVD + ノン・ストップ 1 トラック CD盤も付属!


(収録曲) 

1. FARMER JOHN
2. YAH! YAH! YAH!
3. SHAKIN' THE NIGHT
4. あしたが来なけりゃいい
5. YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY THE COVER
6. TWISTIN' TIME WITH YOU
7. SWEET CHERRY PIE
8. BYE BYE VERY GOOD
9. SHAKE! TWIST! GRAVY!
10. TWIST AND SHOUT
11. I WANT TO BE YOUR DRIVER
12. (DO THE) GLBAL TWIST
13. ハートをわたそう
14. TWISTIN' THE NIGHT AWAY
15. YOU'VE GOT WHAT I WANT
16. WEEKEND
17. HAMBURG TWIST
18. HIGHWAY SLIP
19. YOU ARE FOR ME
20. I'M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY
21. 噂の男
22. I CAN TELL
23. THAT IS ROCK AND ROLL
24. TWISTIN' DAY
25. 黒いジャンパー
26. BABY LET'S GET SHAKE
27. GOOD OLD ROCK'N'ROLL MEDLEY
28. GOODBYE-サヨウナラ
29. JOHNNY B.GOODE with THE MACKSHOW *
*は付属CD未収録

カテゴリ一覧