• muevo
  • muevo voice
水中スピカ 独自のバランス感覚で鳴らす、独創的で普遍的な音

水中スピカ 独自のバランス感覚で鳴らす、独創的で普遍的な音

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は水中スピカの登場です。


2018年、京都にて結成したロックバンド、水中スピカ。

元々はGt./Vo.『千愛』、Dr.『大橋』、Ba.『潤』で始動し、

それから半年後にGt./Vo.千愛の大学時代の同級生であるGt.『野口』が加入。

以降、4人体制で活動を展開している。


1st EP『浮遊』、2nd EP『Obscura』のリリース後、

2019年後半より学業・資格試験のために活動休止するも、2020年に活動再開。

そのサウンドにはマスロックを感じさせるような、ある意味では難解ともとれる雰囲気がある。

しかし歌われるメロディーは抜群にポップでキャッチー。

その独自のバランス感覚が、水中スピカの一つの武器であり魅力。


“水中スピカ”というバンド名には、

「水の中という暗闇や歪みをもたらす状況の下でも

、真珠星(スピカ)のような力強い光を放ち明るく輝かせ、

歪みを是正して透明感を与える存在でありたい」という思いが込められている。

このバンドが鳴らす音楽はまさに、その名前・思い通りの音楽だ。




・水中スピカ (Suichu Spica) - Triage (Official Music Video)



複雑に絡み合う2本のギターとベース。さらにただリズムを刻むだけではなく、

その複雑な音とさらに絡み合うように鳴らされるドラミング。

それはまるで水の中で煌びやかに反射する光を再現したよう。


そしてその構築されたサウンドの中を、ポップでキャッチーなメロディーが進むのだ。

美しくもポップで耳なじみのよいメロディーラインは、

水中を漂う視聴者を、さらに自由に泳ぎ回らせてくれる。


音楽とは元来聴くものであることは間違いないが、

この楽曲は目を閉じて聴けば、まるで体験しているように聞こえてくるはずだ。


ともすればアンバランスになりがちなマスロック的な要素を持つサウンドとポップなメロディーだが、

それらをうまく融合させるのに、Gt./Vo.千愛の歌声が一役買っていることも間違いないだろう。

柔らかく愛らしい質感の歌声で、その二つの音の距離をぐっと縮めている。



・「夜に駆ける/YOASOBI」弾き語りカバー



Gt./Vo.千愛による、『夜に駆ける』のカバー動画。

楽曲『夜に駆ける』といえば、疾走感と躍動感のある1曲だ。


そんな楽曲に対して彼女は全く違ったアプローチをする。

タッピングも交えながら複雑なギターフレーズを鳴らし、

透明感の高い歌声を響かせるように、じんわりとメロディーを奏でる。


1分に満たない短いカバー動画ながら、その圧倒的な美しさに心の棘が抜かれていく。

弾き語りとは思えないほどに音構成が複雑なのに、

そんな圧倒的な美しさを持って届くところに、独創性の高さが強く感じられるだろう。




「マスロックとポップ・ロックの懸け橋になりたい」という水中スピカ。

そのサウンドは紛れもなく、マスロックとポップ・ロックの懸け橋だ。

実際にそういう存在として認知されるようになる可能性も、決して少なくないだろう。


その先にはきっと、日本の音楽シーンのさらなる進化があるはずだ。

今後は、「自主企画のレコ発を夏ぐらいにやりたい」という。

さらに「MVもいろいろ撮る」予定とのことなので、期待して追いかけていきたい。



【Twitter】

https://twitter.com/suichu_spica


【HP】

https://www.friendofminerecords.com/artists/%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%AB/


【BASE】

https://suichu0spica.thebase.in/


【Instagram】

https://www.instagram.com/suichu_spica_official/

カテゴリ一覧