• muevo
  • muevo voice
今崎拓也 普遍的なストーリーソングを歌い上げ、「人と人との繋がり」を生む

今崎拓也 普遍的なストーリーソングを歌い上げ、「人と人との繋がり」を生む

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は今崎拓也の登場です。


ライブシーンからインターネット上まで幅広く活躍するシンガーソングライター、今崎拓也。


兵庫県伊丹市出身の今崎拓也は、地元関西で音楽活動をスタートし、その後上京。

ボーカルユニットでの活動を経てソロのシンガーソングライターとして新たに活動を開始し、

現在はソロ5周年を超えて活動6年目に突入しているという。


活動における最大のテーマは「人と人との繋がり」。

優しさと強さを兼ね備えた繊細な歌声でオリジナルからカバーまで多くの楽曲を歌い上げ、

ライブハウスや路上、ショッピングモールなど様々な場でパフォーマンスを行ってきた。


これまでに制作した6枚のオリジナルCDを手売りのみで5000人以上の人に届けるなど、

生粋のライブシンガーとして実績を重ねている。


一方で2018年からは動画配信アプリ「KARASTA」での活動も開始。

さらに自身のYouTubeチャンネルではカバー動画の投稿もコンスタントに行っており、

リアルの場だけでなくインターネット上でも知名度を広げている。


最近では楽曲提供の仕事もしたりと、ますます活動の幅を広げている今崎拓也。

今後のJ-POPシーンにおいて、ますます期待が高まる実力派シンガーだ。




・結(yui) / Takuya Imazaki / original song /



今崎拓也の代表曲のひとつ「結」は、彼の表現テーマでもある

「人との繋がり」を温かいストーリーで描いたバラードソング。

飾らない心情描写と優しい情景描写で、大切な人との「結」びつきが繊細に描かれている。


沖縄の名護市で「結」という字をテーマにしたイベントがあった際に

ホームページで取り上げてもらったりと、タイトルから意外な繋がりも生まれた曲だという。


ソロアーティストになって再スタートし、最初に作った曲でもあるそうで、

今崎拓也というシンガーソングライターを知る上でまず聴いてほしいナンバーだ。



・TAKUYA IMAZAKI / 君とスキップ / Official Music Video



ポジティブなメッセージと明るいサウンドが印象的なポップナンバー「君とスキップ」は、

コロナ禍でライブ活動が難しくなる中で、「何かできないか」と思って作り上げた楽曲だという。


コメント欄で視聴者から言葉を募り、聴き手の皆と共に作り上げた……というバックグラウンドにも注目だ。

「結」とはまた違ったかたちで彼の魅力を見せる一曲として聴いてみよう。



・TAKUYA IMAZAKI / ホーム / Official Photo Movie



コロナ禍で家族に会うことさえも難しくなる中で、

両親が病気をした時に感じたことを歌にしたという「ホーム」。


1番は父親に、2番は母親に、そして最後は両親に向けて想いを歌ったこの曲は、

「両親がいるうちに想いを伝えたい」という気持ちから書いたそうだ。


「今この時代に共に過ごすからこそ」作ったというこの曲。

誰もが共感できる感動のメッセージソングとして必聴だ。




今後は自分の曲でもっと人と人とを繋ぎ、また今までに

自分が楽曲提供したアーティストの応援もしていきたいという今崎拓也。

色々なタイプの曲を歌えるのが自身の強みだと考えているそうで、

その個性を活かしてもっと色々な表現に挑戦していきたいそうだ。


また、毎年10月に作品リリースをしているそうで、

今年もその時期に何か発表することを考えているという。

さらに、いずれ全国ツアーを行って、配信から繋がったリスナーとも直接会いたいという彼。


「KARASTA」での配信は現在もほぼ毎日、夜19時以降に行っているそうなので、

まずはそこから今崎拓也の活動に触れてみてほしい。



【Twitter】

https://twitter.com/takuyaimazaki


【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UC329bWT-rx-E0J9oCRiGKAg

カテゴリ一覧