• muevo
  • muevo voice
土佐拓也 類まれなボーカルと多彩で奥深いアンサンブルが描く唯一無二の世界観

土佐拓也 類まれなボーカルと多彩で奥深いアンサンブルが描く唯一無二の世界観

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は土佐拓也の登場です。


繊細かつエモーショナルなボーカルと洗練されたサウンド、

詞世界で、確固たる個性を見せるシンガーソングライター、土佐拓也。


ライブ・作品制作の両面で精力的に活動する土佐拓也は、

これまでにアルバム「human being」「或るノマドの訪れぬ眠り」

「cross border symphony」「sazukari」「しんあいの色」を発表。


また、全国各地でコンサート、ライブ、イベントを行ったりとライブアーティストとしても活躍しており、

舞台への楽曲提供やラジオパーソナリティーも務めるなど多方面で実績を残している。


世代を問わず心を揺さぶる歌詞の描写と、キャッチーかつ奥深いメロディ、それらに熱の凝縮がもたらすボーカル。

あらゆる要素が一体になった音楽世界を構築し、高評価を集める稀代のシンガーソングライターだ。




・土佐拓也 - sail away ~孤独に帆を立てて~【Official MV Short Ver.】



2019年3月リリースのシングル「sail away ~孤独に帆を立てて~」は、

ソングライターとしての苦悩や葛藤を描いたストーリーソング。


楽曲制作という、自己と向き合う孤高の作業。

それをとりまく環境や言葉、心の揺れ動き。

そこにある「孤独」をリズミカルなギターサウンドに乗せて

歌い上げていて、確かな感情を感じさせてくれる。


どこか懐かしくも洗練されて大人びたアンサンブルと、

ミュージシャンの普遍的な思いの融合に注目しながら聴いてほしい。



・土佐拓也 - cross border symphony【Official PV】



フランスに3か月滞在して楽曲制作、帰国後レコーディングを行った

挑戦的なアルバム「cross border symphony」。


異国の風が吹くサウンドからはリアルな風景が脳裏に浮かび、

それを土佐拓也の独特のボーカルが歌い上げることで

さらに鮮明な物語が形作られている。


緩急のついた曲展開やアルバム構成も見どころで、

大人の色気を感じさせるポップスアルバムとしても傑作だ。


PV映像の写真は、その多くが自身が現地で撮影したものだという。

音と写真の両方から、楽曲の裏にある風景とストーリーを感じよう。



・土佐拓也 Newアルバム『しんあいの色』【Official PV】



2020年4月リリースの、現時点での最新アルバム「しんあいの色」。


全11曲が収録されたこの作品は、さまざまな人間ドラマを通して「しんあい」を描き出す。

あえて「しんあい」をひらがなにすることで、そこに「親愛」「深愛」「真愛」など

聴き手によってさまざまな意味を見出せるようにしているそうだ。


聴いた人が、自分なりの「しんあい」を見つけ出して欲しい。そんな思いの込められた一作として注目だ。




長年音楽活動をしてきて、年々音楽の楽しさを更新し続けているという土佐拓也。


現在は、コロナ禍の影響もあって昨年はアルバム「しんあい」のリリースツアーができていないので、

いずれそのツアーを行いたいと考えているそうだ。


今後も多彩な音楽世界を見せてくれるであろう土佐拓也の活動から、ますます目が離せない。

その活動の最新情報は、公式HPや各種SNSから要チェックだ。



【公式HP】

https://tosataku.com


【Twitter】

https://twitter.com/tosatakuyatosa


【ツイキャス】

https://twitcasting.tv/tosatakuyatosa


【Facebook】

https://facebook.com/takuya.tosa.5


【Instagram】

https://instagram.com/tosatakuya



【リリース情報】

最新アルバム『しんあいの色』

¥ 2,500 税込
2020年4月18日 Release

Track List
01 Rain 4:am
02 愛しのグランドマザー
03 悔しさと安心の狭間で
04 待ち合わせには遅れてもいいよ
05 sail away -孤独に帆を立てて-
06 閉店休業雨男
07 一緒に住まないかぃ?
08 monopolize
09 Life is Party
10 いいね!
11 夜行バス

カテゴリ一覧