• muevo
  • muevo voice
SWANKY DANK ━━ エモさとポップパンクを軸に、新たな表現へ突き進んだ先の景色

SWANKY DANK ━━ エモさとポップパンクを軸に、新たな表現へ突き進んだ先の景色

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はSWANKY DANK(スワンキーダンク)の登場です。


結成メンバーであるGt&VoのYUICHIとVo&BaのKOJI、そしてDrのSHUNとGtのKO-TAの4人で構成されるバンド・SWANKY DANK(スワンキーダンク)。

2007年に結成された彼らは、2009年までにおよそ200本のライブを経験。その後は映画「MW(ムウ)」への挿入歌提供や、MY FIRST STORY・BLUE ENCOUNT・AIR SWELLとのスプリットアルバム「BONEDS」のリリース、2ndアルバム「Magna Carta」のインディーズチャート1位獲得など、着実に躍進して知名度を高めてきた。

2017年9月にはアルバム「Smokes」でメジャーデビューを果たすなど、その勢いはとどまるところを知らない。

また、2018年7月4日には彼らのアコースティックプロジェクトである「SWANKY OCEAN ACOUSTIX」名義でアルバム「Mar y Sol」がリリースされるなど、新しいかたちでの表現への挑戦も進んでいる。

SWANKY DANKの音楽の特徴は、エモやポップパンクを基調とした、重厚で疾走感あふれるサウンドと、そんな音の中でエモーショナルかつキャッチーに響き渡るメロディだ。 そんな彼らの楽曲を実際に聴きながら、その魅力を体感していこう。



●Amazing Dreams 



2018年3月にリリースされたシングル曲「Amazing Dreams」は、彼らの音楽性の特徴でもあるポップパンクやエモの要素が前面に押し出された、パワー溢れるロックナンバーとなっている。

夢をつかむまで、辛いことや不安があっても前へと突き進んでいく決意を歌ったこの曲は、聴いていると心臓をわしづかみにされたような感情の高ぶりを体感できる。 アニメ「ブラッククローバー」のエンディングテーマとしても話題になり、これからのSWANKY DANKの代表曲となっていくこと間違いなしの、突き抜けるようなキラーチューンだ。



●Why don’t you tell me(SWANKY OCEAN ACOUSTIX) 



SWANKY DANKのアコースティックプロジェクト「SWANKY OCEAN ACOUSTIX」からも、MVを紹介したい。「Why don’t you tell me」は、SWANKY OCEAN ACOUSTIX名義のアルバムのリードトラックとなっている一曲だ。 

パーカッションとアコースティックギターの軽快で開放的なアンサンブルが印象的な一曲で、風が吹き抜けていくような爽快感を全身で感じられる、オーガニックなロックナンバーとなっている。 

そんなサウンドや空気感のなかでも、彼らの音楽性のベースにあるエモやパンクのエッセンスと、根源的なメロディへの拘りが確かに感じられて、まぎれもなくこの4人が生み出す音楽だと実感させられる。 



●Mar y Sol(SWANKY OCEAN ACOUSTIX)


最後に、SWANKY OCEAN ACOUSTIXのアルバム「Mar y Sol」を紹介していく。

全8曲収録のこのアルバムは、全体を通して自然の情景を感じられるようなミニマルなサウンドが魅力の、極上のアコースティックアルバムとなっている。

波の音とアコースティックギターの旋律が幕開けを告げるイントロ「Before Sunrise」、明るく軽快なポップナンバー「Feel Like」に続いて、リード曲「Why don’t you tell me」を聴くころには、この作品の空気感のとりこになっていることだろう。

そこから、ポジティブで壮大なパワーを感じられる「Our song」、軽快さのなかにもエモーショナルで切ない感情がこめられた「Just the way you are」が続き、アルバムの後半に向かって気持ちが高揚していくのを感じられる。

全編を通して軽やかな風を感じつつも、そこにしっかりとしたストーリーを感じられる曲の展開となっているのが分かる。 さらに、ジャスティン・ビーバーの「Love Yourself」、エド・シーランの「Castle on the Hill」、ブライアン・アダムスの「Heaven」といった、新旧の洋楽ポップスをカバーした収録曲も注目ポイントだ。

世界的な名曲たちが、その雰囲気を保ちつつもしっかりとSWANKY OCEAN ACOUSTIXの色も加えられていて、聴きごたえのあるカバーとなっている。


邦楽離れしたセンスを感じられるエモ・パンクバンドとして着実に人気を高めながら、「Mar y Soul」で新しい表現にも積極的に挑戦しているSWANKY DANK/SWANKY OCEAN ACOUSTIX。

2018年7月13日にはアルバムのリリースイベント「Mar y Sol Release Party」も開かれ、ますますその注目度は大きくなっている。

7月からは人気テレビアニメ「ガンダムビルドダイバーズ」のオープニングテーマや、ローンチしたばかりのスマートフォンゲーム「シンエンレジスト」のテーマソングを担当するなど、これからますます大きな存在となっていくSWANKY DANKに、今から目が離せない。その活躍の動向は、彼らの公式HPやTwitterでしっかりとチェックしていこう。



【リリース情報】

Mar y Sol

2018.07.04 RELEASE / ¥2,160 (Tax in) / AVCD-93883

1. Before Sunrise 

2. Feel Like 

3. Why don't you tell me 

4. Our Song 

5. Just the way you are 

6. Heaven(cover) 

7. Castle On The Hill(cover) 

8. Love Yourself(cover)



【公式HP】http://www.swankydank.net/

【Twitter】 https://twitter.com/sdankofficial

カテゴリ一覧