• muevo
  • muevo voice
ニガミ17才 ━━ まるで底なし沼!変態度高めなドラッギーミュージックにヤミツキになる人

ニガミ17才 ━━ まるで底なし沼!変態度高めなドラッギーミュージックにヤミツキになる人

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はロックバンド、ニガミ17才の登場です。


元嘘つきバービーのフロントマン・岩下優介率いるロックバンド・ニガミ17才。彼らが送る日常と非日常の狭間を歌ったヤミツキソングが、話題を集めている。

同バンド解散後の2015年に結成し、岩下優介(Vo&Gt)、平沢あくび(Syn)、イザキタツル(Ba)、そして元ミドリの小銭喜剛(Dr)の4人で活動を開始。奇妙で奇怪なニガミ17才の歴史がはじまりを告げた。

2017年、自身初のリリースとなるミニアルバム『ニガミ17才a』を発表すると、予約・販売を自身のホームページのみで開始。アルバムリリースに合わせて全国ツアーも行われ、大盛況を収めた。今年6月にはセカンドアルバム『ニガミ17才b』がリリースされたばかり。本格始動から2年連続のリリースと、順調に活動を伸ばしていく彼らは、まさに今注目の的だ。

ニガミ17才が4人で繰り出すのは、何とも奇妙で変態チックなおしゃれミュージック。るんるんと跳ねるようなハッピー感、ちょっとしたムーディーな雰囲気、そしてぶっ飛んだ歌詞とボーカル。これらが奇怪なハーモニーを生み出し、知らず内に繰り返して聴いてしまうとヤミツキになる人続出中という。

そんな彼らの音楽とは一体?きっと説明するより、聴いて頂く方が話が早いだろう。さっそく、彼らの奇妙で奇怪なヤミツキソングをご紹介しようと思う。



●ニガミ17才 / おいしい水



ファーストミニアルバム『ニガミ17才a』から先行公開された「おいしい水」は、彼らの音楽がはじめて世に出た記念の一曲。ここから彼らの変態的思考が存分に発揮されていくのだった。

初っ端から繰り返されるフレーズに、頭はどんどん洗脳されていくような感覚に陥る。強烈なバンド・アンサンブルを従えて、早口で言葉を並べ続ける岩下の歌声に、脳はおろか身体中をいっぱいにされてゆき、気が付けば彼らの音楽にのめり込んでいるのだ。

まず、このインパクトあるバンドサウンド。個々の楽器の音やフレーズはすべて印象的で、動きのあるメロディを奏でる。普通なら喧嘩するものだが、なんと見事に交わっていくのだ。思わず踊ってしまいそうなほどの、気持ちの良いグルーヴ感の上を、ヘタウマな岩下のボーカルがくねりながら乗っかり、花を添えていく。しっちゃかめっちゃかで、やかましいのに、とびきり楽しい。じわじわと引き込まれていくドラッギーな音楽こそ、ニガミ17才の“才”なのだ。

ライブで聴けばテンションがブチ上がること間違いなし。自宅でひっそりと聴けばそこはたちまちディスコ状態。一人で踊り出したくなるような、ワクワクが詰まっている。どこにいてもハッピーな気持ちにさせてくれる魔法が、この曲には秘められている。

また、このMV主演はお笑い芸人のデッカチャン、監督は加藤マニが担当という異色のコラボレーション。この奇怪な組み合わせもまた、作品の醍醐味のひとつだ。



●ニガミ17才 / ただし、BGM 



セカンドアルバム『ニガミ17才b』のリードトラックがこちら。

独特なテンポ感で進む、不思議ちゃんワールド。ねっとりとしたボーカルは、耳と脳にこびりつくようなキモさと中毒性を兼ね備えている。これがたまらなく、快感になる。

魅惑に歪んでいくサイケデリズムの中で、明確なリズムを刻むからこそ、わかりやすく聴きやすい音楽に仕上がっている。こういったジャンルの類は複雑な音楽と思われがちだが、ストレートなアプローチを欠かさない良さがある。その良さを、ニガミ17才の音楽は忘れずにキープしている。サビのポップなメロディもノリやすく、一発で耳に馴染むほど。

また、平沢のシンセサイザーが絶妙なタイミングでアクセントを加えている。彼女がプラスする抜け感とエッセンスが、この曲の奇妙さを生み出し、中毒性を格上げしているといっても過言ではない。そしてバランスを保つのは、ムーディーなフレーズを刻むリズムセクション。そして、けして邪魔せず色を放つカッティングギター。シンプルな要素があるからこそ、ただ奇妙な音楽で終わることはなく、音の厚みや奥行のあるサウンド・スケープという音楽としての質を格段にアップさせているのだ。彼らの音楽が聴きやすい要因、何度も聴いてしまう理由は、ここにある。

そして最大の魅力は、どうしても拭えない変態感。キモさとエロスを兼ね備えたボーカルに、低音のうねり、ムーディーな空気感。この変態サウンドの集合体が、ニガミ17才の音楽そのものであり、唯一無二の魅惑なのだ。


ニガミ17才が送る、一度聴いたら離れない変態ミュージック。ドラッギーな彼らの音楽は、ゆくゆくは世界を浸食していくだろう。その日がとても待ち遠しく思う。

セカンドアルバム『ニガミ17才b』は絶賛発売中。7月から全国6カ所を巡るリリースツアーを開催中で、すでにチケットは全公演ソールドアウトしたとのこと。また、9月29日の大阪公演、ツアーラストの10月11日の東京公演はワンマン公演となっている。骨の髄まで支配されてしまうほどのニガミ17才の音楽を、ぜひ間近で体感してほしい。あなたが彼らの虜になる日は、もうすぐそこ。




【ツアー情報】

8月7日(火) 仙台enn 3rd

9月8日(土) 福岡UTERO

9月20日(木) 名古屋ell.SIZE

9月29日(土) 心斎橋pangea ※ワンマン

10月11日(木) 渋谷www ※ワンマン



【リリース情報】

2nd mini ALBUM「ニガミ17才b」

1.化けるレコード

2.もつれ

3.ラブレター

4.ただし、BGM

5.テクノロジーの鬼

6.町の変態

7.ねこ子


【HP】https://nigami17.com

【Twitter】https://twitter.com/nigami17

カテゴリ一覧