• muevo
  • muevo voice
有形ランペイジ ━━ 圧倒的な演奏と緻密なサウンド。その果てにある新たな情景

有形ランペイジ ━━ 圧倒的な演奏と緻密なサウンド。その果てにある新たな情景

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は有形ランペイジの登場です。


ボーカロイド音楽の黎明期から活躍して、多大な人気と影響力を集めてきたsasakure.UK。そんな彼が自らの音楽表現をさらに広げるために、実力派若手プレイヤーを集めて結成されたバンドが「有形ランペイジ」だ。

2011年に結成された有形ランペイジは、メンバーチェンジを挟み、現在はsasakure.UK自身と佐々木秀尚(Gt)、二家本亮介(Ba)、岸田勇気(Key)、今井義頼(Dr)にゲストボーカルを迎えるかたちで活動している。

Vocaloidを使用して楽曲を制作するいわゆる「ボカロP」として、DTMを基軸に、テクニカルで緻密に構成されたサウンドを見せてきたsasakure.UK。有形ランペイジでは、そのオリジナリティが「形の有る」音楽としてバンド編成で実現されてきた。

2012年にはアルバム「有形世界リコンストラクション」でメジャーデビューを果たし、そのサウンドと世界観で圧倒的なインパクトをもたらした有形ランペイジ。2017年からは再び本格的に始動し、2018年末には全曲オリジナル曲による最新アルバムも発売決定。その勢いは、さらに加速している。

そんな有形ランペイジの音楽性の特徴は、圧倒的にテクニカルで複雑でありながら、それと同時に純度の高いポップさ、キャッチーさも持ち合わせている点にある。sasakure.UKによるデモを各メンバーが自由にアレンジしていくかたちで作られるという楽曲は、各自が高い技量とセンスを持ち合わせているからこそ、遊び心と緊張感を両立させたスリリングなバランスを保っている。

sasakure.UKの個性を「バンド」というこれ以上なく生々しい形で具現化した世界観は、必見だ。



●ウィークエンダーの憂鬱



最新アルバムのリード曲となる「ウィークエンダーの憂鬱」は、有形ランペイジとして実に6年ぶりのMVとして公開された映像と併せて引き込まれる作品となっている。

その軸になっているのは、聴き手の度肝を抜くほどのテクニックを盛り込んだベースだ。目まぐるしい曲展開に沿って圧倒的なスラップを盛り込みながらも、そこにはサウンドの中心としての確かなグルーヴが感じられる。そこを起点に軽快に跳ねるドラムや多彩なきらめきを見せるギターとキーボードが絡み合い、テクニカルでありながら確かにポップな聴き味を生み出す。

「技巧的にわかりにくいジャンルをポップに、キャッチーに伝えたい」という想いが表れた「ウィークエンダーの憂鬱」。ファンタジックで近未来的でスペイシーで、有形ランペイジならではのストーリー性と彩りを感じられるキラーチューンだ。



● "Jack-the-Ripper◆" LIVE 02.28.2018



バンドとしての有形ランペイジのインパクトを一番ダイレクトに感じられるのが、なんといっても「ライブ」だろう。元々sasakure.UKがDTMで制作し既に公開していたインスト曲をバンドアレンジしたという「Jack-the-Ripper◆」の再結成ライブ映像では、彼らの凄まじい演奏の迫力を、疑似体験できる。

スリル満点に突き抜けるパートからエモーショナルに揺らぐ展開と、自在に緩急をつけて広がっていくこの曲。拍子もテンポも変わっていく中で描かれる情景は、圧倒的な説得力で聴き手を驚かせる。

生演奏の極限がうかがえる緻密なプレイングを難なくこなす彼らからは、技巧派バンドとしての強い存在感を感じられるのではないだろうか。



●有形ランペイジ - アルバム「有ル形」 [Preview]



Newアルバム「有ル形」のトレーラー動画。
6年ぶりのアルバムは全曲オリジナル楽曲で構成されており、まさに有形ランペイジの名刺ともなる技巧的かつポップでキャッチーな楽曲が詰まっている。
ゲストボーカルにはCana sotte bosse、majiko、伊礼亮、mami、また謎のボーカリスト「Perio」が参加。トレーラー動画を見るだけでも、その圧倒的な演奏技術とボーカリストたちの表現力、そしてsasakure.UKの新たな音楽への挑戦が感じられるだろう。


sasakure.UKという一人のコンポーザーを軸に、それぞれのメンバーの確固たる実力が組み合わさって、壮大な世界を作り上げる有形ランペイジ。

間もなくリリースされる最新アルバム「有ル形」は、ライブの定番曲から未発表の新曲まで、その収録曲全てをもって聴き手を圧倒するインパクトをもたらしてくれるだろう。majiko、伊礼亮、さらには謎のボーカリストPerioといった、多様なゲストボーカルにも注目だ。

それに合わせて、2019年1月にはリリースツアーとなる「有ル形 進スイ式」も開催される。有形ランペイジの最大の見どころである「ライブ」の衝撃に、是非ダイレクトに触れてみてほしい。



【公式HP】https://www.ukrampage.com/

【Twitter】https://twitter.com/ukrampage_info



【リリース情報】

有形ランペイジ ニューアルバム「有ル形」

コミックマーケット95 2日目

2018年12月30日(日)10:00~16:00(売り切れ次第終了)

東京国際展示場

東地区”シ”ブロック 08a

サークル名「ササクレイション」 にて頒布


【イベント情報】

レコ発ツアーライブ2019「有ル形 進スイ式」

トウキョウ

1月18日(金) 渋谷 club asia

OPEN 17:00 START 18:00

Guest Vocal:Cana sotte bosse、majiko

ADV ¥4,000 +1D¥600

DOOR ¥4,500 +1D¥600


キョウト

1月26日(土) 京都 VOXhall

OPEN 17:00 START 18:00

Guest Vocal:伊礼亮、mami

ADV ¥3,500 +1D¥600

DOOR ¥4,000 +1D¥600


オオサカ

1月27日(日) 大阪 CONPASS

OPEN 17:00 START 18:00

Guest Vocal:伊礼亮、mami

ADV ¥3,500 +1D¥600

DOOR ¥4,000 +1D¥600


チケットはこちら

https://t.co/WXXOp3eg4x





カテゴリ一覧