• muevo
  • muevo voice
NABOWA 結成15周年 多彩なサウンドで魅せるインストゥルメンタルミュージックの新境地

NABOWA 結成15周年 多彩なサウンドで魅せるインストゥルメンタルミュージックの新境地

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はの登場です。


京都発の4人組インストゥルメンタルバンド、NABOWA(ナボワ)。


Gt.景山奏、Ba.堀川達、Dr.Per.Key.川上優、Vn.山本啓で構成される彼らは、2004年の結成以降、15年に渡って日本のインスト音楽シーンで活動してきた。

これまでに5枚のアルバムをリリースし、ポストロックやポップス、ジャズ、フュージョン、レゲエなど幅広いエッセンスを取り込んだサウンドの数々で話題を集めてきた彼ら。国内外のフェスへの出演や台湾ツアー、香港でのワンマンライブなど、その評価は日本を超えてアジアで広く高まっている。

NABOWAの作曲方法は、リアルでの「セッション」を徹底的に重視したものとなっている。元ネタとなるフレーズや展開に肉付けをし、それを録音して精査、またセッションを行って録音し……という流れで形が固まり、それがさらにライブに向けてアレンジされることもあるそうだ。

だからこそ、彼らの楽曲は作品として洗練されながら、生々しいセンスも散りばめられているのだろう。本当の意味での曲の完成は、ライブで聴き手と共有したときなのかもしれない、とも彼らは語っている。

そんなNABOWAだが、2019年4月24日には、最新作となるアルバム「DUSK」をリリースする。

製作期間はおよそ1年。アルバムのために全て書き下ろされたという収録曲たちは、結成から15年を迎えた彼らの「今」を表している。今まで彼らの音楽を聴いてきたファンはもちろん、新しく彼らを知った人にも聴き込んでほしい一枚に仕上がっているそうだ。

これまで「Nabowa」として活動し、15周年の節目に気持ちを新たに「NABOWA」として一歩を踏み出した彼ら。最新作の収録曲を、実際に聴いていこう。

 

・DUSK



アルバムの表題曲となっている「DUSK」。テクニカルにリズムを刻むイントロが印象的なこの曲は、タイトなアンサンブルで進行する王道のポストロックナンバーだ。

楽曲のキーとなるフレーズを重ねるギター、小刻みに緩急をつけて展開されるドラムとベース、そこに荘厳で優美な表情を生み出すヴァイオリン。まるで穏やかな会話のような心地よい揺らぎがあり、それでいて息を止めて聴き入ってしまう緊張感もあふれた一曲に仕上がっている。

タイトルの意味は「夕暮れ」。その名の通り、そこには静謐でどこか寂しげな空気感が漂っている。温かく仄かな光に包まれた演奏シーンで構成されるMVにも注目だ。

 

・DAYBREAK



アルバムの最後を飾る「DAYBREAK」も、本作のキーとなるナンバーだ。

元々は表題曲「DUSK」と同じリフがきっかけになって生まれたというこの曲。シンセサイザーのとあるリフが始まりとなり、それをギターに置き換えることで発展したのが「DUSK」、そのリフをそのまま活かして生まれたのが「DAYBREAK」だそうだ。

タイトルの意味も「DUSK」と対称になる「夜明け」。アルバムのエンディングであり、これからのNABOWAを示す一曲といえる。

 

・SAYONARA INAGO



アルバム収録曲のひとつ「SAYONARA INAGO」は、優しいクリーンギターのアルペジオとパーカッシヴなドラム、多彩に隙間をついて歌うベース、そしてここぞというタイミングで鳴らされるハイトーンのヴァイオリンが印象的なミディアムナンバーだ。

穏やかでどこかエキゾチックな情景が浮かぶサウンドで、アルバムの中でもフックの効いた変化球として光っている。NABOWAの表現力の広さ、熟練のバンドとしての極上のアンサンブルを体感できる一曲だ。

 

結成15周年を超えて、新しいステップへと進むNABOWA。そんな彼らの歩みを象徴するアルバムとして、「DUSK」は必聴の名盤に仕上がっている。

さらに、5月10日からはリリースを記念したワンマンツアーも開催される。入場には大学生割引もあり、さらに高校生以下は無料となっているので、新しくNABOWAを知った若い層の音楽ファンもぜひ足を運んでみてほしい。

NABOWAのさらなる活動情報は、公式HPやSNSをチェックだ。

 

【公式HP】http://www.nabowa.com/

 

【リリース情報】




NABOWA「DUSK」


視聴リンク:https://ssm.lnk.to/DUSK


DDCB-12109 | 2,500 Yen + Tax | 2019.04.24 Release | Released by AWDR/LR2

1.DUSK   

2.NINETY EIGHT  

3.PARK ON MARS  

4.ALINEA   

5.UMA   

6.JOE   

7.TE   

8.SAYONARA INAGO  

9.MADANIS  

10.DAYBREAK

 





【イベント情報】





NABOWA NEW ALBUM “DUSK”RELEASE ONE MAN TOUR

05/10 | 名古屋JAMMIN’

05/11 | 東京代官山UNIT 

06/08 | 大阪梅田Shangri-La

06/29 | 福岡ROOMS 

07/06 | 京都磔磔

[チケット]

一般:adv 3,800yen / door 4,500yen

大学生:adv 2000yen / door2500yen

*別途ドリンク代が必要となります


高校生以下:入場無料

*中・高生は別途ドリンク代が必要となります


チケットは




その他プレイガイドにて販売。


【大学生チケットについて(18歳以上の大学生、短大生、専門学校生対象)】

★当日受付にて本人確認の出来る学生証のご提示が必要となります。

★万が一当日学生証のご提示を頂けない場合、通常料金との差額をお支払い頂きます。


【高校生以下のお客様について】

★当日受付にて本人確認の出来る身分証(学生証、保険証、パスポート等)のご提示が必要となります。

★万が一当日身分証のご提示を頂けない場合、正規料金をお支払い頂きます。

★定員に達し次第終了させて頂きます。

カテゴリ一覧