• muevo
  • muevo voice
キネマ106 確かなクオリティで世界観を広げる実力派クリエイターチーム

キネマ106 確かなクオリティで世界観を広げる実力派クリエイターチーム

同人音楽シーンで注目を集めるサークル、キネマ106(イチマルロク)。

主に人気ゲームのイメージソングを中心にオリジナル楽曲を動画サイト上に投稿し、話題になってきたクリエイターチームだ。

その中心にいるのは、元々はボカロPとして活動していたコンポーザーのTom。ゲームのイメージソングをニコニコ動画で公開したところマイリスト数が10,000を超える爆発的な人気を博し、徐々に知名度を拡大しながら歌い手や奏者、イラストレーター、動画クリエイターなどが参加するチームとして発展してきたという。

サークル名は、レコーディングエンジニアとしても活躍するTomが仕事上で知ったライブハウス「東京キネマ倶楽部」から着想を得て自身の名前(Tom=106)を組み合わせ、コミックマーケット(コミケ)への参加のために付けられたそうだ。そんなキネマ106は現在もコミケへの参加に合わせて製作活動を行い、さらにはライブ活動も展開。人気サークルとして同人音楽界で支持を集めてきた。

メジャー音楽シーンとはまた別の、日本ならではのポップカルチャーの中で大きな存在感を示してきたチームだ。



・【艦これ】銃爆【お洒落な重巡のオリジナル曲】<キネマ106> 

キネマ106のはじまりのきっかけになった楽曲であり、代表曲のひとつでもあるのが、この「銃爆」だ。
モチーフになったのは艦これの人気キャラの一人である実在の重巡洋艦「熊野」。その世界観は、壮絶な最期を遂げた軍艦としての熊野の歴史に沿っている。ストレートな恋愛ソングとしても楽しめる一方で、実際の歴史を知っているとより感動が深まるロックナンバーだ。
「愛に銃爆」と「I need you back」をかけたサビなどさまざまな仕掛けが施された歌詞が最大の見どころで、「キャラソン」というよりは軍艦そのものの歴史にスポットを当てながら、曲単体でもキャッチーに聴かせる手腕がキネマ106の魅力といえる。
ファンからの評価でも、仕掛けや小ネタが詰まった歌詞に注目が集まることが多いそうだ。

・【艦これ】ナイトメアーパーティー【夕立っぽいオリジナル曲】<キネマ106> 

キネマ106にとってひとつの転換点になったのが、「夕立」をイメージして作られた曲「ナイトメアパーティー」だ。
再生回数は2019年6月の時点で360万回を突破。キネマ106のこれまでの作品の中でも、ぶっちぎりでトップの注目を集めてきた。
楽曲製作はもちろん、イラストやアニメーション製作まで全てチーム内で完結させているのもキネマ106の特徴で、音楽のみならず、総合クリエイターチームとしても見どころが多いのが注目ポイントだ。

・【艦これ】明日へ【夕張のオリジナル曲】<キネマ106> 

キネマ106の現在の最新作となっているのが、平成最後の日に投稿された「明日へ」だ。
疾走感のあるサウンドやキャッチーなメロディはもちろん、動きの多い動画も大きな見どころとなっているこの作品。
テーマは「アニメのオープニング」だそうで、サウンドのスピード感と映像がマッチして、より勢いを感じさせてくれる。

・「Luna」キネマ106【FGO×月姫エイプリルフールネタ動画用書き下ろし曲 Short.Ver】 

こちらは人気ゲーム「Fate/Grand Order(FGO)」とのコラボをイメージした動画。エイプリルフールのネタ用に製作され、あまりのクオリティの高さに「本家か!?」と反響を集めたという。
実際に、本家オリジナル作品のようなアニメーションとゴシックな楽曲が合わさった様は、ネタ用のパロディとは思えないクオリティに仕上がっている。クリエイターチームとしてのキネマ106の実力の高さが感じられる映像だ。


ハイペースな楽曲公開とCD頒布によって、「キャラソン」というカルチャーの中で大きな支持を集めてきたキネマ106。結成5周年を迎えてこれまでの全楽曲を収録した5枚組ベストアルバムの発表を控えるなど、その活動は現在進行形で進んでいる。
さらに、10月6日にはワンマンライブも予定するなど今後のさらなる動きもあって、これからも同人音楽の世界で人気を博していくのは間違いない。
実力派クリエイターたちが作り上げる世界観に、ますます注目だ。


【公式HP】https://www.kinema106.com/


【Twitter】https://twitter.com/kinema106


【リリース情報】 

5th Anniversary Kinema106

BEST CD+Blue-ray

刻炎(初回限定盤)

CD4枚(61曲入)Blue-ray1枚(MV集)

スペシャルボックス仕様

通常盤3種が全部入ったボックスです

※CDの曲順は通常盤とは違うものになります

※Blue-rayの内容は同じです

※イラスト集は含まれません

会場頒布価格 ¥8,000-(通販価格 ¥11,880-)


刻炎 桜(通常盤A)

CD2枚組(31曲入)

会場頒布価格 ¥2,500-(通販価格 ¥3,780-)


刻炎 橡(通常盤B)

CD2枚組(31曲入)

会場頒布価格 ¥2,500-(通販価格 ¥3,780-)


刻炎 槿(イラスト集)

B5版フルカラー(ページ数未定)

会場頒布価格 ¥1,000-(通販価格 ¥1,543-)


艦あに 艦隊あにめいしょん 改(MV集)

Blue-ray1枚組

会場頒布価格 ¥2,500-(通販価格 ¥3,780-)


2019年8月9日 ON SALE

メロンブックスにて予約受付中

https://www.melonbooks.co.jp/circle/index.php?circle_id=11388

特設サイト

https://www.kinema106.com/kokuen


【イベント情報】


キネマ106 ONEMAN LIVE 丁 -hinoto-

2019年10月6日(日) 新宿MARZ

1部 OPEN 12:30 / START 13:00

前売¥3,300 (D代別) / 当日¥3,800 (D代別)

2部 OPEN 17:30 / START 18:00

前売¥3,300 (D代別) / 当日¥3,800 (D代別)

特典付き通し券

前売¥6,600 (D代別) / 当日¥7,600 (D代別)


チケット発売日7月15日 

https://eplus.jp/sf/detail/3023670001-P0030001


カテゴリ一覧