• muevo
  • muevo voice
ウラニーノ 唯一無二の感性で描き出すストーリーと世界観

ウラニーノ 唯一無二の感性で描き出すストーリーと世界観

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はウラニーノの登場です。

叙情的なストーリーと独特の空気感をまとったVo.Gt.山岸賢介の歌と詞世界、それを支えるDr.:小倉範彦のグルーヴ、そして2人が織りなす親しみやすいライブバンドとしての魅力で、邦楽ファンから確かな支持を集めてきたバンド、ウラニーノ。

2001年に活動を始めた彼らは、着実な活動でコアな音楽ファンを中心に話題に。2007年には佐久間正英氏をプロデュースに迎えたアルバム「友達の彼女」をリリースし、手売りチケットのみで1200人を動員して渋谷公会堂ワンマンライブを成功させるなど、インディーズバンドとしては異例の記録を打ち立てた。
2009年には待望のメジャーデビューを果たし、映画「遠くの空」や「ベイビー大丈夫かっBEATCHILD1987」などの主題歌を担当。2013年リリースのアルバム「音楽はあるか」は、佐久間正英氏の生前最後のプロデュース作品となった。
その後は再びインディーズへと活動の場を移し、2018年からは現在の2ピーススタイル「ウラニーノ naked.」としてライブ活動を開始。セルフマネジメントによる活動で、より独創的な表現や企画を打ち出して話題を呼んでいる。
2019年11月6日にはおよそ6年ぶりとなるアルバム「あるよ」を発表し、現在進行形で注目を集める存在だ。


・中年花火 

最新アルバム「あるよ」にも収録されている一曲「中年花火」は、どこかシュールでコミカルな始まりから、徐々に物語が広がって等身大の哀愁を歌い上げる、切ないナンバーだ。
けっして華やかでかっこいい存在ではないかもしれない「おっさん」と呼ばれる中年世代。だからこそ「花火」という懐かしい遊びの中で青春時代や子ども時代に想いを馳せて、思わず涙が流れる。「間もなく星になる方向音痴のあいつの道しるべ」という一節がストーリーを連想させて、聴き手の涙をも誘ってくる。
大人だからこそ感じられるノスタルジー、大人だからこそ現実のこととしてあり得る別れ。短くはない人生を歩んできた中年世代の、リアルな叙情を感じさせる名曲だ。


・えら呼吸

こちらも「あるよ」の収録曲「えら呼吸」は、現在のウラニーノのシンプルな編成によるアンサンブルが不思議な雰囲気を生み、奇妙な詞世界と合わさって独特の空気感が感じられる変化球の一曲だ。
どこかファンタジックな歌詞のストーリーが描く、「あたし」だけにある「えら」。その意味や主人公の心境、物語のバックグラウンドを考えさせられる一曲だ。


・日陰者

アルバム「あるよ」では、ボーナストラックを除く全11曲の最後を飾っているバラードソング「日陰者」。自衛隊員の想いを歌い上げるこの曲では、「自分の訓練は全て(実際に出動の機会がなくて)無駄に終わればいい」「自分の活躍は(被災者にとっては辛い記憶として)忘れ去られた方がいい」と、自分たちが日陰者であることで、世界が平和で穏やかであってほしいという願いが描かれる。
シンプルなサウンドと素朴なメロディ、そして飾らないまっすぐな歌詞。そこから、普段は「日陰者」として控え、その努力を活かす機会がないことを祈りながら日本のために厳しい訓練を日々続ける人々への敬意と労りが感じられる静かな名曲だ。



前作から6年を経て、自身も人生を重ねてきたであろうウラニーノの2人の人間味やメッセージが溢れる名盤として仕上がったアルバム「あるよ」。初のセルフプロデュース作として、新しい未来へと歩き出す彼らの決意と希望の一枚に仕上がった本作を、ぜひ手に取ってみてほしい。
アルバムのレコ発ツアーも2020年まで年をまたいで行われるので、ライブバンドとしても大きな魅力を持つ彼らのステージにも要注目だ。


【公式HP】https://uranino.com/



【公式オンラインショップ】https://uranino.theshop.jp/



【イベント情報】
ウラニーノ「あるよ」レコ発ツアー2019〜2020
2019.11.21 横浜BAYSIS
2019.12.20 高知ri:ver
2019.12.21 広島ライブ楽座
2019.12.22 松山スタジオOWL
2020.01.19 大塚Hearts Next(ファイナル)
https://uranino.com/live

【リリース情報】


あるよ
1、ヒューストン〜ぼくらは未来へ〜
2、あるよ
3、ロックンロールで殺して
4、中年花火
5、ハーメルン
6、えら呼吸(Album ver.)
7、世紀末の歌(令和爆裂ver.)
8、本当のこと
9、荒川クルーズ
10、山陽道はまっすぐに
11、日陰者
Bonus track
12、夢の中で (with 佐久間正英)


参加ミュージシャン

曽根巧、岡部晴彦、井手上誠、仲道リョウ(ircle)、鵜沼ハルカ、しあわせ、ファンファン(くるり)、櫻井慶喜、秦千香子、etc

https://uranino.theshop.jp/items/23377460

カテゴリ一覧