• muevo
  • muevo voice
高高-takataka- アコースティックギター×ツインボーカルが生み出す普遍の魅力

高高-takataka- アコースティックギター×ツインボーカルが生み出す普遍の魅力

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は高高-takataka-の登場です。
アコースティックギター×ツインボーカルのスタイルで、ハーモニーとメロディ、詞世界が一体になったストーリーを描き出すボーカルデュオ、高高-takataka-。
高瀬亮佑(Vo / AG)と高田歩(AG / Vo)から成る高高-takataka-は、メンバーそれぞれの音楽活動を経て2013年に結成。パーカッシブかつメロディアスなアコースティックギターの音色とそれぞれ違う声質の合わさったボーカルワークで、全く新しい世界観を築き上げてきた。
極限まで研ぎ澄まされたアンサンブルと確固たる個性が際立つ楽曲の数々はコアな音楽ファンから高く評価され、一方でそのキャッチーさから若い世代の支持も集めている。
2019年4月24日には待望の1st EP「It’s too late?」をリリースしてスマッシュヒットを記録し、矢井田瞳のアルバム制作やライブサポートにも参加するなどミュージシャンとして活動の幅を拡大。11月20日には2nd EP「WILL」のリリースも控え、ますます注目度を高めている。
一方で、年間100本を超えることもあるライブをこなす、生粋のライブアーティストとしても知られてきた彼ら。2019年の夏にはyaiko x takatakaとして「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」や「中津川THE SOLAR BUDOKAN 2019」といった大型フェスへの出演も果たし、より一層の成長を遂げた。
今後さらに話題を集めていくこと間違いなしの、新時代J-POPシーンの最重要ニューカマーだ。


・高高-takataka-「WILL」Official MV 

11月20日にリリースされる最新作「WILL」の表題曲「WILL」は、彼ら自身の決意や夢をエモーショナルに歌い上げるキラーチューンだ。
ギター一本でリズムとコード感を表現し、その上に乗るボーカルが真っすぐに感情を表現する。最小限のサウンドで聴かせる曲構成だからこそ、声に含まれる空気の掠れ、ギターの弦をスライドする音までもがアンサンブルの中に加わって「ライブ」感を感じさせてくれるのが見どころだ。
これからの高高-takataka-の代表曲になっていくこと間違いなしの、真に迫る一曲となっている。


・高高-takataka-「Ember」official MV 

1st EP「It’s too late?」に収録された「Ember」は、ツインボーカルスタイルの魅力をよりダイレクトに体感できるナンバーだ。
力強くハスキーに響く高瀬亮佑の歌声と、少年のような透明感を持ち合わせた高田歩の歌声。それぞれ全くことなる性質のボーカルを持っているからこそ、曲中でパートチェンジが起こるたびにはっとさせられるインパクトを生み、2つの声が一体になったときはエモーショナルさと清涼感を併せ持った独特の響きが描き出される。
高高-takataka-の2人がひとつの音楽を奏で歌うからこその個性が、前面に押し出された一曲だ。


・高高-takataka-「It's too late?」Official MV 

1st EPの表題曲「It's too late?」からは、アコースティックギター×ツインボーカルというスタイルの真髄が感じられる。
シンプルに情景を彩る2本のアコースティックギターのサウンドと、絶妙な心地よさで絡み合うボーカルワーク。ノスタルジックかつ壮大に広がるサビは、これまで「アコギ×歌」のスタイルで音楽を世に送り出してきたJ-POPシーンの名アーティストからのルーツを感じさせつつも、新時代のアーティストとしてのフレッシュな個性も見せてくれる。

アコースティックJ-POPの遺伝子を繋いで未来への希望を見せるような一曲として、必聴だ。



手に持ったアコースティックギターと、自身の歌声。この最小限の編成だからこそ、そこから生み出される音楽は誰もが共感と懐かしさを覚える普遍的な魅力を生んできた。
世代もジャンルの趣向も問わず、あらゆる層から支持を集めるアーティストとして前進してきた高高-takataka-が、これからどんな進化を遂げていくのか。
その躍進に、今から目が離せない。


【公式HP】https://takataka.jp/ 


【Twitter】https://twitter.com/takase_takada 


【リリース情報】 


2019年11月20日(水)
『WILL』(CD+DVD)
価格 : 2,000円(+税)
品番:ZLCP-0386
発売元:CSM 販売元:VAA
【CD】
1. "ESPERANZA"
2. WILL
3. Laugh - Love - Life
4. シリウス
5.軌跡の日々
【DVD】
1. It's too late? (Music Video)
2. Ember (Music Video)
3. ひとりの春(Music Video)
4. Yellow (Studio Acoustic Session)


【イベント情報】 

SO FES. 2019
開催日:2019年12月14日(土)
会場:EX THEATER ROPPONGI


▼詳しくはHPまで▼ 


※本編はyaiko x takatakaでの出演。 

開場前の15:30よりEX THEATER 2FのEX TEHATER CAFÉにて高高-takataka-のフリーライブを開催!!



赤羽ReNY alpha presents 年末ジャンボミュージックFES 2019
開催日:2019年12月26日 (木)
会場:赤羽ReNY alpha


出演者情報 

ALTANICA/DooDooDooMiuMiuMiu/FENNEC FENNEC/高高-takataka-/SHACALANDA/他


イベント概要 

日程 : 2019年12月26日(木)
時間 : 開場 17:30 / 開演 18:00(予定)
会場 : 赤羽ReNY alpha
料金 : 前売 ¥2,800/ 当日 ¥3,300(ドリンク代別)
出演 : 未定
☆出演者による転換DJあり!誰が出てくるかは当日のお楽しみ!
チケット[TICKET]Lコード:70279 / e+
e+
ローソン


問い合わせ:赤羽ReNY alpha 03-6903-9020 


カテゴリ一覧