• muevo
  • muevo voice
平松愛理 あの名曲から30年。アンサーソング「部屋とYシャツと私~あれから~」で描く「変わっていくものと変わらないもの」

平松愛理 あの名曲から30年。アンサーソング「部屋とYシャツと私~あれから~」で描く「変わっていくものと変わらないもの」

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は平松愛理の登場です。


「部屋とYシャツと私」というタイトルは、J-POPファンなら誰もが一度は聴いたことがあるだろう。

シンガーソングライターの平松愛理によって書かれ、アルバム「MY DEAR」からのシングルカットとして発表されたこの曲は、ともに生きていくと決めた相手に向けて想いを綴る切なくも温かい詞世界と軽快なメロディが一体となって多くの人を虜にした。

リリース当時を知る人にとっては思い出深い一曲として、その後に生まれた世代にとっては親世代から語り継がれるJ-POPの名曲として、長年に渡って親しまれている普及のヒットナンバーだ。


この曲を書き上げた平松愛理は、1989年のソロデビューから現在までミュージシャンとして現役で活動中。2019年には活動30周年の節目を迎え、自身最大の代表曲であるこの曲のアンサーソング「部屋とYシャツと私~あれから~」を発表した。

また、兵庫県神戸市出身ということもあり、阪神淡路大震災の復興支援活動を精力的に行ってきた彼女。毎年1月に神戸市内で復興支援ライブ「KOBE MEETING」を開催しており、震災から25年となる2020年にも松方ホールで同ライブを開催予定だ。
一方で、東日本大震災のチャリティー活動も行い、音楽のみならず幅広い場で活躍している。

今回は、そんな平松愛理を象徴する曲と言える「部屋とYシャツと私」と、そこから30年を経て新たに描かれた「部屋とYシャツと私~あれから~」のストーリーを読み解いていこう。



・部屋とYシャツと私



「部屋とYシャツと私」で描かれるのは、これからの結婚生活に思いを馳せる一人の女性の心情。伴侶となった相手に語りかけるような詞世界は、「女性版関白宣言」とも評されてきた。

そこで描かれるメッセージの数々は決して甘いものばかりではなく、喧嘩やすれ違いといった、これから待ち受けるであろう困難をも包み込んで生きていく決意を見せる。どこか現実的すぎるほど生々しく、そんな中にもシニカルなユーモアが込められていて、じわじわと相手への愛が溢れてくるような不思議なラブソングとなっている。
実体験ではなく、結婚生活への憧れをもとに書きあげられたというこの曲の歌詞。しかし、そこには空気感まで触れられるようなリアルな体温を持ったストーリーがあり、アーティストとしての彼女のセンスや、切り口の巧みさを感じさせてくれるのが大きな魅力だ。




・平松愛理 - 「部屋とYシャツと私~あれから~」Music Video




30年を経て、アンサーソングとして書かれた「部屋とYシャツと私~あれから~」。

そこには長い時間を連れ添った相手へのメッセージの数々が綴られて、30年前から変わったものと変わらないものがそれぞれ感じられる一曲に仕上がっている。
歌詞は原曲をベースとしながらも、「子どもの存在」をはじめとした大きな変化によるワードの違いのひとつひとつが、長い時間の中で築かれた人生を伝えてくる。夫婦として長年連れ添ったからこその距離感と、そこから生まれる遠慮のない言葉はどこかドライなようにも感じるが、その軸には、甘さもときめきも越えた愛があるのがうかがえる。
あまりにもリアルな手触りの歌詞は、一見すると辛口のラブソングにも思えた「部屋とYシャツと私」すらも、まだまだ「理想の結婚生活への憧れ」を含んでいたんだと気づかせてくれるから興味深い。

結局はどこまでいっても「別の心を持った違う人間」であり、それでいて「自分の人生になくてはならない存在」でもある「あなた」。その背中へと向けられるメッセージの数々は、かつて「部屋とYシャツと私」にときめいた世代なら共感せずにはいられないだろう。



歌詞の執筆におよそ半年をかけ、時間と時代の流れを含めながら「変えるところと変えないところ」を考え抜いたという「部屋とYシャツと私~あれから~」。元となった「部屋とYシャツと私」と歌詞を照らし合わせて聴き比べながら、紡がれるストーリーにじっくりと浸ってみてほしい。

「部屋とYシャツと私」のリリース当時を知らない世代の人は、これをきっかけに原曲と併せて聴いてみよう。

今後は先述の復興支援ライブのほか、ももいろクローバーZの年越しライブ「第3回 ももいろ歌合戦」などへの出演も控えている平松愛理。新しい層へも支持を広めながらこれからも歌い続ける彼女の活躍に、ますます注目だ。


【オフィシャルHP】 http://www.hiramatsueri.com/


【Facebook】 https://www.facebook.com/hiramatsueri.official/


【ブログ】 http://ameblo.jp/slow-room-hiramatsu/


【ツイッター】 https://twitter.com/hiramatsueri/


【Instagram】 https://www.instagram.com/hiramatsu_eri/


【イベント情報】

ももクロ年越しカウントダウンライブ 出演決定 
「第3回 ももいろ歌合戦」
2019年12月31日(火)
神奈川県・横浜アリーナ
開場 16:00 / 開演 17:00 (24:40終演予定)
コンサートやチケットの情報はこちら 

https://www.momoclo.net/pub/pc/information/?id=5313



平松愛理プロデュース 阪神・淡路大震災/東日本大震災復興支援ライブ
1.17 KOBE MEETING 2020 〜25年間、ありがとう〜
2020年1月17日(金)
兵庫県・神戸新聞 松方ホール

開場17:30 / 開演18:30

【出演】
平松愛理

サポートバンド[神戸ミーティングバンド]:Dr. 田中徹 / Bass. 山内和義 / Gtr. 上田和史 / Keys. 鈴木賢

【チケット】
全席指定
前売り ¥5,000(税込) / 当日 ¥5,500(税込) 
発売中
【プレイガイド】
・イープラス
・神戸新聞 松方ホール
【お問い合わせ】
1.17 KOBE PROJECT事務局(ひらまつ堂内)

[E-Mail]kobe@hiramatsu-do.jp



収益金は震災&交通遺児支援施設「神戸レインボーハウス」(東灘区)、「東北レインボーハウス」、そして宮城県亘理郡山元町で行われている復興支援活動「黄色いハンカチプロジェクト」の維持管理を行っている「やまもと語りべの会」へ寄付します。

カテゴリ一覧