• muevo
  • muevo voice
柚城ふゆ 歌って踊って撮って陶芸もする極彩色アイドル

柚城ふゆ 歌って踊って撮って陶芸もする極彩色アイドル

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は柚城ふゆの登場です



神奈川県出身のソロアイドル、柚城ふゆ。

アイドル戦国時代といえる昨今、特にソロアイドル市場には個性あふれる存在が多くなってきている。この柚城ふゆもそんな個性あふれる存在のうちの一人だ。彼女の特徴は、ただの歌って踊れるアイドルというだけではなく、写真も撮れるし、陶芸も出来るという点にある。
2020年1月28日に行われるワンマンライブ+生誕個展では、そんな彼女の特性を活かし、ワンマンライブに加えて写真作品や陶芸作品の販売も行われる。また同日に発売される1stシングル「dust/crystal」においては、ジャケットの加工、歌詞カード、ジャケット背面にディスクデザインまですべて自身で担当。余すところなく自身のタレント性を発揮しながら活動中だ。
2017年9月よりソロアイドル柚城ふゆとしての活動をスタート。アイドル活動歴自体は、2020年で4年目だ。1998年1月生まれで、2020年1月に22歳になるばかりの柚城。22歳の若さでありながらアイドル歴が4年目になるということは、早くから人前に立っていたということ。その経験に裏打ちされた堂々たるステージパフォーマンスも彼女の一つの魅力だといえるだろう。
ファンの名称は、名前の「ふゆ」から採って、「越冬隊」。隊員証は無料配布中とのことで、今のうちに入隊してみるのも良いだろう。




・柚城ふゆ – crystal




どことなく電波的な、アニソン感のある電子音が特徴的な1曲。電子音は激しく飛び交い、ベースの音色もブリブリ感が強いが、テンポ自体はミドルテンポで、そこまでイケイケな雰囲気があるわけではない。その絶妙なバランスは、アイドルとして歌って踊るだけではなく、写真や陶芸も積極的に行うという柚城ふゆの活動のバランス感と似たものを覚える。

この楽曲での彼女の歌声は、少し鼻にかかったようなセンチメンタルな歌声だ。ライブで聴けるような力強く抜けていくような歌声とはまた違った魅力があり、楽曲のメロディーとも実にマッチしている。そんな、幅広い表現ができるアイドルだということも分かる楽曲。



2020年1月28日に行われるワンマンライブ+生誕個展「写陶展〜精神一冬〜」 では、初めてのCDとなる1stシングルが発売されるというだけではなく、新曲の披露や新衣装の披露、そして新グッズの販売なども行われる予定だ。作品に囲まれながらのライブになるので、より柚城ふゆの世界観を堪能できるようになることも間違いない。

マルチな才能を発揮しているアイドルの、そのすべての才能を一気に堪能できる機会は貴重だ。もし柚城ふゆという一人のアイドルに興味を惹かれたのであれば、この貴重な機会を逃す手はないだろう。



【Twitter】

https://twitter.com/Y_Fuyu_0128?s=20


【ブログ】

https://ameblo.jp/y-fuyu-0128/


【Instagram】

https://www.instagram.com/yuzukifuyu_0128/


【ライブ情報】
2020/01/28(火) 
柚城ふゆ 2nd生誕個展 plusワンマンライブ
@日暮里プロモボックス
「写陶展〜精神一冬〜」 
OPEN 18:00/START 19:00
前売り 3000円
特典付き前売り 5000円
当日 3500円

各+1D


【リリース情報】

2020/01/28(火)

1st シングル「dust/crystal」



カテゴリ一覧